あおたんとのブログ♪

時間の止まったような、のんびりとした1日を如何でしょうか?

菜種

イメージ 1


けっこう沢山採れました\(^o^)/



イメージ 2

イメージ 3


道端で枯れて種がこぼれそうなものを拾ってきて、1つ1つ鞘から種を取り出しました。

来年はカヤックの周りに菜の花が咲き乱れてほしいなぁ〜♪ヽ(´▽`)/

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

大木倒れる🌳

昨日の台風並みの大風に耐えきれなかったのか、今日のお昼過ぎにとても大きな木が道路に倒れてきました。


イメージ 1

イメージ 2



完全道路封鎖
木の先端5mほどの枝は折れて海の中に突っ込んでいました。

根本の幹周りが1m70cmありました。



昨日の夕方倒れかかっていたものが周りの木々に引っ掛かって止まっていたのですが、耐えきれずに倒木してきたのです。

倒れる1時間ほど前にこの下を自分も通過していたのでゾッとしました。

しかし倒木した時にすぐ横に停めてあった車と、通過しようと来た車の10m手前に倒れてきたのですが、誰一人被害が出なくてなにより・・・

あ、電話線切断!被害3件😅
田舎でなにより笑

2時間後には復旧しました😆



で、物凄い音と共に倒れた直後その場に居合わせた数名で倒木玉切りとトラックで運搬処理が恐ろしくスムーズにいく田舎の利点😂👌

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



ほんの1時間ほどで車も通れるようになり、その後はNTTの高所作業車部隊2台が他に邪魔になる折れた木を伐採し電話線を張り直してサクッと終了。




しかし、田舎スゲぇ 笑笑笑

5人いてチェーンソーが3台もあるし(爆)




誰一人犠牲がでなくてなによりな春の日でありました😌

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

カヤック時の服装

カヤック、シーカヤックなどは基本的にウォータースポーツの部類であり、ボートや船に乗って観光といった部類ではありませんので、カヤックに乗り降りの際やパドルで水をかく(漕ぐ)時は袖口などが濡れます。また、万一カヤックが転覆(カヤック用語で沈と言います)したときはカヤックから脱出して顔を水面上に出さなければ溺れてしまうので、もうずぶ濡れ100%確定です( ・∀・)

そうなりますと必然と濡れても良い格好が望ましいと言うことになります。

生地の素材はポリエステルなどの化繊製品が濡れてもすぐ乾くなど、水切れがいいので⭕️
綿やジーンズなどは一旦水を吸うと重くなりすぐには乾かないのでとても寒くなり、体温を奪ってしまいます。


次に一般にシーカヤックと呼ばれる細身のカヤックは乗り込むと下半身はスッポリ船の中に収まり、上半身のみが露出します。

そして下半身が濡れたり船の中に水が入ってこないようにスプレースカートというものをまさにスカートのように着用し、人が座るところの周りに引っかけます。



イメージ 9


イメージ 4


写真の手の場所に腹部を通して着用します。


イメージ 5


人が着用してカヤックに座った場合、スプレースカートをカヤックに装着すると、周りからの浸水を防ぎます。
(写真の鎖は盗難防止のため)

こうなると上半身しか濡れません(^^)



あと、コメントでご指摘頂きました手ぶくろ(パドリンググローブ)
これはマストアイテムだと自分は実感しております。

自分はカヤックを始めて15kmほど初めて漕いだ時、行きはヨイヨイ帰りは手に豆だらけで、とても痛くて不快な思いをしたことがあります。
それからはどんなチョイと漕ぎでもパドリンググローブをつけています。薄手のグローブでも着ける着けないでは雲泥の差があります。
ただこれは本当に消耗品で、すぐ破けてしまいます。1年持つというようなものではありません。自分は純正のパドリンググローブはお高いので、ホームセンターなどで売ってある作業用の化繊のグローブを使っています。

初めての方のカヤック体験であれば、寒くない時期ならば軍手は良いと思います。







と、ここまではカヤック経験のない人に対しての内容です。その他携行品装備品については他の機会にまとめようと思います。






さて

自分の場合は
基本的にアンダーインナーはファイントラックのフラッドラッシュアクティブスキン上下
汗を沢山かいても着替える時はお肌サラッサラで大変気にいっています。

その上にファイントラックのフラッドラッシュジップネック上下
首元がジッパーなので体温調節がしやすいです。

イメージ 1





これに七分丈のパンツを合わせるくらいで3シーズン漕いでます。


冬季や雨の日などはその上に、モンベルのパドリングジャケットとレイブンパンツを履いて、シューズが大きめのクロックスになります(^_^)

イメージ 2


レイブンパンツはソックス一体型なので足先まで濡れることはありません。

使用感はすこぶるよろしいと思います。
履いた後の内部の空気抜きをしっかりすることがコツですね。






あと頭部が濡れるのは各メーカーさんから様々なキャップなど販売されているのでほぼ問題は無いのでしょう。
自分は少々の雨の日でもこれ!

イメージ 3



ザ・ストローハット・・・笑

これで防げないほどの雨風の日は
もちろん漕ぎませんとも( ´∀`)

(写真は今日の雨でずぶ濡れて黒っぽく写ってます)




イメージ 6


着替える時は椅子と足元が汚れないようバスマットがあると大変便利です(^_^)v





イメージ 7


雨の中漕ぎ

先刻、天草のナダカヤックスさんで購入したショアライン フェーゴ
イギリスのカヤックです。今は日本でもライセンス生産されています。

すこぶる相性がよろしい❗️
今の課題は強い風の時にスケグを使いこなせるようになることです。

スケグ艇は初めてなのですが、ラダーとは全く違う使い方なので慣れるほかはありません。

今日のベースの辺りは波1つありませんが、水路を抜けると風当たりが強く、珍しくうねっていたのでしばらくカヤックサーフィンを楽しめました\(^o^)/久しぶり〜




イメージ 8


パドルの上にアマガエル
もうそんな季節です♪ヽ(´▽`)/



カヤックのトップシーズンがやってまいりました。

皆さん海へ行く準備は出来ていますか?

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

地下受水槽から高架タンクへの送水ポンプの取り替えと、交互運転のシーケンス盤交換。


イメージ 1


地下受水槽8tタンク




イメージ 2


送水ポンプ2台
接続配管は40A

地下までマンホールから人力で下ろしたので重いのなんの、命がけです(^_^;)




イメージ 3


ポンプの配電盤



イメージ 4


中のシーケンスです。

コンピュータ制御で配線が少なく、非常にスッキリとしています。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


自分が参加した時の過去pic




昨日のNCC長崎文化放送の朝の番組トコサタ内で、自分のシーカヤックの師匠 岩永氏の中島川シーカヤック体験(眼鏡橋付近〜出島〜長崎港)が放送されたそうです。


見逃したぁ・・・(;゜∇゜)




なんだか物凄〜く長崎に触れた気になる(笑)体験コースなので機会がある方はぜひお勧めいたします(ノ´∀`*)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事