ここから本文です
わんdeにゃんde旅社
ケ・セラ・セラ!なるようになる〜♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

いろんな報告

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

数日ブログ更新しないあいだに、いろんなことがありました。

いろんなこと、といっても、やっぱり犬猫の話題なのですが(笑)



まずコッコちゃん、体調回復しました。

ゴハンも以前のように食べられるようになりました。
といっても、一日24時間のうち23時間ぐらい寝ている子なので、食事もたぶん10数グラムぐらいしか食べないのですが。
目も鼻もきれいになり、本猫もラクになったのでは。


メルは、今日ブラッシングしたらまたフケがたくさんでてきて、即シャンプーしました。
数日様子を見て、まだなおっていないようなら再度病院行きです。

ゴールデンは本当に皮膚に悩まされるなぁ〜…




そしてうさぎちゃん。

本当に可愛い子で、ガブガブかみついたり肩や頭に乗ったり、眠るときはいつも人にくっついていて夜はフトン猫になるし、里親さんがなかなか決まらなかったら、うちに子になってもいいなぁ。

なんて思っていたら、今日とってもよさげな方から里親希望の電話をいただきました。

「いちどお見合いに」

と提案したところ、家族の方とも都合をつけたいので後日連絡をいただけるということでした。

第一印象はとても良くて、うるさい私も「ピン!」と来たのでした。

うさぎちゃん、ついに?

嬉しいような寂しいような…

うさぎちゃんが一番幸せになる場所にお嫁に行ければいいな。



画像は今日のうさぎちゃん。

まぁるくてアンモナイトみたいでしょ?

そのあと、じじ猫ボクちゃんとお昼寝していました。

ボクちゃんの顔をモミモミしたりして〜 あはは!





そしてそして…


今朝、うちの敷地内で子猫の声が聞こえました。

なにっ!??

外に出てみても姿は見えず。

しばらくすると、うちの庭のブロック塀のあちら側から声が聞こえました。

塀のあちら側は兄の家。

行ってみると、ブロック塀と倉庫の間に逃げ込む子猫の後ろ姿。

一瞬だったのではっきりしませんが、生後3ヵ月ぐらいのキジトラの子猫。

子猫が逃げ込んだこの場所、実は昔から子猫がハマリやすい子猫スポットなのです。

私はここで何度か子猫を保護したことがあります。

ツタが絡まって、入るのも抜け出すのも大変な場所。

でもなぜか子猫はここに入り込むのです。

声を聞くだけならまだしも、姿を見てしまったらもうダメ。

ナオのときに活躍した猫の保護器を置いてみると、夕方には保護成功〜!

はじめにしかけたエサは食い逃げされましたが、すぐに仕掛けた2度目で見事成功しました。

この保護器、大活躍だなぁ。

そしてすぐに病院へ。

生後3ヵ月ぐらいのキジトラの子猫。

かなりフーシャー言っているので、保護器から出して診察してもらえませんでした。

「もう少しトーニャさんに慣れてから診察します」とのことで。

ノミダニ回虫駆除にレボリューションをひとつだけもらい、家に帰ってきました。

性別もわかりませんが、顔つき体つきからすると、たぶん男の子です。

レボリューションは明日、浴室を閉め切ってトライしてみます。

今はまだ保護器の中にいるので、レボリューションができたらケージに移動してもらい、室内の環境に慣れてもらいます。

とりあえずたくさんゴハンを食べて、お水もたらふく飲み、立派なウンチもして元気いっぱいです。



それにしても、猫の神様はどうしてこんなに猫を送り込んでくるの〜〜〜?

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事