全体表示

[ リスト ]

脳の代謝排泄経路

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4636982/

体重のわずか約2%ほどしかないにもかかわらずエネルギーの1/4も消費し代謝の激しい脳であるが、その老廃物排泄経路は最近まで未知であった。
2013年にロチェスター大学から提唱されたGlymphatcicシステムとは、動脈の血管周囲腔(Virchow-Robin space)やアストロサイトの足突起のアクアポリン4チャネル通じて脳脊髄液が流れるとするものである。
このGlymphaticシステムは例えばアルツハイマー病に関連するアミロイドβの除去などにも役割を果たしている。
このGlymphaticシステムの働きは睡眠時に、脳の間質腔が60%以上広くなったりアドレナリン濃度が低下することにより促進される。

従って多く睡眠を取ることが重要で、その他動脈硬化の予防や深呼吸などもこのシステムを促進させ推奨される。オステオパシーが行う脳のマニピュレーションは頭表から脳実質に主義的にアプローチする方法であるが、このGlymphaticシステム機能を改善させる効果があると考えられる。今後アルツハイマー病の治療や予防に効果があるかの実証ができれば多くの人々の助けとなるであろう。

 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事