旅の原点をいつまでも

すべて表示

2006年を迎えました・アイルランドでの生活も1ヶ月を切りました。

明けましておめでとうございます。

2006年始まりましたね。去年は初の海外生活スタートという事で、
色々ありましたが個人的には充実した年を過ごせたのではないかと思います。

それにしても色んな国に行く機会がありました。アイルランドに入る前は
オランダに降り。仕事での初海外はいきなりイギリス競馬のビッグミーティング(大競馬開催)、
ロイヤルアスコットに行けることになり、ヨーク競馬場に行って来ました。
イメージ 1
エリザベス女王の馬車によるパレードや、表彰式でのプレゼンター。
本当に華やかで夢の中に居るかのようでした。
観れただけでも感動なのに、そこに自分の担当馬を連れて行き
競馬に参加できただけでもこれ以上の体験は無いなと思いました。

自分の馬の鞍上はあの大ジョッキー、マイケル・キネーン!
馬を曳きながらチラチラ振り返り
ミックの顔を見ていたのを今でも憶えています。

結果は残念でしたが、その日出ていた馬が超豪華!
ドバウィ、シャマーダル(当日にドバウィ回避)
オラトリオ・ラクティ・ヴァリクサー・スタークラフト・
アマデウスウルフ(後の英2歳G1勝馬)・ケープオブグットホープなどなど。

後半の1つのレースのみ時間が空いたので内馬場の一番前まで行って
観てきました。どのレースを勝っても勝者はとても賞賛されとてもいい雰囲気でした。

ロイヤルアスコットの話が長くなってしまいましたが、
次にグッドウッド競馬場に行きました(個人的には1番好き!)
年に1開催だけあるグローリアスグッドウッドは全てがファンタスティック☆
この開催の時だけは階級差がはっきり出ていて、超上流階級の人はゴール前後エリアに入場可能。
他の上流階級の人は真ん中のエリア、一般の人はコーナー近くのエリア。
直線が長いのでスペースはゆったり。
イメージ 2
自分の馬の出走レースはこの日のメインレース、リッチモンドステークス(G2)
レースを観戦したのはゴール前過ぎ、自分の馬は前走で重賞を
勝っていたのでこの日は人気に!ほぼ同率で2頭1番人気。
勝てばかなりの賞賛を浴び、イギリスのテレビでも生中継(アイルランドでも放送)
され凄く注目されますが、前日までの大雨で伸び脚を欠き2着と僅差の4着敗戦…。
負けましたがここでも信じられないような経験が出来ました。感動☆
イメージ 3
その後、英セントレジャー(G1)の前日にドンカスター競馬場に行きました。
シャンペンステークス(G2)なかなかのメンバーが揃ったので
人気はそこそこ(てっきり1番人気と思ってた)
またまた前日の大雨で馬場はかなり悪く、伸びきれず敗れました。

やっぱりイギリスで勝つのは難しいなと痛感しました。

イメージ 4
そしてきました!イギリスでの初勝利の時が!
これが最後のイギリス遠征でもう一頭の担当馬の未勝利戦。
ニューベリー競馬場はスタンドがかなりカッコ良く、
昨年のキングジョージの舞台にもなりました。

イメージ 5

なんと未勝利戦(こっちでは新馬戦も同じ)なのにパドックでは
写真パシャパシャ撮られ、表彰式の舞台も!レースにスポンサーも付いていて
表彰式に出てグルーム賞をもらいました(嬉)。

最後にアメリカのブリーダーズカップターフにパワーズコート(前売り2番人気)で行くと
いう夢もありましたが、体調が一向に上がらず涙ながらの出走辞退。
代わりに行ったエースが2着と大健闘をみせましたが。

しかしブリーダーズカップの次の日にフランスのG1に
未勝利戦を勝ったばかりの担当馬が出走決定。
シーズンの最後の最後でフランス遠征が待ってました。

イメージ 6

2番人気に押されましたが疲れも見え4着…。
ただ来年につながるいい競馬を見せてくれました。
来年に期待☆

そしてフラットシーズンは終了しました。
来シーズンはここにいる予定は無いのでとりあえずは海外競馬挑戦は終わりました。
いつの日か日本の馬で来ることが出来れば、そんな素晴らしい事は無いですね。
イメージ 7
色々な物を見れたとてもいい年でした。

その他の最新記事

すべて表示

海外での初年越しを体験!!! 大晦日にアイルランドのケアーにあるホテルでディナー&ダンスパーティーに行って来ました! なんと男性はみんなタキシード!女性はドレスじゃないと入れない 敷居の高いこの会場に唯一の日本人参加者☆ ...すべて表示すべて表示

パワーズコートとのお別れ…。

2005/12/2(金) 午前 5:09

今シーズンはパワーズコートと共に走り、パワーズコートと共に終わりました…。 今年初戦のドバイシーマクラシックから帰って来てからは 毎日調教に乗ってましたが、本当に残念な形でのお別れとなりました…。 アメリカのアーリン ...すべて表示すべて表示

人生初のフランスは感動的でしたが、パリの街の落書きの多さを見ると いかにも治安が悪いのが見た目だけでわかってしまいました。 そんな事より、パリ郊外のサンクルー競馬場に行ってきましたよ。 過去にエルコンドルパサーがG1を勝っ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事