ここから本文です
石川幸夫の教育・子育てブログ
教育評論家・教育研究家 石川教育研究所 代表の独り言

書庫全体表示

「佐世保癸噂子殺人事件から」報道の二極化も!
 
 連日トップニュース扱いされる佐世保で起きた癸噂子殺人事件。年頃のお子さんをお持ちのご家庭では他人事と済まされない事件だ。報道からもたらされる情報が断片的で、それも被疑者の異常性をことさら強調する文言の扱い方に疑問を感じる。ネットでは、被疑者の名前、顔写真(父親まで)がアップされ、報道の二極化が始まっている。事実と憶測が乱れ飛び、本事件の本質から次第に遠ざかることを懸念する。
 
 過去の青少年犯罪は、その犯罪に至る過程で一般的に理解出来ることが多かった。動機が単純であったからだろう。その為、犯罪を未然に防ぐ為の策も比較的立てやすかった。しかし、次第に凶悪と考えられる犯罪が低年齢化し、大人達の想像を遥かに超えた犯罪が目立つようになって来た。これは、間違いなく子ども達の「心の変化」が始まっていると考えられないだろうか。凶悪犯罪に慣れた警察も、多くの犯罪に関わってきた犯罪心理学者も、少年犯罪の凶悪化と多様化に戸惑いを見せているように思う。子ども達の犯す犯罪に、動機が不明となる新たな凶悪化の兆しが見え隠れする。予測を裏切って貰いたいが、今後も今回と類似した少年犯罪は起こるだろう。それは、情報社会と呼ばれる現代だから起こりうる課題であって、好ましくはないが、情報に関する規制が必要になる。今までであれば、テレビやラジオがその対象になっていたが、時代は新たな情報機器を世に放っている。ネット社会・スマホ社会、これら依存症を伴う状況から、適切な処置をしなければならないだろう。このことは、本事件を通して考え直す問題の一つだと思う。
 
 今回の事件に、私は幼児期からの親子関係、子育てに問題解決の糸口を見出している。報道では、少女から反省や謝罪の言葉が無いことを問題としているが、これは大人における短絡的な問題処理の仕方だろう。この少女には、犯罪という意識がそもそもあったのだろうか。これからは私の推論だ。
 私は、両親が、少女の幼児期にどのような関わり方をされたのかが一つの鍵となるのでは考えている。人は、幼児期に誰もが持つ感情がある。幼児は、自分の身の回りにある全てのものに、自分と同じ感情(心)と感覚(痛み等の)があると思っている。落ち葉一枚にも、「踏まれて痛そうだよ」と感じる。これを児童心理学では「汎心性」という。この「汎心性」を生かし、ことばと共に「心」(人格)が形成されていく。「汎心性」から命の大切さ尊さ、命の意味、そして他人の痛みが解るという心の重要な部分が育まれていく。この時期における保護者の関わり方は、後の子どもの人格形成に大きな意味と影響を持つ。そこで、「そんなもの痛さなんか感じるわけないでしょ」と言い切るとどうなるか、子どもの身になって想像していただきたい。子どもにとって愛おしいものがただの「もの」となってしまう。幼い頃、その仕組みを知りたくてラジオ等を分解したご経験はないだろうかのだ。それが、例えば、動物が対象であったらどうか。そして、母の死に直面し、命というものに興味関心を感じていたら…。(あくまでも仮説だ)
 
 子育ての変化が、子どもの心や深層心理に与える影響は計り知れない。今回の事件には、こうした幼児期の「心」の形成に焦点があてられてしかるべきだ。乳幼児期からの成長発達に起因していることを改めて認識する必要がある。昨日のテレビでは伝えきれなかった「幼児期に」の後に続く内容がこれだ。この事件が起きた今だけを輪切りにして考える事はできない。この事件の始まりはいつだったのか、次の犯罪を未然に防ぐためにも、「心の教育」は必要最低限の教育となる。
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    テレビ拝見しました。
    先生と記者の方お二人で語られた方がもっと深く探ることが出来たように感じました。
    皆さん、幼児期の事にはあまり関心がなく、高校生という年齢に拘っておられましたが、情報の受け取り方で問題の本質迫れなくなることを実感しました。
    「汎心性」、前にも先生が仰っていた記憶があります。心の発達にこうした面があるとは驚きです。切り口が違うと言うより、本質に迫っている仮説だと実感しました。少女には、猟奇的な面や非人間性を感じていましたが、180°見方を変えました。 削除

    [ 森下 ]

    2014/7/31(木) 午前 11:45

    返信する
  • 顔アイコン

    先生、テレビ見ましたよ。
    国分くんじゃ荷が重かったかな?
    この問題、簡単には語れませんね。単純ではないと思っていたけど、確かに、謝罪や反省という大人感覚では理解できないですね。視点が違うんだよね。
    「汎心性」論には納得です。幼児教育をもっと学ばなきゃダメですね。ここから考えれば色々見えてきますね。
    テレビじゃ語り切れないですね。特集組めばいいのに! 削除

    [ TETU ]

    2014/7/31(木) 午前 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    テレビ見ましたよ。
    先生のご意見もっと聞きたかったです。
    でも、昨日と今日のブログを読んで、感情的な見方はよくないなって思いました。冷静になることって大事ですね。
    「汎心性」の意味、そうなんだ!って感激してしまいました。幼児のものの見方に愛を感じます。これをことばと共に育む、これが先生の幼児教育の柱になっているような気がしました。
    大人の単純で感情的な見方は危険ですね。謝罪も反省もない、そこまで及ばない心を失ってしまうような育てられ方をされた犯人の女の子が哀れに思えます。 削除

    [ やっくんママ ]

    2014/7/31(木) 午後 4:35

    返信する
  • 顔アイコン

    報道の二極化、鋭い表現ですね。
    ネットに流れる事実(=本名・写真・住所・家族構成等々)と新聞や雑誌、そしてテレビで流されるニュースの内容がまるで違う内容かと思うほど一種戸惑いを感じることがあります。
    私も、犯人である高校生の実名と顔写真を見つけました。どんな印象の子なのか?写真を見てしまうと、「何故?」と思ってしまった。
    この子の心の変化はいつから起きたのか。
    しかし、このブログにある幼小期の人格形成について読んだとき、「三つ子の魂百まで」ということばを思い出しました。高校生という年齢で輪切りにしても解るわけはないと同時に思いました。視点が変わると、この事件の見方も変わりますね。とても心に残る内容でした。 削除

    [ こだわり ]

    2014/7/31(木) 午後 7:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事