京成青砥駅から徒歩2分!葛飾区のパソコン市民IT講座青戸教室

パソコン教室のブログです!教室のことや、パソコンの豆知識などをご紹介していきます!

シェイプアート講座

葛飾区青砥駅から徒歩2分くらいのところにある、パソコン市民IT講座 青戸教室のスタッフSです。
先日、シンフォニーヒルズでの作品展に展示した作品を、教室に何回に分けて飾っています。
今週、展示している作品はシェイプアートの作品、ワードの図形機能で描いた絵の作品。
ぜひ、教室に来て、生徒さんが作成した力作の作品を間近でご覧なってください。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

プレジャー倶楽部より

葛飾区の青砥駅から徒歩2分のところにある、パソコン市民IT講座 青戸教室のスタッフMです。

年の瀬も押し迫って参りました。

ここのところのプレジャー倶楽部では年賀状作成
カレンダー作成など、来年の準備をしています。

カレンダーはネットからテンプレートをダウンロード、
お好きな写真やイラストを入れて作っています。

そして・・印刷では新しい技、 ポスター印刷を勉強しました!
A4までしか印刷できないと思っていましたが、
A3のカレンダーができて、皆さん大喜びでした



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

カレンダー2018

葛飾区青砥駅から徒歩2分のところにある、パソコン市民IT講座 青戸教室のスタッフSです。

いよいよ、今年も後1ヶ月を切りました。

生徒さんも年賀状やカレンダー作成など、年内に間に合わそうと、頑張っています。

そんな生徒さんの中で、来年のカレンダーの絵画の部分をシェイプアート(ワードで絵を描く)講座で、

表紙も含めて7枚の作品がついに完成しました。

生徒さんの1年間の作成作業は終了しました。

これから、カレンダーを光沢用紙で印刷し、リングで止めて、カレンダーの仕上げを残すのみとなります。

仕上がりが楽しみです。

シェイプアートのファイルがかなり重たくなってしまった点が反省点だそうで、

来年は、重たくならないように、作成していくことを課題として、また2019年のカレンダーに挑戦です。

イメージ 1





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

@←なんて読む?

葛飾区青砥駅から徒歩2分のところにある、パソコン市民IT講座 青戸教室のスタッフHです。

みなさんはこの「@」ってどのように読んでいますか?

多くの人、いや殆どの人が「アットマーク」と読んでいるのではないでしょうか。
もちろん、それが間違っているぞー!というわけではなく、
アットマークと読むのは日本だけということ。

アメリカでは「At Sign(アットサイン)」と読んでいるようです。
つまりアットマークは和製英語なんですねー。

しかも、この「@」、日本とアメリカだけでなく、
世界各国でそれぞれ読まれ方が違います。
以下にそれぞれの国名と読ばれ方をご紹介します。
ちょっとした豆知識として覚えておいてくださいね♪

イタリア・韓国では『@=かたつむり』
フランスでは『@=エスカルゴ』
ドイツでは『@=サルのしっぽ』
ギリシャでは『@=小さなアヒル』
などなど。
他にもまだまだありましたので、
ご興味がありましたら調べてみてください!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

クリスマスの豆知識

葛飾区青砥駅から徒歩2分のところにある、パソコン市民IT講座 青戸教室のスタッフHです。

もうすぐ12月。
12月といえばクリスマス!

みなさんクリスマスは
どのようにお過ごしになりますか?

今日はクリスマスについての
豆知識をご紹介いたします。

クリスマスといえば、
赤と緑のクリスマスカラー!
なんていわれていますね。

なぜこの色が使われるようになったのか。

そもそもサンタクロースが
赤い服を着ている由来はなんでしょう。
気になったので調べてみたところ、
みなさんもご存知、
コカ・コーラ社が起源のようです。
それまでは妖精や子供の姿をしていたサンタさん。
そこにコカ・コーラ社が自社のイメージカラーである
赤色の服を着せてのマーケティング戦略を
行ったことにより世界的広まりついには
赤い服を着るようになったんだとか(俗説です)。

クリスマスカラーに赤が使用されていることと
サンタさんの服の色は何か関係があると
思っていましたがどうやら関係なさそうです。

実際はこの赤はキリストが磔刑の際に流した
血の色がモチーフになっているそうです。

そして残念なことにもう片方の色、
緑色の由来はまだ見つけられていません(T_T)
ぜひみなさんでさがしてみてください!
(よろしくお願い致します!)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事