マメルリハ☆女王様日記

マメルリハの女王様「ぴーたん様」に、デレデレ〜な「しもべ」が代筆しております。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨年あたりから準備を進めておりましたが、自分で描いたイラスト等による鳥モチーフ雑貨の販売を行う事になりました。

ネット通販は当面先の予定ですが、イベント催事等に委託販売と言う形で参加する予定です。

このブログとは住み分けをしたいと思い、フェイスブックのページを開設致しましたので、ご興味のある方はご覧下さい。


イベント催事等の予定もこちらでお知らせします。

商品について気になる事等ございましたら『メールを送信』から色々と質問を下さって構いません。
コメントもお気軽にどうぞ。
…その場合、ひとつお願いなのですが、「しもべ」と呼ばれるとちょっと調子が狂うかもしれませんので、「店長」とか「とりのえ商店さん」とかで呼んで頂けると嬉しいです(笑)。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ぴーたん様「皆様ご機嫌如何かしら?ワタクシの入院中に応援して下さった皆様、ありがとうね。」







イメージ 2

ぴーたん様「ワタクシは今まで健康でグルメな食生活を送ってきたんだけど……。」







イメージ 3

ぴーたん様「ペレットと言うものになったの……。それにオーチャードグラスだけお医者様からお許しが出たわ。」







イメージ 4

ぴーたん様「ペレットは金魚さんのゴハンみたいで、初めの頃はオーチャードグラスだけ食べていたの。でも、お腹がすいてたからついペレットを口にしたら…美味しかったわ。」







イメージ 5

ぴーたん様「最近はココナッツボウルに入るのがお気に入りなの!入っていると落ち着くのよ。」







イメージ 6

ぴーたん様「中におはじきを入れてもらったのよ。おはじきで遊んでいるとボウルがユラユラして楽しくなるの。」







イメージ 7

ぴーたん様「……どなた?一寸法師って聞こえてきたけど。ワタクシの事を言っているのかしら?」









この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

ぴーたん様の退院。

本日夕方、ぴーたん様は無事に退院致しました。


本日は気温が下がるとの事でしたので、キャリーではなくレプタイルボックスで移動しました。

イメージ 1







一週間ぶりの(雑然とした)室内をしみじみとパトロールするぴーたん様。

イメージ 2


イメージ 3







大興奮でちょっと鼻の穴が全開のぴーたん様。

イメージ 4











ぴーたん様、お帰りなさい。









この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

お医者様には今日はお電話はしませんでした。

一週間ほど備忘録のような文字ばかりの記事が続いてしまったのと、昨日は皆さんの考えを聞けて嬉しかったので、お礼?を兼ねて、ぴーたん様の6ヶ月時写真を公開致します。

…とはいっても、一度掲載した事があるので、見た事ある方もいらっしゃるかも知れません。


イメージ 1



母の看病でしもべが山形にいた時に、小鳥屋さんから拉致された直後のぴーたん様です。
キョトンとしています。
初日は一言も発しなかったんですよ!

ここの小鳥屋さんは、かわいらしいおばさんとちょっと無愛想なおじさんが経営していました。

小鳥屋さんにいた頃のぴーたん様は、かわいらしいおばさんから『まめちゃん』と呼ばれていました。
(たぶんですが、みんな『まめちゃん』と呼ばれていたのではないかと推測されます。)

初めはこの小鳥屋さんの小桜インコを飼う予定のしもべでしたが、小桜サンの方にあっけなく嫌われてしまい、次に目を留めたのが挙動不審のヤマブキボタンインコでした。
このヤマブキボタンインコは水色のマメルリハ『まめちゃん』と一つのプラケースに住んでいました。

『まめちゃん』はマイペースでしたが、ヤマブキボタンインコは金魚のフンの様に『まめちゃん』に寄り添っていました。
『まめちゃん』のおしり部分に潜り込んで、『まめちゃん』がひっくり返っていました。

ヤマブキボタンインコと『まめちゃん』が余りにも仲良さそうで、引き離す事が可哀想になったしもべは、即決は控えて、何とかして一緒に住める環境と設備を準備しようと思いました。

数日後しもべが小鳥屋さんに行ったら、ヤマブキボタンインコはどなたかに引き取られて、プラケースの中には『まめちゃん』しかいませんでした。

『まめちゃん』は放鳥の時間になると、ちゃんとプラケースの外に出てくるコでしたが、ヤマブキボタンインコがいなくなった次の日の朝は出てこないで、拗ねた様におばさんの指を噛んできたそうです。

しもべがその『まめちゃん』をお迎えしたのは3日後くらいだったと思います。

お迎えの時に、小鳥屋のかわいらしいおばさんからは「今から言う事を約束して下さいね。」と言われました。

・放鳥の時間が無くても、一日一回数分でも良いから、手の平に包んでだっこしてあげて下さいね。

・暴力は振るわないで下さい。された事、ずっと覚えていますからね。

・ひまわりの種はそうね〜、一日5粒くらいならいいかしら?(生後半年だった事もあるのでこの辺はご愛嬌で…笑)


プラケースに入れられた『まめちゃん』に、おばさんは「バイバイ、まめちゃん。」と声をかけていました。






…そして7年後の今は、最強に凶暴なマメルリハ・レディになりましたとさ…。












この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

お医者様は本日はお休みです。

ぴーたん様が頑張っている間、しもべは何もしない訳にはいかないので、本日は調べ物をしました。

調べてはみましたが、いまいちよくわからない事にぶつかってしまいましたので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?



●以前から気になっていたスマカメの導入を検討。

皆様には信じられないかもしれませんが、しもべは亡くなった母が使っていたドコモの『らくらくフォン』を使用しております。

操作は全然楽じゃないですよ、コレ。
若者にはかなり使いにくいので、人とのコミュニケーション自体に興味が無くなります。

使用している理由は母の思い出の・・・な訳ではなく、目の前に使えるものがあるのに使わないのがもったいないからです。
友人達からは「信じられない!」という言葉を浴びせられ、宇宙人か何かを見るような扱いをされています(笑)。

特にガラケーやスマホにこだわりはないのですが、ぴーたん様の症状が長期戦になった場合には、ペット見守りのカメラが必要になるかな?と思ったのでした。


スマホに機種変しなければいけないのはもっともなのですが、以下の2パターンは何が違うのか分かりません。

・スマカメfor docomo×おるすばんカメラ

 ⇒スマホの対応機種が限られている、ドコモの新機種じゃないとダメ? 月額100円で動体検知機能によるサービスが利用できる。(鳥サンには必要ないかな?)


・カメラを別にamazonなどで買って、スマホにアプリをインストールして使用する。


この二つの違いがいまいち判りません・・・。





●マメルリハにボレー粉は必要か?不必要か?皆様のお考えと、皆様のかかりつけのお医者様はどのように話していますか?

ぴーたん様のお医者様からは「ボレー粉は与えないで下さい。」と言われていました。

ですが、他のマメさんで食べているコもいれば、食べなくて具合が良くなかったコもいたり・・・。ちょっと混乱します。













この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事