篠山市立青山歴史村のブログ

青山歴史村は、篠山藩主青山家の資料を展示しています。
丹波篠山の日本遺産をめぐるウォーキングツアーの第三回
「デカンショ節と城下町をめぐるコース」が実施されました。

歴史美術館、河原町妻入商家群、まけきらい稲荷、王地山陶器所、篠山城大書院をめぐり、最後に「丹波篠山デカンショ館」へとたどり着きました。
参加者は篠山市民がほとんででしたが、普段通らないような裏道を通ったり、訪れたことのない施設にも来館していただいたりと、ご満足していただきました。

     (曇りだったけど、たいへん暑かったです……)

丹波篠山デカンショ館では、本年度一回目の
「デカンショ踊りレクチャー」を開催いたしました。

イメージ 1

この日本遺産めぐりツアーはあと2コース(10/21の篠山の特産品をめぐるコース、12/10の国史跡の二つの城をめぐるコース)を残しています。

またデカンショ踊りレクチャーは、デカンショ祭までの毎週土曜日に開催します。
祭までに踊りをマスターしたい人はぜひ!

(であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

浴衣でお出迎え

 来月は待ちに待った 「丹波篠山デカンショ祭」が開催されます

 本日は、青山歴史村では浴衣を着たスタッフがお出迎えです。     

イメージ 1


 さて、8/15,16のデカンショ祭当日には13時半より、青山歴史村内の丹波篠山デカンショ館でデカンショ節保存会の皆さんによる踊りの披露が行われます。
 丹波篠山デカンショ館と合わせて、一足早いデカンショ祭を楽しんでみてはいかがでしょうか?

                (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)








この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

7月よりスタートしました青山歴史村の新ワークショップ
「香り遊び」
代表的な香道のひとつ「源氏香」を簡単に楽しんでいただけるこの企画、
本日は可愛らしいお客様に体験していただきました。

イメージ 1

五つの香りを聞き分けたあと「わかったー!」と声が上がりました。
香りの聞き分けはもちろん、52種類の香りの組み合わせから正解の「○○」を選ぶのが楽しかったそうです。

源氏香はその名の通り、源氏物語がモチーフとなっており、
この「香り遊び」女性の方にお勧めしたいワークショップですが、
もちろんお子さまから大人の方まで、男性でも女性でも楽しんでいただけます。

体験料はお一人様500円。一回につき三名様までご体験いただけます。
ぜひお楽しみください!

  (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

  7/15に行われました日本遺産認定記念講演シリーズ第4弾「丹波篠山の熊野新宮神社の八朔祭を学ぶ」講演会に、沢山の方々にご参加いただきました。

 講師に熊野新宮神社代表宮総代を務める、中西健治先生に来ていただき、過去に祭りで使用された様々な”造り物”の写真をモニターで鑑賞しながら祭りの歴史について教えていただきました。

 ”造り物”というのはお供え物です。かつては野菜などを供えていたようですが、次第に各村ごとに工夫を凝らし、身近な素材で鯉や鶴などの縁起ものを造るようになりました。造り物を山車にのせて提灯の明かりをともすと、鎮守の森が厳かな雰囲気に包まれます。

 今回の講演会に参加できなかった方も8/31の熊野新宮神社の八朔祭の宵宮に是非、足を運んでいただきたいと思います

イメージ 1
講演会の様子

イメージ 2
竹を使って作成した造り物

イメージ 3
提灯に明かりが灯った造り山の様子



           (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

7月15日(土)丹波篠山デカンショ館にて
講演会「丹波篠山の熊野新宮神社八朔祭を学ぶ」
が開催されます。

見た人が皆「篠山にこんな祭があったとは!」とおっしゃる「八朔祭の造り山」。
もっともっと多くの人に知ってもらいたい日本遺産のまち丹波篠山の魅力のひとつです。

お祭りの様子はこちら↓(篠山市視聴覚ライブラリーより)


この講演会に引き続き、8月31日(木)には実際のお祭りを見ていただく
見学会の実施も予定しています。

お祭り好きの方、丹波篠山に興味のある方は、ぜひどちらもご参加ください。

お申し込みは篠山市立青山歴史村まで。079-552-0056

講師  中西 健治 氏 (熊野新宮神社代表宮総代 立命館大学特任教授)
ところ 青山歴史村内・丹波篠山デカンショ館シアター室
日時  平成29年7月15日(土) 13:30〜15:00
参加費 無料
定員  30名様 (要予約) 
     (まだ定員に空きがございます。事前での申し込みも大歓迎です)


皆様のご予約・ご来館、心よりお待ちしております。

          (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青山歴史村の新しいワークショップ
「香り遊び」
     がスタートしました!

イメージ 1

茶道、華道と並ぶ日本の伝統的な芸道である「香道(こうどう)」。
一定の作法のもとに香木を焚き、その香りを鑑賞する「聞香」と
その香りを聞き分ける「組香」があり、
青山歴史村では、組香の中でも代表的な「源氏香」を簡易化した
ワークショップとして楽しんでいただきます。

イメージ 2

香道は江戸時代よりお姫様のたしなみであったと言われ、
当館にも香道具を所蔵しております。
また「鼠草紙絵巻」にも香道具の描写があり、
青山家が香道に造詣が深かったことが伺えます。

源氏香は、五つの香を同じ香があるかどうか聞き分けるものですが、
その組み合わせは52種類あります。
源氏物語54巻の最初と最後を除き、52の巻の名前で答えていただきます。
(香道では「嗅ぐ」ではなく「聞く」と表現します)
答えが正解でも不正解でも、体験者にはもれなく「文香」を差し上げます。
ぜひご体験ください!

体験料は一名様500円。体験スペースの都合上、一回につき三名様までとさせていただきます。
その他、詳しいお問い合わせは青山歴史村まで。
                             079-552-0056

皆様のお越しを心よりお待ちしています。
 
         (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)




イメージ 1


「丹波の祇園さん」として知られる波々伯部神社。
 毎年8月に行われる例祭の二日目、本祭当日に現地見学会を開催します。
 八つの集落から境内に集まった山車、そして御旅所である大歳神社へと向かう神幸行列など、パンフレットなどで有名なあの風景を実際に見てみませんか?
 地元在住の方による特別ガイドつき。
 送迎バスで市内から現地まで往復いたしますので、お車の心配はいりません。
 
 
日時:  平成29年8月6日(日) 14時00分〜16時00分 (集合:13時30分 解散:16時30分予定)   
会場:  篠山市 波々伯部神社 (解散・集合:篠山市民センター)
定員:  20名 ※事前申込み必要 定員になり次第 締切させていただきます。
参加費: 無料 
 
お問い合わせ・お申し込み先
 
篠山市立 青山歴史村
兵庫県篠山市北新町48
TEL/FAX 079-552-0056
 
ご参加、ご応募、心からお待ちしております。
 
     
(であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

篠山市立岡野小学校6年生24名が「ふるさと学習」のために来館されました。

イメージ 2

丹波篠山デカンショ祭の行燈の絵のモチーフを探したり、

イメージ 1

デカンショ館でデカンショ節、踊りについて学ばれました。
 
中には青山歴史村は初めて、という生徒さんもいらっしゃいました。

篠山市4文化施設は、校外学習に最適です。篠山市内、兵庫県内、畿内の小中学校の皆さん、ぜひお越しください!

 (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


関西テレビ「キャラぱら」の撮影が丹波篠山デカンショ館で行われました。


イメージ 1
まるいの君もなかなかの踊りっぷりです。
暑い中、大変だったと思います……

イメージ 2

ARバーチャルデカンショ踊りで、カメラマンさんのリクエストに応えるまるいの君。

番組は7月に放映予定です。ぜひチェックしてみてください。

            (であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月17日、日本遺産認定記念講演シリーズ第3回「篠山城大書院復元について」が開催されました。

かつて篠山城大書院復元室に勤務され、現在、篠山市文化財保護審議委員を勤めておられる
今井進先生を講師にお招きし、大変貴重なお話をしていただきました。

イメージ 1


篠山城の成り立ちから、他所のお城の復元方法(鉄筋造→木造の移り変わり)など、大変有意義な講義を聞くことができました。

篠山城と姫路城が同じ年に完成したこと。
篠山城大書院の復元以降、御殿の復元が各地で盛んになったこと、など、初めて知る内容が多く、スタッフも大変勉強になりました。
 
講演には四国からいらっしゃった城郭ファンの方も参加されました。
篠山城の認知度が上がっていることを実感しました。

日本遺産認定のまち丹波篠山には、まだまだ私たちの知らない奥深さがあります。
これからもその魅力を発信していきたいと思います!

(であい・ふれあい・まなびあい 青山歴史村スタッフ)


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事