ガレージキット製作代行 zoomsMOBILE REPORT

製作中のガレージキットを携帯電話撮影画像でリポートして行きます。

全体表示

[ リスト ]

#2からのつづき、これでラストです。


さて、塗装ですが、なるべく効率的でエアブラシを使用しない方法をご紹介します。

せっかくですので、筆塗りの特性を活かした雰囲気に仕上げたいと思います。

かなり渋い感じになる予定です。


http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make9.jpg
まず、一度全体をブラックにしました。

筆で塗ってもいいですが、時間が掛かるので缶スプレーを使用しています。(ラッカー系)

この後の工程を考えると、光沢よりつや消しの方が良いと思います。

缶スプレーのコツは、対象物に向けて直接噴き付けるとタレたり塗膜が厚くなるので

対象物を避けて噴き始め、対象物をまたぐ様にスプレーを往復させて、

少しづつ塗料を重ねながら塗るとムラ無く上手く出来ます。

缶を少しだけお湯などに漬けて内圧を上げると、更に上手く噴けます。

とはいえ、今回の場合は少し位ムラが出来ても別段問題ありません。

【5】 全体をつや消しブラックに塗装する




次にシルバーを乗せていきます。

平筆に塗料を含ませた後、一旦布などでそれを軽く拭き取ります。

筆には少量の半乾きの塗料が残っていますので、その筆で塗料を擦り付ける様に色を乗せます。

「塗る」と言うより「ブラッシングする」と言った感じです。ドライブラシと呼ばれている手法ですね。

http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make10.jpg
シルバーは隠ぺい力の強い色ですので、比較的楽に色が乗ってくれます。

あまり深く考えずに大胆に塗り進めてもOKです。

http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make11.jpg
こうして全身にドライブラシを施します。

下地のブラックが適度に残るので、使用感のある金属の様に見えます。

筆塗りでしか出せない大胆で味わい深い表現ですね。

シルバーには様々な種類がありますが、今回は一般的に最も金属っぽく見えないと言われている

普通のシルバーを、あえて使用しました。

少しくすんだ感じの方が雰囲気が出ると考えました。

正確にはそのショボイと言われているシルバーに更にダークグリーンを少量混ぜています。

より鈍い銀色にした訳です。

【6】 全体をシルバーでドライブラシする




http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make15.jpg
つづいて味付けをしてみましょう。

少し細めの筆の毛を半分位カットし、わざとグシャグシャにしたものを使いました。

http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make14.jpg
この筆で部分的にブラウンを加えます。

かるく押し付けたり、叩いたりしながらブラウンを乗せていけば、サビや水アカの様に見えます。

リベットの辺り等にあるブラウンが見えますでしょうか?

お好みで適当にあしらってみて下さい。

【7】 ブラウン等でウエザリングして味付けを施す。




次はガンメタの帯部分の塗り分けです。

つや消しブラックをかなり薄く溶き、ムラなど気にせず「サーっ」と塗って行きましょう。

下のシルバーが適度に溶けて、ガンメタに見えます。


http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make17.jpg
ブラックの濃度差や筆ムラが逆に味となるので、ガンメタを丁寧に塗るよりむしろ雰囲気が出ます。

一通り塗り終えたら、ここにもドライブラシを軽く掛けてみましょう。

今回はゴールドでドライブラシしてみました。

【8】 薄く溶いたつや消しブラックでガンメタ部分を塗り分ける。




http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make18.jpg
これでほぼ基本塗装は完了です。

あと残すは、腕の文字、耳、眼、口内のミサイル先端部の塗り分けだけです。

面積としてはすごく少ないですが、これがアクセントとなり、存在感がグンと上がります。

生命が吹き込まれるような感じです!

http://zooms.2-d.jp/zooms/blmg2make21.jpg
これで一通り出来ました!

【9】 腕の文字、耳、眼、口内のミサイル先端部の塗り分けをする。

缶スプレーのトップコトーで艶の調整も出来ます。

光沢、半光沢、つや消しの3種が売ってますのでお好みで。


それでは携帯ではなく、分かりやすいデジカメ撮影した画像で見てみましょう。





なんとなく雰囲気が伝わりましたでしょうか・・・

前記しました様に、塗装はお好みなのでこれは一例です。


仕事柄「ガレキは作ってみたいけど高価な道具を揃えるのが・・・」と言った声をよく聞きます。

ですので、ほとんどお金を掛けなくても大丈夫なモデルや手法もある事を

少しでも知っていただきたいなぁ・・・と思った次第です。

で、、、結果的にはドップリとハマってもらえたら最高です。






この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事