木曜稽古会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

木曜稽古

イメージ 1

合気道の道場で親子で汗を流してください。

合気道青葉塾道場(青葉区青葉台)の稽古は
木        18:30〜20:30
土    18:00〜20:00
日        14:00〜16:00

木曜稽古会は毎週木曜日 6時30分から8時30分
この日は太刀・杖が中心です。畳は敷きません。


青葉塾道場は合気道と杖道を並行して学びます。特に少年部は基礎体力の養成にはこの杖道の型の稽古はいいですね。


合気道の技は少年には少し高度ですから動きなかなかついていけません。無理があります。そこで杖道の技を合気道に取り入れると大人と少年の体型の差がカバーできます。武道の基本である間を感覚的に学び取って行きます。

杖道は下半身と上半身のバランスを培うには少年部の基礎訓練に最適です。

青葉塾道場ではこの二つの武道を同じ空間で少年部と一般部で一緒にやっていきます。杖道の型稽古には太刀を交代してやりますから、太刀と杖を同時に身につけて行きます。

この稽古法は年齢がある程度行っても無理なく続けられます。老若男女無理なく稽古ができます。

青葉塾道場の稽古はいい雰囲気です。

青葉塾道場指導部


TEL 045-902-1808
info@ningenkobo.com

写真は木曜稽古会

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

合気道の道場で親子で汗を流してください。

合気道青葉塾道場(青葉区青葉台)の稽古は
木        18:30〜20:30
土    18:00〜20:00
日        14:00〜16:00


木曜稽古会は毎週木曜日 6時30分から8時30分
この日は太刀・杖が中心です。畳は敷きません。


青葉塾道場は合気道と杖道を並行して学びます。特に少年部は基礎体力の養成にはこの杖道の型の稽古はいいですね。


合気道の技は少年には少し高度ですから動きなかなかついていけません。無理があります。そこで杖道の技を合気道に取り入れると大人と少年の体型の差がカバーできます。武道の基本である間を感覚的に学び取って行きます。

杖道は下半身と上半身のバランスを培うには少年部の基礎訓練に最適です。

青葉塾道場ではこの二つの武道を同じ空間で少年部と一般部で一緒にやっていきます。杖道の型稽古には太刀を交代してやりますから、太刀と杖を同時に身につけて行きます。

この稽古法は年齢がある程度行っても無理なく続けられます。老若男女無理なく稽古ができます。

青葉塾道場の稽古はいい雰囲気です。

青葉塾道場指導部


TEL 045-902-1808
info@ningenkobo.com

写真は 第10回青葉武道演武大会(2015.11.22)より


この記事に

開く コメント(0)

親子稽古 特典

     
イメージ 1
 親子で入会特典

合気道の道場で親子で汗を流してください。

合気道青葉塾道場(青葉区青葉台)の稽古は木、土、日です。会員は3日間参加できます。
少年部と一般部は同じ時間一緒に稽古をします。そこで一緒に合気道と杖道も学ぶことができます。
親子で一緒に稽古しています。少年部は四歳から中学生まで。、一般部は高校生以上。激しい稽古はありません。
ある程度年齢がいっても大丈夫。身体が堅い人でも知らず知らずのうちに柔らかくなっていきます。試合がない武道ですから繰り返し
型をやりながら心身を鍛えていきます。
あまり人数が多いと稽古をするところが狭くなってしまいますので入会は制限されます。入会を待ってもらうことになります。

今年度(平成27年)4月入会者、親子で入会されますと、入会金が免除となる特典があります。今回、3月20日までに道場を見学体験され、入会の手続きをしてください。

先着5組限定です。前もってお電話(TEL 045-902-1808 )かメール(info@ningenkobo.com)を下さい。

5月には全日本合気道演武大会があり日本武道館に行って道場演武を行います。頑張れば出場できます。


合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou

この記事に

開く コメント(0)

木曜稽古会 稽古納め

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
12月16日(木)、午前中鎌倉に行って抜刀術。夜ば大刀・杖の木曜稽古。年末だからやむおえない。それでもそんなに疲労はない。6時前に行って稽古の準備をして、身体を動かす。ひとり稽古。それには居合がいちばんいい。自分で課した型をやる。戸山流八本の基本型。英信流の立業。それに黒田鉄山の民弥流居合の型。真剣を使う。これがいいのかも知れない。ところが戸山流抜刀道の卷き藁斬り、右腕の力がうまく使えないので、水平がうまく斬れない。武術は余分な力を抜けというが、力をまったく使わないということではない。そこのところの工夫が修業の課題だろう。今月からこの木曜稽古 には藤沢から合気道経験者の68歳の方が来ている。杖をやりたかった。身体をこわしたのでリハビリもかねてゆっくりやりたいということ。わざわざ藤沢からお見えになる。それには太刀・杖の型を学ぶのはいい。今日は6人だったので、それぞれ、型の稽古をくりかえした。寒さを感じない。来週の23日は祝日で、木曜稽古は休み。25日が、稽古納めだから、最後の稽古になった。
 
青葉塾道場
 
青仁斎のひとりごと
 
 

この記事に

開く コメント(0)

木曜稽古  8月6日

イメージ 1

イメージ 2

夏休み8月 木曜稽古

8月6日の木曜稽古。暑い日だった。夏の真っ盛り。道場はむ
んむんしている。来週はお盆の時期で、木、土、と休みにし
た。6時、ロシアのミルチンが一番乗り。6時にどこからか現
れる。手裏剣をやっていたら後ろから声がした。屈託がなく
明るいロシアの22歳である。日本語の勉強に来ている。ロシ
アは今武道ブームである。合気道も盛んになった。プーチン
首相は柔道。ミルチンは合気道で名をあげろ、といつも声を
かける。分かっているのかどうなのか、にっこりするだけ。
日本語を習っているのだが、難しいという。英語を覚えるの
は楽だったようで、ほかの合気道仲間の外国人たちとは英語
で話している。二村親子3人がやってきた。新人の奥戸くんも
熱心だ。安藤、栗山、浦辻、本多さんで、合計9名。ほかの少年部
も木曜日でも夏休みなのだから顔をだしたらどうだ。いつもの
ように、太刀・杖の単独動作。なかなか覚え切れないのがいる。
その気がなければ、やっても無駄。一見、合気道には関係ない
ようだが、こういいった基本になる武器の操作法は身につけて
おくべきである。武器操作法は体術の必携である。

青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou

この記事に

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事