ここから本文です
わんdeにゃんde旅社
ケ・セラ・セラ!なるようになる〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全247ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ハチ君あらため「もずく君」

イメージ 1


あらっ、首輪もらったんだ〜
似合うよ


イメージ 2


わんぱく坊主の、もずく君。

お幸せに

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 3



先輩猫のジョーヌ君と暮らしている、ももちゃん


イメージ 1


すっかり仲良しになりましたね


イメージ 2


似てない親子ってかんじ

この記事に

開くトラックバック(0)

動けてます

昨日、悲惨な様子だったナオですが、
病院で診察、点滴を受け、家で鎮痛消炎剤を飲ませたら、
なんとか動けるようになりました。

レントゲン撮っても、骨や臓器には特に問題は見られず


イメージ 1


ギクシャクしながらも自力で階段を下り、外を眺める余裕も
まぁ、暴れ犬が庭に出ている間だけですが。

ナオがこうなった理由はハッキリとはわかりません。
加齢と、私の食事管理ができていなかったことかなぁ、と…
手のかからない子は、後回しにしてしまいがちで、
ナオはほぼ放ったらかしだった…

ほんと、ごめん、ナオ

5日間、薬飲んで、それでも改善されなければ、
いろんな病気を疑って、再度診察を受けます。

この記事に

開くトラックバック(0)

ナオの様子がおかしい

毎日、保護猫の事やTNRの事で頭がいっぱい。
うちの犬猫の事は後回しになりがち。

サスケの耳の下には巨大な毛玉ができ、
猫たちも毛がボサボサ
いつも、「みんなゴメンね」と謝っている。

そんな中、ふと気付くと、ナオの様子がおかしくなっていた。
歩き方がおかしい。
ビッコひいてる。
最近、やけに痩せてきたなぁ、と思っていたところだった。
そういえば、最近2階から下りてこない。

イメージ 1


以前は、「オレがオレが!」とやたら自己主張が強かったのに、
なぜかまったく静かになってしまった。


イメージ 2


本当に変なので、病院に行って血液検査。
さほどおかしな所はないが、多少脱水気味。
歩き方がギクシャクして変なので、痛み止めを打ってもらった。

すると、体が楽になったらしく、2階から下りてきて、ゴハンを催促するようになった。
ホッ、元に戻ったかな

と安心したのも束の間、数日でまた様子がおかしくなってきた。
やはり体が痛いらしい。
寝てばかりいる。


イメージ 3


元気ない、目がうつろ…
横になりながら少しだけ食べたものも吐いてしまった。
まったく声も出さない。

ナオちゃん、どうしたの!?
本当に心配…

明日、朝一番に病院に行きます。
とにかく、原因がらわからないと困る

ナオちゃん頑張れ

この記事に

開くトラックバック(0)

ひとりぼっち

5兄弟の中で、最初に里親さんが見つかると思われていたラビット君

おっとり、まったり、穏やかな子で、
人慣れもしていて、
すぐにお家が見つかると思っていたのですが、なぜかひとり取り残されてしまいました…


イメージ 1


ポツンと…

なので、保護部屋開放してみました。


イメージ 2


すると、すぐに、ひかり姉さんの前でゴロン

ボク子供なのー
ヨワッチイのー
甘えたいのー

処世術が身についているラビット君


イメージ 3


すぐに、ひかり姉さんの子分になりました。


イメージ 4


ほたるも、なんなくOK


イメージ 5


でも、階段は降りてくる勇気がありません。


イメージ 6


ひかりが、誘っても。


イメージ 7


そりゃそうだ、暴れ犬がいるもんね。


イメージ 8


タワーも大好き
くつろいでました。


さぁ〜、ラストスパート
ラビット君の里親さんを見つけるぞー

この記事に

開くトラックバック(0)

全247ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事