Webあおぞら色彩楽園

阪神大震災から続く心を元気にするアートスペース

おしらせ

すべて表示

神戸の「あの日」は防災とボランティアの日

24年が経ちました。「あの日」も亥年でした。
携帯電話もインターネットもなかった「あの日」、何が起きたのかを知るのに時間がかかりました。まさか、これほどまでに信じられない光景が広がっているとは・・

家族や友人たちの安全が確認できた後、まず頭に浮かんだのは、
「子どもたちはどうしているんだろう?」
「この経験は子どもの成長にどう影響するんだろう?」
「子どもたちが20歳になったとき、この経験はどんな風に残るんだろう?」
震災から3日目、「救援物資でクレヨンを送ってもらえませんか?」と東京に電話をかけました。
すぐに、あおぞら色彩楽園の前身「空とぶ子どものアトリエ」がスタートしました。

イメージ 1

子どもたちは実にたくさんの絵を描きました。
しかし、最初から絵を描くことができた訳ではありません。お相撲をとったり、おんぶしてかけっこしたり、神戸のあちこちで一緒に遊びました。
その後、子どもたちは時が来ると小さな心の中に抱えた大きな衝撃や苦しみを絵で、色で、形で教えてくれました。
このときの子どもの心の回復過程は、今も多くの子どもたちに生かされています。

「あの日」、確かに私たちは多くの大切なものを失いましたが、今の子どもたちの心を支え、元気を取り戻すために必要なことを残してくれたのです。
神戸には、あおぞら色彩楽園があります。
24年間で出会ったすべての子どもたちが、この場を守り、支えてくれています。
あの体験で得たもの、知ったこと、感じたこと、経験したことを今を生きている、そしてこれからを生きる子どもたちと分かち合うことをこれからも目指します。

その他の最新記事

すべて表示

6月のあおぞらレポート

2015/7/8(水) 午後 3:45

子どもたちの絵を聴きたい  梅雨の6月、まるで夏のような元気な雲と青い空の下に173名が集まりました。<6月21日:大倉山公園> おえかきスペースも工作スペースも大入り満員。子どもたちは自分のペースを守って集中 ...すべて表示すべて表示

あおぞらレポート2014年10月

2014/11/12(水) 午後 11:29

10月の あおぞらレポート  No.74 福島の青空の下で  雲ひとつない青空。澄み切った暖かい空気に包まれた福島県で71名を迎えて「あおぞらおえかきひろば福島」を開催しました。<10月19日:川谷保育園 ...すべて表示すべて表示

あおぞらレポート2014年9月

2014/10/3(金) 午前 11:49

耳を澄ませば  受け付けを待つ子どもたちの長い列。時間を早めてのスタートになりましたが、開始から30分を過ぎても列はなくなりませんでした。それでも静かにお行儀よく待ってくれた子どもたちに感謝です。よく晴れた空の下、162名が集ま ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事