ここから本文です

あおぞら花月のブログ

書庫全体表示

記事検索
検索

この日、宮城県女川町で、味の素様がCook Do!商品による炊き出しを実施しました。

イメージ 1

イメージ 2

会場の女川町役場総合運動場体育館です。

イメージ 3

お土産のサンダルをたくさんの皆さんにお持ち帰りいただきました。

イメージ 4

屋外で行われた演芸ステージの漫才のトップバッターはジョイマン。子供たちに人気でした。

イメージ 5

漫才を披露する西川のりお・上方よしお、大木こだまひびき

イメージ 6

イメージ 7

サインや写真撮影などのふれあいを通じて、みなさんと暖かいコミュニケーションが図れました

イメージ 8

味の素スタッフのみなさんとの記念撮影。

イメージ 9



宮川大助・花子、宮川隼人、たまちゃんさゆちゃん、井岡弘樹、山口圭司、松下笑一、ぼんちきよし、オレンジ、げんき〜ず、桂三輝、コマンドサンボ小宮が、岩手県大船渡市の大船渡北小学校を訪問しました。

体育館内のステージでは、大助・花子をはじめとする出演者の漫才やコント、元世界チャンピオン井岡・山口両氏によるボクシング講座が行われました。

イメージ 1
イメージ 2

また、場内ではぼんちきよしが「ほぐし屋きーぼー」として公演の間、マッサージを行いました。

イメージ 3

現地の方も一緒に出演者全員で歌を歌うと、会場はとても温かい空気に包まれました。

イメージ 4

最後は、集合写真を撮って会場を後にしました。

イメージ 5



千原ジュニア カートヤング 増谷キートン Bコース(タケト)ちゅ〜りっぷ(網本)が、宮城県気仙沼市の階上中学校体育館と、曹洞宗平磯山清凉院を訪問しました。

階上中学校にてサイン会からスタートしました。

イメージ 1

イメージ 2

続いてネタのコーナーでは、カートヤングのネタに千原ジュニアの絶妙のコメントが入ります。

イメージ 3

次に曹洞宗平磯山 清涼院を訪問。増谷キートンのネタに会場は、大きな笑いがおこりました。

イメージ 4

イメージ 5


最後はTシャツにみんなでサインをしました。

イメージ 6



ルート33が、「Project JAPAN in FUKUSHIMA〜始まりのAIZU〜」という、福島県会津若松市の會津風雅堂で行われたイベントに、MCとして参加いたしました。

イメージ 1

出演は、稲垣潤一、川嶋あい、アントニオ猪木、スパリゾートハワイアンズ・フラガール、会津若松市立一箕中学校吹奏楽部の皆さんに加え、溝畑観光庁長官、福島県の佐藤知事、会津若松市の管家市長らが参加しました。

開演前、入念に観光庁長官と打ち合わせをするルート33の2人

イメージ 2

その際長官が、再生のシンボルとして「起き上がりこぼし」を頭に乗せる一幕もありました。

イメージ 3

本番では、皆さんの熱演により大変な盛り上がりとなりました。
日本再生へのスタートを会津から、最後は全員大きな声で復興を誓いました。
イメージ 4


イメージ 5



岩手県 遠野市『第36回 東北馬力大会 馬の里遠野大会』に、じゃぴょん、シューレスジョー、えんにちが訪問いたしました。

イメージ 1

当日は小雨降りしきる中、傘をさしながら沢山の方に集まっていただきました。

イメージ 2

馬が大好きなアイパー滝沢、ジャグリングも得意な望月のコンビ、えんにちのネタにはじまり、
イメージ 3


シューレスジョーのジンバブエ語講座で会場が一つになりました。

イメージ 4

かつて、岩手県の深夜番組のレギュラーだったじゃぴょんが、細かいご当地ネタで会場を沸かせました。

イメージ 5

当日はあいにくの雨でしたが、馬の迫力に芸人たちもくぎ付けになりました。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事