ここから本文です
化石の遊歩道
春ですよ〜(^^♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全92ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

宮島沼

イメージ 1


4月6日から11日まで開催したDS文化センター写真講座写真展が終了しました。
6日間のべ1800人近くの方たちに来ていただきました。
本当にありがとうございます。
昼の部夜の部合わせ36名の生徒による写真展でしたが、それぞれ一年かけて撮った写真の中から一枚を選び出展するものでしたが、
初めて見る写真も多く刺激を受けました。
やはり人の作品を見るというのはとても勉強になりますね。
また一年後、違った写真で皆さんに感動を伝えたいと思っています。


さて・・
今年も「宮島沼」ではロシアに渡るマガンが羽を休めています。
国内で13番目のラムサール条約登録湿地であるこの沼は世界でも有数のマガンの渡来地として有名です。
今のこの時期はロシアに帰るため栄養を蓄える時期で早朝に餌を求めて沼を飛び立ち、夕方にまた戻ってくる(ねぐら入り)のです。

先日の日曜日その飛び立ちの姿の写真を撮ろうと早朝に宮島沼に出かけました。
夜中2時半に自宅を出発、途中朝ご飯を仕入れるためコンビニに寄りながら現地到着は4時・・そこでじっと「飛び立ち」を待ちます。
沼はまだ真っ暗でしたがマガンの声がうるさいほど響きます。

ちょっと薄暗くなってきた4時50分頃、フライングのマガンたちがちらほら飛び始めました。そろそろかなと思い車から出てカメラを構えます。
そして5時少し前・・ついにその時が来ました。
いきなり沼から一斉にマガンが飛び立ちました。
その羽音はまるで「ブーン」とまるでスピーカーのハウリング音のようにあたり一面に響き渡ります。

イメージ 2
マガンの「飛び立ち」

それでもまだピーク時の半分ほどです。
ピーク時には約7万羽近くのマガンたちが一斉に飛び立つとの事で・・
それはもう圧巻だそうです。

そして次の日にも夕方の「ねぐら入り」を撮影しようと今度は奥さんと一緒に出掛けました。

到着は午後4時ころ・・まだマガンは沼には帰ってきていませんでしたがちらほら返ってくる集団もいましたのでセンター正面の撮影ポイントに移動しカメラをセットしプレ撮影開始!


イメージ 3
山をバックに


イメージ 4
マガンの着水

着水の写真はまだ明るいうちのほうが撮影しやすいと思います。


5時近くになりそろそろ帰ってくる集団が現れました。

イメージ 5
夕日を浴びながら近くのえさ場から戻ってくるマガン

早朝とは異なって夕方はV字編隊を組んだ少数のマガンの群れが四方からやってきて、次から次へと沼に着水していきます。最終的に数万のマガンが集結するのですが、その姿は夕焼けの中まるで無数の黒い点となって空一面に広がります。

イメージ 6
これでもまだ少ないほうです


ちょうどこの日は満月の一日前、月齢13の十四日月。
太陽が沈む一時間前に東の空から薄明るい月が昇ってきました。
これはシャッターチャンス!

月とマガンのコラボの写真を撮るのはこの時間しかない!ということで
夕日も撮りながら〜月も撮影と何やらあわただしいひと時(笑)。

イメージ 7

うん、何とか成功!
もう少しマガンが月の真ん中の方に来てくれれば・・と思いましたが私の機材ではこれが精いっぱいでしょう。



日もすっかり落ち宮島沼は静けさを取り戻しましたが、一部夜遊びが好きなマガンたちもいるようです。

イメージ 8


この時間になると月も煌々と輝きだすので撮影には不向き・・

奥さんがもう寒いです〜((+_+))と音を上げたので今日の撮影は終了!
でも奥さんも初めて見た「ねぐら入り」に少し興奮気味でした。


宮島沼のマガンの見どころは今月いっぱい。来月にはまたロシアに帰っていきます。
今はマガンのほかに同じ渡り鳥である白鳥も沢山見ることができますので
是非見てみたいという人はお出かけしてみるのは如何でしょう。


イメージ 9



撮影者近影(笑)
apo妻撮影
イメージ 10


それでは!


この記事に

イメージ 1
沈むオリオン(古潭海岸にて)


皆さん、こんにちは。
冬の間南の空に美しく輝いていたオリオンも春を迎え少しずつ西に傾いてきました。
春霞のせいで少しボーっとしていますがそれもまた春の景色かと思います。
対岸は小樽の街、そして左手のほうは札幌・・やはり明るいですね。

日中の日差しもだんだん強くなってきました。
まだ路地には雪がたくさん残っていますが、私の住んでいるマンションの駐車場の雪はすっかり融けました。
そろそろショップに預けているオートバイを取りに行こうかな〜(^^)/。


昨日は陽気に誘われてちょっと石狩浜に散歩に行ってきました。
沢山の釣り人と、ビーコミをしている人たちそして犬のお散歩をしている人たち・・暖かくなると海岸も賑やかになりますね〜^^。

イメージ 2
あえて人のいない方向に(笑)足跡のみ・・


イメージ 3
イメージ 4

ウォッカの瓶や船の電球?も流れ着いていました。

イメージ 5

イメージ 6

石狩灯台近くまで歩きました。
ジャンバーを着ていたもののうっすらと汗をかくほどの陽気でした。




さて先週の日曜日、表題にもありますが先月22日から開催している三笠市立春の特別展に師匠をお誘いし行ってきました。
現地ではもとろんさん、Ryoさんそしてアンキロさん、Hawkさんと待ち合わせ。


イメージ 7
三笠市立博物館
企画展はこの奥にある特別展示室で開催しています。


イメージ 8

中央化石会のI会長もいらっしゃっていました。

イメージ 9

12〜3cmほどのインター
これくらいのおおきさになると住房部の特徴が表れてきます。

イメージ 10

知らないうちに写真に撮られパネル(右)になっていました(笑)。


イメージ 11

大型アンモは大きなパネルの前に鎮座しております。


イメージ 12

これはもーりんさん所蔵のぱっかーんユウパキ
両面がここまで綺麗にぱっかーんしたノジュールは私もまだ採取したことがありません((+_+))。

イメージ 13

今回の企画展で展示されているアンモは約300点ほど
今までの企画展で一番の数ではないかと思います。


ZX9-Rさん所蔵のメナビテス

イメージ 15

素晴らしいです!

イメージ 14

憧れのプラビト・・いつか採取したいですね。



企画展は5月14日まで開催しています。
お休みの日やGWにはぜひお寄りくださいね。
詳しくはここ




では(^^)/。

この記事に

イメージ 1
西の空に沈むオリオン
古潭海岸にて比較明合成写真

皆さん、こんにちは。

先日の日曜日は二十四節季で言うところの啓蟄、その意は「冬籠りの虫が這い出る」ということを示す春の季語でもあるのですが、ここ北海道ではまったくそんな気配は感じられないほど寒い日が続いています((+_+))。
でも春は一歩一歩近づいているようで明日8日は日の出の時間が5時59分とやっと6時を切るようです。
今年のお正月の日の出は7時(正確には7時6分)でした。約1時間ほど早くなったせいで我が家のネコの「朝ご飯のおねだり時間」も早くなってしまいました(笑)。

これから夏至に向かってどんどん日の出が早くなってくるのですが高緯度に位置する札幌ではなんと6月中過ぎに日の出の時間が3時55分となり、夜更かししていると(飲んで遊んでいると)うっかり明るくなってしまった・・なんてことになってしまいます(´・ω・`)。
(ちなみに根室では夏至の日の出は3時37分だそうです)

そんな春の息吹が気持ちだけでもw感じられる今日この頃、三笠市立博物館において博物館とボランティア会共催によるアンモナイト展を開催することになりました。

アルビアンさんのブログやZX9-Rさんのブログでも紹介されておりましたが、私も一応案内状を貼っておきます^^。

イメージ 2


1月23日のブログでも触れましたが、この企画展のためボランティア会会員の皆さんは事前に博物館にアンモを持ち込んでおりましたが、企画展も近いということで先週の土曜日に会員が集まり予め科ごとに種分けしたものをケースに並べ直しラベルを添付するという作業を行ってきました。
アンモの種分けについては博物館の学芸員さんとF会長やY先生にほとんどやっていただきました。おかげさまでスムーズな作業になりました。有難うございました。

本日はその作業の様子をご覧いただきたいと思います。


会場は常設展示室の奥の多目的展示室です

イメージ 3

特設会場の片隅で学芸員さんと打ち合わせするもとろんさん



イメージ 4

このアンモはこのケースに入れて・・Y先生とIさん


イメージ 5

とりあえず大体置き終わり・・


イメージ 6

あーここ置き忘れていた〜〜(汗ゞ)


イメージ 7

F会長、異常巻きアンモを総点検


イメージ 8

今回の企画展では滅多にお目にかかれない素晴らしい珍しいアンモも多数出展しております。個々のアンモをここで紹介できないのが非常にもどかしいですが、ぜひ会場に足をお運びいただきご覧になって下さい。


イメージ 9

大型アンモも各種取り揃えております^^。
(ちょっと画像をボカしております(^^ゞ)
後ろの写真は北海道博物館よりお借りしたもの?みたいです。


イメージ 10

やっと作業が終わりホッとする面々
後は各ケースの後ろにパネルを設置するだけですがそれは後日学芸員達がやって下さるとの事です。

とこんな感じでお昼を挟み朝9時過ぎから午後3時くらいまで企画展室内でバタバタと作業をしてまいりました。

帰りはもとろんさんと二人、三笠の重鎮O島さんに誘われ氏のご自宅でアンモ鑑賞。
売ったりなんだり今所持している物は2回転ほど回った残りのものだそうですが、それでも三笠層から産出した超ド級クラスのアンモ達が所狭しと置いてあり図鑑でしか見たことのないアンモに言葉も出ませんでした((+_+))。



今回の企画展・・「北海道のアンモナイト サントニアン〜マーストリヒチアン編」は3月22日(水)から5月14日(日)まで三笠市立博物館において開催します。北海道から産出したアンモ約300個が展示されますが、中には二度とお目にかかれないアンモも多数ありますので是非この機会に一度ご覧になって下さいね。


それではお待ちしております(^^)/。


この記事に

第68回札幌雪まつり

イメージ 1
石狩河口付近の風景


皆さん、こんばんは。
立春を過ぎ、日中の日差しは少し強くなったと感じられる今日この頃ですが、まだ夜や朝の気温は低く春にはまだほど遠いような日々が続いています。

そんな中今年も雪まつりが開催されました。
開催日程は大通会場・すすきの会場共2月6日から12日まで、つどーむ会場は2月1日から2月12日まで。今年も大通会場では大小数十基の雪像が並び
日没から22時までライトアップされます。
すすきの会場では氷彫刻が飾られコンクールも開催されました。

毎年この場で拙いレポートを紹介していますが、今年もまた行ってきましたのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

今回はまずすすきの会場で氷彫刻を見学、そして大通りテレビ塔前〜西10丁目まで写真を撮りながらてくてく歩いてまた西4丁目まで戻るコース。
実はすすきの会場に行ったのは私は初めてです。
どうしても賑やかな大通り中心になってしまっていましたが、綺麗な氷彫刻が並んでいるとの情報を受けまずは行ってみようと思いました。


イメージ 2

まずはすすきのと言ったらこれ(笑)。
皆さんおなじみのニッカのネオンサイン。これを見るとついフラフラとスナックがひしめく路地裏を散策したくなりますがここは我慢(笑)。

氷彫刻はこの交差点から南に向かって十数基縦に並んでいます。


全部は紹介できませんがつらつらと写真を貼っていきますので
ご覧になってください。


イメージ 3

ライトアップとすすきののネオンサインが微妙に氷に反射して綺麗です。



イメージ 4

それぞれの氷像には志向をこらしたライトアップがされ、見ていると心が癒されます


イメージ 5

竹と鶴!さすがすすきの(笑)。


イメージ 6

繊細な彫刻に思わず足が止まります



イメージ 7

こういう彫刻が作れる人・・尊敬します



イメージ 8

色々と物議を醸しだしていた氷の水族館・・何が問題なのか。
しいて言うと「カニ汁」や「ブリ汁」が氷に染み出しているのが問題!(笑)。
一旦魚を冷凍してから氷漬けすると防げるような気がしますが・・


イメージ 9



イメージ 10

シーラカンスの氷彫刻。でも頭が鮭っぽい(笑)。




イメージ 11

これですすきの会場は終わり。次は横目で路地裏を眺めつつ(&後ろ髪をひかれながら)大通会場へ足を運びます(笑)。



イメージ 12

これは2丁目?だったかな雪像に見入る人たち



イメージ 13

ファイナルファンタジーの雪像
プロジェクションマッピングが投影されます
紙コップで飲み物を飲んでいる外国のおねいさん、かっこいい!


イメージ 14

5丁目の台湾ー台北賓館
地元の女性シンガーによるギター演奏と歌、心に染みます


イメージ 15

7丁目フランス凱旋門


イメージ 16

8丁目の奈良・興福寺 中金堂


イメージ 17

そして10丁目の『スター・ウォーズ』40周年記念 白いスター・ウォーズ
ここでもプロジェクションマッピングが投影されます

その他市民雪像や国際雪像コンクール雪像も沢山ありここでは紹介しきれません。


食べ物の屋台も各会場に沢山ありました。

イメージ 18

から揚げ美味しそう(^^♪


イメージ 19

これはすすきの会場


イメージ 20


イメージ 21

寿司処まで!


イメージ 22

札幌で有名なパン屋さん
ここのパンは美味しいです^^。

イメージ 23

おやっさん、良い顔していますね〜^^


イメージ 24

寒い日はやっぱりラーメン!


イメージ 25

恋の予感?


最後に幸せそうなカップルを(*^^*)


イメージ 26



最後まで見ていただき有難うございました<(_ _)>


それでは!

この記事に

三笠特産品

イメージ 1
ドライブがてら行った石狩・・
猛吹雪に遭遇!!
危なく遭難するところでした(笑)。


イメージ 2
車の中からの撮影でしたが
窓を開けての撮影でしたので車の中が雪だらけ・・まっ白になりました((+_+))。


皆さん、こんばんは。
いや〜、冷えますね〜。日中の最高気温は−5℃位でしょうか・・体感的にはもっと寒かったような感じがしました。
スキー用のグローブを装着して雪かきをしても指先が真っ先にシバレてきます。
暖かい春が待ちどうしい今日この頃です。


さて、前回のブログで三笠ジオパークのフォトコンで入賞しましたとご報告しましたがなんと先日賞品が送られて来ました(^^♪

大きな段ボール箱に入っていたのでびっくり!
中身はというと・・


イメージ 3
賞状とア・アンモ?ですか??

中身はワインでした〜(^^)/

イメージ 4

ヤベイセラスとシャーペイのシールを貼ったアンモワイン。
熟成期間9000万年(笑)。

それに三笠美和地区で採れたリンゴを使ったジュースと
コロコロクッキー!"とまコロ" "ぽてコロ" "きびコロ"
それぞれ三笠で作った野菜から作られているとのこと。

イメージ 5

キャラメルよりも一回り大きなキューブ型のクッキーですが、
ショートニングが利いていてサクサクしてとても美味しい!

そのほかに三笠で採れた梅を使った梅干し(500g入り)も入っていました。
これがまた絶品!
そんなに酸っぱくなくかといって人口調味料のいやみな味は一切なく
とても美味しい梅干しでした。

三笠市商工観光課、ジオパーク推進係のご担当の皆さま
本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします(笑)。

これらの商品、美味しかったのでどこで買えるのか調べてみました。
なんと三笠道の駅や温泉・太古の湯などで購入できるようです。
特に「ふるさと納税」の寄付を申し込むとそのお礼でクッキーとか梅干しが送られてくるようです。
いつも化石採取などでお世話になっているので協力したいですね〜(^^)/。

皆さんも三笠にお寄りになったときにはぜひお買い求めくださいね^^。




あ、ちなみに賞金も頂きましたよ〜(^^)/





最後に



今日やっと修理から戻ってきたレンズ・・

イメージ 6


金6万円ナリ〜〜でした

死にました( ;∀;)/ち〜ん



それでは



この記事に

全92ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事