過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さて、携帯電話を買い換える場合、MNP(番号ポータビリティー)して、携帯会社を移ると、安くなることは常識となっています。しかし、携帯会社を変えるとメールアドレスが変わってしまうなど色々めんどくさいので、躊躇している方も多いのではないでしょうか?

それでは、どれくらいの支払額の差となるのか、iPhone6sの64Gを例にまとめてみました。

イメージ 1

このように、24カ月の総支払額を比べると、
機種変はMNPで転入してきたよりも26,316円ほど高くなります。
しかし、通常MNPの転出や転入時に手数料が6,000程度かかるため、実際の差は20,000円程度でしょうか。
ちなみに、私が試算した結果、auにMNPした際の総支払額は197,400円、docomoは204,768円ですので、
更に差は小さくなります。
この程度では、ちょっと悩むところですね。

一方、iPhone5sなどを利用している方の中には、
2年経ってもまだまだ使えるから買い換えないという人も多いのではないでしょうか?

しかし、2年以上使い続けると、各種の割引がなくなってしまいます。
そのため、更に2年使い続けると総支払額は18万以上となり、
iPhone6sをMNPや機種変で購入した場合と支払額はそれほど違いません。
更に手持ちの機種を下取りに出せば更に差は小さくなると思われます。

ということで、まだ使えるのにもったいないですが、
2年使ったら迷わず買い換えるのが吉だと思います。

※2016年2月6日時点の携帯各社のHPを元に試算しています。計算誤り等があってもご容赦下さい。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事