ガレージキット製作代行 zoomsMOBILE REPORT

製作中のガレージキットを携帯電話撮影画像でリポートして行きます。

全体表示

[ リスト ]

本日は当ブログで以前リポートした龍王丸のことを。

一旦は完成したのですが、クライアント様と相談させて頂いた上で
全体的に見直す事にしました。

原型に問題があると言った事ではなく、
主にソフビ製メカモデルのウイークポイントが改修に踏み切った理由です。

ソフビ製品は製造時の特性として、どうしても原型時よりもエッジが甘くなります。
これは仕方ないんです・・・

メカものでも曲線で構成されたモデルや、怪獣などの有機物のキャラの場合、
別段問題視する事も無いと思いますが、
直線的な面で構成されたメカものの場合、どうしてもエッジの甘さや、
ソフビ特有の歪みやヒケがウイークポイントに見えてしまいます。
強引に例えるなら、ジオン軍のMSはソフビでもアリで、連邦軍のMSはナシといった感じでしょうか?
ちょっと極論過ぎますが・・・(汗

ガンダム系のメカなども含め、直線的なモデルがソフビキットとして
あまり商品化されていないのは、やはり適していないからではないでしょうか。
(一番の理由は可動ギミックの制限だとは思いますが)

プラモデル(インジェクションキット)などを製作される方なども、
キットの状態よりも、パーツのエッジをシャープ化したり、
面出ししたり、肉厚を薄く加工して、より精悍な印象に改修されると思いますが、
今回はソフビキットにそれに近い処理を施してみました。

http://zooms.2-d.jp/zooms/ryubifoaft2.jpg
画像左が一度完成させた状態です。
ソフビモデルゆえ可動範囲が極端に制限されているため、
脚が開かず棒立ちに見えます。
ちなみにキット付属の完成写真は原型を撮影しているため、もう少し脚も開いていました。
画像右が現在改修中のものです。

詳細は、

・ひさしの延長
(先端だけ足すと後ろへのラインが崩れてしまいますので
後部アンテナまで修正し、前頭部のラインを全体的に見直しました)

・腕と足の角度変更
肩と上腕は一体パーツだったため、切り離して肩部アーマーの内部を作り独立させました。
脚は前記したとおり開き角が無く棒立ちの印象でしたので、ハの字になるようにしました。

・膝のエッジのシャープ化
こちらも一体形成だったため分割し、別パーツに変更し、エッジを加工

・肩の爪の修正及び若干のシャープ化

・腕周り、腰部分のヒケ処理
全体的に変形防止と面出しの素地を兼ねてキャストを流しました。

・肩の竜のマーク、胸横の赤い所など別パーツに分割、

・その他もろもろの細かい部分もシャープ化。

まだ腕の角度は決めてませんが、
プロポーション及びデティール重視で完全固定モデルにしました。
ほぼ全パーツ手を加えてまいす。

これから微調整と見直しを進めて参ります。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ブログのぞかせていただきました♪

ステキなブログですね☆

私のところにも遊びに来てください^^

http://ameblo.jp/hottarakasi/ 削除

2008/6/7(土) 午後 0:21 [ ◎ほったらかし◎ ] 返信する

ファン登録ありがとうございます!
マイペース更新ですが、マイペースなりに拘った内容に
していきたいと思います。
これから末永く?よろしくお願いします!

2008/6/8(日) 午前 11:30 ヒロン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事