ここから本文です
化石の遊歩道
もうSeptember(^^)/

書庫全体表示

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

三笠市立博物館ボランティア会企画展で今年の春に展示された
アルビアンのアンモ図録、いよいよ発売開始です。
もとろんさん編集による美しい写真と解説がマニアな心をくすぐります(^^)/

数年後にはダムの底に沈んでしまう産地の標本やもう二度と行けない産地の標本など貴重なアンモナイトの数々を写真に収めました。


ご注文はこちら


尚当図録は「三笠市立博物館ボランティア会」監修のため三笠市立博物館ではお問い合わせには一切お答えできません。お間違えないよう・・
締め切りは10月25日までです。

よろしくお願いいたします^^。

この記事に

食で支援!

イメージ 1
早朝のシューパロ湖



イメージ 2
日の出前


イメージ 3
天上のパレット


市内中央区の大通公園で15日、秋の北海道を代表する食の祭典
「さっぽろオータムフェスト」が始まりました。
当初は7日に開幕予定でしたが、道内で6日に起きた最大震度7の地震の影響で
延期されておりました。
そして電力の回復と同時に平日の開催時間が3時間延長、
当初の予定通りの午前10時から午後8時半までとなりました。
開催は30日までです。

皆さん、食で支援しましょう!


私も先日奥さんと一緒に行ってきました^^。

イメージ 5

まずはテレビ塔近くの売店でトウモロコシを買い、パクつきながらビールを頂く^^


イメージ 6

色々なお店があり目移りします


イメージ 7

小腹も空いていたのでトウモロコシに続きフランクを購入
ついでにまたビール!


イメージ 8

綺麗なおねいさんのいるワインバー


イメージ 9

外国の方たちも沢山来ていました


イメージ 10

歩き疲れたのでとりあえず空いている席に座り新たに食べ物・飲み物をオーダー
冷凍レモンサワー、おすすめです
(お肉10丁目にあります)


紙袋の中身はビーフシチューです!(^^)!

イメージ 11

もう食べて食べて、飲んで飲んで(笑)

帰りしなセイコーマートワインショップでワインを頂きました

イメージ 12


ここには本格的なソムリエもいらっしゃってお客さんと仲良くうんちく話

イメージ 13

髭男爵の山田ルイ53世風のソムリエ
大きなワイングラスでルネッサンス(笑)

結構食べて飲んでお腹いっぱいになったところで・・
奥さんはシメの苫小牧産いちごパフェをオーダー!!

イメージ 14

何処に入るのか・・なぞは深まるばかり((+_+))


イメージ 15

でもとても美味しそうでした!


オータムフェストは30日まで札幌大通公園で開催中です。
是非皆さんもお越しくださいね。
復興は食から!頑張りましょう(^^)/





震度5強に見舞われた私の住んでいるところですが、地震とほぼ同時に停電・・
復旧は42時間後でした。
幸いなことに水とガスの供給はありましたので、鍋でご飯を炊き
冷蔵庫・冷凍庫の中身をひたすら食べておりました。
夜は昔キャンプで使ったガソリンランタンと自分の結婚式で使ったメモリアルキャンドルを使用。30年ぶりに日の目を見ました(笑)。

イメージ 4

私の住んでいるマンションは大きな被害はありませんでしたが、壁のひび割れやベランダのひさしの剥がれ、ひび割れ等が発生しております。
上層階の方たちは食器棚の食器が飛び出し割れてしまったりテレビが倒れたりなどの被害があったそうです。ボイラーの故障も何軒かありました。

幸いなことに私は2階なのでそういう被害こそありませんでしたが、揺れた時に上階が落ちてきて押し潰されるのではないかという恐怖を味わいました。



地震から2週間経過しました。
スーパーの品ぞろえもほぼ通常通りに戻ってきているようです。

でもまだ不自由な生活を強いられている方たちが沢山いらっしゃいます。
一日も早く普段通りの生活に戻れますように
そして今回の地震でお亡くなりになった方に深く哀悼の意を捧げます。


それでは

この記事に

イメージ 1

古潭海岸の夕日
とても暑い日で日が暮れるまで車の中で涼んでいました。


イメージ 3

星の写真と対岸の花火(小樽)を撮影しようと機材をセット
こうやって写真を撮ると14年落ちの我が愛車もとてもステキに見えます(笑)


イメージ 2

星の比較明合成写真です。対岸・・中央よりやや右側に小さく花火が上がっているのが分かります。偶然写ったアオサギも消波ブロックの内側でウロウロしています。


イメージ 4

違う日の真夜中2時過ぎに撮った写真
沈む白鳥座


イメージ 5

夏の昇るオリオン(撮影は夜中の3時頃・・)
湖面に星の光が反射しています

山奥の一本橋の側で撮影しましたが、クマの気配におびえながらの撮影でした。


皆さんこんにちは。
暑い夏も過ぎ北海道はやっと涼しくなりました。
そろそろ本格的な化石のシーズンと思いきや・・昼間は何かと忙しく、こっそり夜中に写真を撮りに行ったりしています(笑)。
7月〜8月は天候も不順の日が多く、星の撮影をするための最低必須条件である空が澄んでいる・風が無い・・などの日はなかなかありませんでした。
8月中旬に現れるペルセウス座流星群も撮影しようと準備はしていたのですが、ドン曇りの日が続き諦めました・・( ;∀;)

これから秋に向かい、山の黄葉も綺麗になってきますのでまたカメラを持って
昼に夜にウロウロと散策してみたいです。


化石も採取に行きました。
8月初めにもとろんさんとコニアシ君と3人でで訪れた三笠アルビアン域


イメージ 6

一見すると光が差し込む綺麗な川、透き通った空気・・そんなイメージの写真ですが
実は湿度が高くアブがわんさか発生しておりました。

川に降りて歩くとアブがずっと付いてくるし、石を見つけて立ち止まるととアブが体中に纏わりついてきます。
特に防御をしていないこめかみや手の甲を狙って奴らは襲ってきます。
軍手なんかまったく役に立ちません。繊維の隙間から吻を差込み齧ってきます。
眼鏡の内側に入られた時はギャッといって眼鏡を放り投げました((+_+))

齧られた瞬間はちょっと痛いだけですむのですが、2〜3日すると猛烈に痒くなってきます。痒みに耐え切れず搔いてしまうと水ぶくれが出来たりと非常に厄介です。

そんなこんなでアブと格闘しながら往復6時間ほど歩いてきましたが・・


イメージ 7

何かを見つけたか!?コニアシ君
(コニアシ君はこの後保存の良いアンモを採取していました)


イメージ 8

怪しい露頭の下で調査

まぁ何もありません。

アンモの欠片も見当たらず・・やはり厳しい産地なんですね。

この場所は数年後にはダムの下に沈んでしまいます。
川に沿って走っている林道も途中で崩壊しておりますのでアタックは全て徒歩。
ベテランの方たちは3時間も4時間も歩いてピンポイントで上流に向かい、そこで小一時間ほどアンモを探してからまた同じ時間をかけ帰ってくるのだそうです。

その時にハイパーやアンモノなど大きな重たいアンモを見つけてしまったらまぁ大変!重いリュックを背負いその1.5倍くらいの時間をかけ戻ってくるのだそうです。

私が数年前アンモノを見つけた時は下流域の林道脇でしたので殆ど苦労しないでホイホイ持ち帰ってきました。
やはりそんなことをすると必ず罰が当たるもので・・

当日見つけたのは半分割れたアナプゾシアのみという結果に。


イメージ 9



大きさはこれくらいです。

イメージ 10
コニアシ君撮影

これは持ち帰っても・・と言うことで近くの倒木の上にお祀りしてきました。

帰りもアブと闘いながら・・いつの間にか早足になります。
もう石を見ている余裕なんかありません。
ほどほどのところで林道に上がり車を停めているところに一気に帰ってきました。

と言うわけでこの日は収穫0!
久しぶりのボウズでした。

明後日から9月です。
この時期を逃すともう来年まで巡検のチャンスはありません。
先行人の割り跡を探しながらおこぼれを頂きに山に通おうと思います。
最近ちょっと太ってきたしダイエットもしなくては!と言うことで(笑)


それでは!





この記事に

イメージ 1



イメージ 2

前田森林公園にて

毎年5月中旬〜7月中旬頃にマガモの雛が生まれます。
親ガモの後をちょこちょこついて歩いていく姿はとても可愛らしいですね。


イメージ 3

同じく森林公園のポプラ並木
犬と散歩しているお嬢さんを写しました(笑)。



7月26日記事・写真追加しました



暑中お見舞い申し上げます。

あっという間に7月も後半・・関西地方や関東では猛暑・・と言うより酷暑と言った方がいいような暑さが続いているようですが、私の住んでいるところはせいぜい気温が高くても30℃くらいでしょうか、
夜は20℃を下回りますので非常に過ごしやすいです。
それでも最近は昔の北海道のようにカラッとしていなく湿度が高くなってきているので汗ばむ日も多いです。
でも山にはなかなか・・休みの日には雨が降り、週末は何だかんだと管理組合の仕事が忙しく行けておりません。

それに今はきっと虫も多いでしょうから行くとしたらお盆過ぎでしょうかね〜。
それでも先日ベテランのTさんがY張某沢でニッポを採ってきたとのことで見せて貰いましたが・・まぁ凄い!
大きさは私のこぶしほど、保存も良いです。
まだこんなのが採れるのですね〜。こんなのを見てしまうとうずうずしてしまいますが、果報は寝て待て!と言うことなので(ただのサボりの口実ですがw)秋口からゆっくりと沢を歩いてみたいと思います。


ところで話は全く変わりますが、我が家は共働きです。
奥さんは某薬店でフルタイムで働いているので、どうしても帰りは夜遅くになってしまいます。それで普段私が夕食を作り、奥さんが休みの日は奥さんが作るという約束事を交わしているのですが・・
昨日は奥さんの休みの日、突然夕食を作るのが面倒くさいと言い出し((+_+))・・
冷蔵庫に食材も無いので急遽外食をすることにしました。
さてどこに行こうかと色々と考えておりましたが・・

夏ー暑いーのどが渇くー水は嫌!−やっぱりビール(゚∀゚)
と言うことで大通のビヤガーデンに行くことにしました(笑)。

自宅の前からバスに乗り約30分、大通4丁目到着!
でも会場は平日にも関わらず混んでいて、なんか蒸し暑い・・
それに食べるものはセルフサービスなので動くのが嫌!というわがままな人wがいたので結局写真教室の飲み会でよく使う居酒屋に行くことに。

ビールやおでんの盛り合わせ、焼き鳥の盛り合わせ等色々と頼みお腹いっぱい。
食事後は腹ごなしに大通を散歩してきました^^。

その時に写真を撮ったのでご覧になって下さい。
酔っぱらいが撮影したので上手く撮れておりませんが・・(^^ゞ


イメージ 4

さっぽろ夏祭り・・いわゆる大通ビアガーデンは8月17日までやっております(^^)/



イメージ 5

こんなお嬢さんと一緒に飲みたいですね〜!(^^)!



イメージ 6

にこにこ顔の売店のお嬢さん。


さすがに会場の中は写真に写せませんでしたので外観のみ・・

イメージ 7

こんな感じです。



イメージ 8

噴水が涼しそう。


イメージ 9

この噴水、いつも何かに似ているなぁと思っていましたが・・
モチーフはマイタケと見た(笑)。


ビールを飲み、噴水のミスト効果で涼しくなり良い感じで自宅に帰って参りました。
また行きたいですね〜次回は大通のガーデン席で飲んでみたいです^^。


最後になりますが、
昨日、関東で暮らす娘や息子からスマホに表示される気温の写メが届きましたが、なんと表示が39℃になっておりました((+_+))。
大変だねぇ〜と返してありますが・・

本州方面は酷暑がしばらく続くみたいですね。
皆さんも熱中症には十分気を付けて、水分・塩分補給忘れないで下さいね。




追記です。

この度「月刊カメラマン」8月号にて
2018年度ジャンル別フォトコンテスト風景写真部門で7位を獲得いたしました
みなさまの応援、励みになりました。

有難うございましたm(__)m


イメージ 10

来年も頑張ります(^^)/

それでは!



イメージ 11






この記事に

大発見の裏側

イメージ 1
アオサギの着水(清水沢発電所ダムにて)
上手に撮れました(^^)/



夜のシューパロ湖

イメージ 2



木星、土星、火星と天の川

イメージ 3



だんだんと夜も空けて・・

イメージ 4



湖面にモヤが広がりました

イメージ 5




皆さん、こんにちは。

昨日の夕刊(一面トップ)や今朝の朝刊、そしてTVなどでご覧になった方も大勢いらっしゃるかと思いますが、この度fossil1129さんが一昨年のA別で採取した骨化石が道内初のティラノ類の尾推骨であったとの報道がされました。
その内容についてはこちら

本当に凄いことですね〜。道内初の陸上肉食恐竜(獣脚類)の発見ですから!

私もあやかりたいなぁと思いますが、最近巡検をサボってばかりでかつクリーニングも依然として進んでおらず・・
やはりフィールドにこまめに通わないとダメなんだなぁと深〜く反省しております。


さて今回の記事は昨年の3月、fossil1129さんがこの獣脚類の尾推骨を北大の小林准教授に鑑定のため来道された時に夜仲間で「なんか凄い骨発見したぞパーティw」をしたときの様子です。
(記事中に学術的な話はありません)


ー注意ー
画像に掲載されている骨はfossil1129さんが作ったレプリカです。本体はすでに小林准教授に渡っています


イメージ 6

フィールドで見た時よりも存在感がありますね〜。
でもレプリカだから軽いけど(笑)。


イメージ 7

しかし良く出来ているなぁとアンキロ・ホーク両氏
でしょ〜♪とfossil1129氏


イメージ 8

ビールでも飲むか?(笑)。


イメージ 9

当時の発見の様子のこと、その後のことで話題が尽きません。
(やままん氏とじゅりあ氏)


イメージ 10

ちょんまげ!(爆)
もー一体何をやっているのやら( ゚Д゚)
酔っぱらいは怖いです(あ、じゅりあさんはお酒を飲んでいませんでしたw)


ザ〇ギと一緒に
イメージ 11

fossil1129さんのブログのアルビアンさんのコメントのリコメで・・
>この化石を「ほぼ同じものだろ」とザ○ギの横に並べて
撮っておけばよかったと後悔しています・・

とありましたが、私がしっかり撮っていました(^^)/
でも出来れば本物を並べたかったですね。



レプリカは繋がる・・

イメージ 12


さらに三重連(笑)

イメージ 13

一体いくつあるの〜状態でした

でもレプリカでもぞんざいに扱ってはいけませんねー反省(^^ゞ

そんなこんなで夜も更けて解散・・有志はその後も飲みに行ったと聞いております。

二次会も楽しかったですね(笑)。




最後に

今回の発見はfossil1129さんの「あれ?海棲爬虫類の骨化石とちょっと違うような・・」というひと言・疑問から大発見につながっております。
やはり見る目を養っていかなければそういった疑問にぶつかることも無く、ただ骨が出たよ〜で終わっていたかもしれません。
改めてfossil1129さんの「見る目」に敬意を払いつつ、今回の報道は道内の化石ハンターの皆さんがお持ちの骨化石ももしかしたら恐竜の骨の可能性があるのかも・・ということを改めて気に掛けるきっかけとなったのではないかと思っています。

そして、第二、第三の骨化石が発見されることを祈っております。



今回の発見の様子、話題はじゅりあさんのブログ
でも取り上げられております(^^)/



それでは。



この記事に

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事