ここから本文です

あおぞら花月のブログ

書庫全体表示

記事検索
検索

宮城県本吉郡南三陸町で、映画「ワラライフ!!」上映会が行われ、木村祐一監督と、出演の西方凌、司会を務めた永井佑一郎が訪問しました。

イメージ 1

まずは、避難所・仮設住宅・ボランティア活動の拠点になっている志津川高校を訪問しました。1Fが避難所となっている体育館の2Fをお借りし、上映会後に舞台挨拶を行いました。平日の昼間にもかかわらず、たくさんの方が来られました。

イメージ 2

舞台挨拶の質問タイムで避難所の方から、「小学生たちが『キム兄に会いたい!』と、旅行先から予定を早めて戻って来ている」と言われ、急遽お出迎えをすることに。

イメージ 3

イメージ 4

お礼に、獲れたてのタコを頂きました。これには食通の木村監督も「うまい!」と唸る美味しさでした。

イメージ 5

続いて、同じく避難所・ボランティア活動の拠点になっているホテル観洋へ。
今度は、談話室に設置されたスクリーンの前で舞台挨拶。映画を観ながら食べてほしいと、デイリー食品様よりポップコーンを、ホテル観洋様より飲み物をご提供いただき、まるで映画館のような雰囲気になりました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

木村祐一監督が「ワラライフ!!」(=ワンダフルライフ!!)の制作のきっかけ、家族・友達を描いた思いを、西方凌からは、撮影中は子供にも怖い!などの撮影秘話を。永井佑一郎は、蝶ネクタイに着替え、ネタや手品の披露を、とバラエティに富んだトークショーとなりました。
今回ご覧頂いた方々からは、口々に「よかった!」「ありがとう!」とお礼を言われ、こちらが逆に力を頂いた形になりました。



宮城県登米市の中江中央公園で行われた
がんばろう宮城!復興祭「佐沼夏祭り」前夜祭に
はりけ〜んず、ハローケイスケ、デッカチャンが参加し、ネタを披露しました。
トップバッターはデッカチャンでした。

イメージ 1

続いて、ハローケイスケ、はりけ〜んずの順で登場しました

イメージ 2

イメージ 3

ステージの間、集まったみなさんにおおいに笑っていただきました。

イメージ 4

イメージ 5



宮城県仙台市で7月16日・17日の日程で開催された「東北六魂祭」のサブ会場となった勾当台公園野外音楽堂ステージになだぎ武とレギュラーが出演しました。

イメージ 1

まずはレギュラーが登場し、沖縄生活のエピソードなどを交えながら、笑いの絶えないステージを展開しました。

イメージ 2

続いて、レギュラーの呼び込みで、なだぎ武が登場。東北についての印象やお客さんに仙台のおすすめスポットを訪ねてみたり、と賑やかなトークを展開。ちなみになだぎとレギュラー・西川が来ている赤いTシャツは「東北六魂祭」のTシャツです。

イメージ 3

ステージが始まると、どんどん観客も増えて、立ち見になるほど大盛況でした。
この日、このステージでは、朝10時から16時過ぎまで「しまじろうショー」やミュージシャンによるライブなど、様々な催しが繰り広げられました。



岩手県遠野市の蔵の道ひろばで行われた「第2回チャリティーバザー&オークション」
に大西ライオン、マキシマムパーパーサム、天狗が参加しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

それぞれのネタの後はトークとじゃんけん大会を行いました。

イメージ 5

イメージ 6

イベント終了後はサイン会と記念撮影を行いました。

イメージ 7



宮川大助・花子、宮川隼人、たまちゃんさゆちゃん、井岡弘樹、山口圭司、松下笑一、ぼんちきよし、オレンジ、げんき〜ず、桂三輝、コマンドサンボ小宮、アンダーエイジが、岩手県大船渡市の末崎町ふるさとセンターを訪問しました。
屋外では炊き出しが行われ、ステージが始まると会場へ多くの人が集まってきました。
この日も漫才やコント、元世界チャンピオン井岡・山口両氏によるボクシング講座が続きました。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4


会場内のスペースをお借りして、ぼんちきよしの「ほぐし屋きーぼー」も行いました。

\イメージ 5

歌のコーナーでは、会場が一体となり大変盛り上がりました。

イメージ 6



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事