ここから本文です
福岡の東濃く腹(ひがしこくばら)
東区を、どげんかせんとイカンばぃ!

書庫全体表示

福津市では『鯛茶漬け』に続けとばかりに、



この冬も『津屋崎千軒かき巡り』を開催中!


















イメージ 1



主催:福津市観光産業活性化協議会

協力:宗像漁業協同組合津屋崎支所

問い合わせ:(一社)ふくつ観光協会



今月より来年1月中旬まで開催されており、



和洋11の飲食店がそれぞれに趣向凝らし、



牡蠣入りの限定メニューを提供されている♪


















イメージ 2




開店時刻に訪れたがすでに先客が1組居て、



とりあえず奥の日当たりの良い席に陣取り、



お目当ての牡蠣を使った一杯をお願いした。


















イメージ 3




津屋崎千軒かきと昆布水のつけ麺 1,200円



価格は観光地としての設定がなされており、



そこは理解した上で評価基準にはしないが、



敢えて言うなら焼豚はなくても大丈夫かな?

















イメージ 4




つけ汁は鶏ガラ清湯ベースだと思われるが、



極細に刻んだ柚子皮が上手に香ってくれて、



牡蠣の旨味が滲んだ出汁とも相性バツグン!



粒がそこそこ大きくて満足できるレベルで、



見た目と食べ応えの両方を満たしてくれる♪


















イメージ 5




麺は『製麺屋慶史』謹製の太い平打ち麺で、



昆布水に浸されそのまま頂けるクオリティ!



それを牡蠣のつけ汁に浸してズズッと啜る…



柚子の香りが瞬時に広がり舌に余韻を残す。



平打ち麺の食感やつけ汁との絡み具合など、



昆布水に浸した理由も含めて納得できる味!


















イメージ 6




間違いなく旨いしバランスも取れているが、



男性には少し量的に物足りなく感じるかも。



麺の容器に残った昆布水をつけ汁に入れて、



スープ割りが楽しめるの嬉しいおまけ付き♪

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事