岡崎・幸田周辺のラーメン屋さん。

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

いやー、一気に寒くなりましたねぇ…日中でも空気が冷たいです。



となると、やっぱり熱いラーメンが食べたくなるんですよねぇ。
そして、寒い時期は辛いラーメンが恋しくなります。

というわけで、まるぎん二号さんでこの一杯をいただいてきました♪

台湾ラーメン・大
イメージ 1
★★★★☆

おや?以前とちょっと雰囲気が違う?
ミンチの見栄えが変わりましたねぇ…それに、水菜らしきものが添えられています。

ラー油の辛さを強く感じるスープですが、二号さんらしくベースとなる豚骨の味も
しっかり活きています。ワタシは「台湾」だったら脂多めより、普通が好みかな。
食べ進めると、頭のテッペンが汗ばんできますw

ミンチはちょっとスパイスが弱くなったように感じましたが、噛み応えのあるニクが
スープに合っています。まるぎん系列のミンチはホント、美味しいんだよなぁ。
水菜がこの具材に合っていたのがちょっと意外でした。

ツルっとしているぶっとい麺、大好きですw
今日はちょっとネギが青臭く感じたかなぁ…モヤシは特筆するような事はナシ。
ちなみにニンニクは別皿でお願いしました。正直、ニンニク無しの方が好みかも。



嫁さんは「台湾まぜそば」を注文。
ラー油がそんなに効いていないので辛いのが苦手な方でもOKかな?
こちらもマイナーチェンジされたのか、魚粉が結構主張してましたねぇ。

食べ応えがあって、身体をあっためてくれて、十分美味しい…
これからの時期に何度も食べたくなる一杯です。ごちそうさまでしたっ♪

開く コメント(0)

サボさんの記事を読んで、次の休みは絶対行く!と決めていたのが
岡崎市北野町につい先日オープンしたばかりという太萬(タマ)ラーメンさんです。

我が家からは自転車でも行ける距離…岡崎では珍しい魚介を強くアピールしたラーメン…
かなり期待しての訪問です (´∀`)



さて、11時半ごろに入店しましたが、ワタシ達の後にも次々とお客様が入ってきます。
看板が目立ちますもんねw

券売機をひととおり眺め、ワタシはこちらをオーダー。

魚介つけ麺(中太平打ち麺、大盛り)
イメージ 1
★★★☆☆

ウワサどおり、麺が太いw というか幅広いww
きしめんをさらに幅広くした感じでしょうか。幅は1cm以上あります。
冷水で締められた麺だけ口にすると、相応の風味が感じられます。

次にスープをレンゲで一口…魚介が前に出てきますが、すぐに豚骨の味わいに変わります。
多少煮干しらしいエグミも感じますが、それほど強いものでもなく。
万人向けにうまく整えられた味に思えました。

で、このぶっとい麺をスープにつけていただくと…旨し!しっかりスープが絡んできますね。
ただ。冷たい麺の面積が広いせいか、スープが冷めるのが早いこと…
大盛りだと、半分食べる前にスープが冷えちゃってます。ここは対策してほしいなぁ。

チャーシューには適度に味が付けられ、味玉は黄身があま〜く味付けされています。
意外だったのが…レモン。ラーメンとレモンの組み合わせ、初めてでしたが好印象。
濃い味のラーメンにレモンは合うんですねぇ。



嫁さんが頼んだのがこのお店の看板メニューとなるこちら。

煮干し醤油ラーメン(中太平打ち麺)
イメージ 2
★★★★☆

ちなみに麺は、つけ麺と同じ幅広の麺です。

煮干しが効いた熱々のスープ…あ、この味好みだ♪
つけ麺のスープと同じく最初に煮干しがきて、その後豚骨の旨味が……。
名前ほどのインパクトはありませんが、その分食べやすい一杯です。

っていうか驚いたのが、普段スープはあまり飲まない嫁さん、飲み干してましたw
今度自転車で娘と二人で行こうかな〜なんて言ってたくらい気に入ったようです。

で、麺は食感は面白いけどやっぱり食べにくいw
ウチの夫婦は極細麺は苦手なので、普通の太麺で食べたいなと素直に思いました。



味の濃さ、魚介の主張、具材の味付け…全てバランスよく組み立てられた一杯でした。
麺も旨いんだけどなぁ…w これからも通いたいお店です。ごちそうさまでしたっ♪

開く コメント(8)

今日の昼ご飯、ワケあって食べたのが夕方4時すぎ…
そんな時間帯でも、岡崎のまんぷく家さんは結構賑わっていました。
中途半端な時間にラーメン食べたい時、空いているお店って少ないですからねぇ。



自宅からそう遠くないお店ですが、訪れたのは久しぶりな気が。
頼んだのはこちらです。

ラーメン・醤油(中盛り)
イメージ 1
?????

醤油なのにスープが随分と乳白色…あれ?と思ってスープを口にすると、味が薄い orz
豚骨の旨味は十分伝わってくるんですが、本当に豚骨の味だけ……
味と脂の量を「ふつう」でお願いしましたが、タレの量が少なすぎる気が。

短めの太麺は麺の食感も良く、スープの絡みも良いんですが、このスープの薄さだと
それがかえって裏目となり、脂の重さとブタ臭さが強調されます。

途中で卓上のショウガを入れ、あっさり風に味変…ついでに醤油もプラス。
うーん、ぶっちゃけ、醤油ダレの量間違っちゃってる??
いつものこのお店のお味じゃありませんでした。よって、好みの評価はナシ。



結構本格的(本場で食べた事はありませんが)な家系ラーメンを食べられるので
個人的に好きなお店なんですが、今日はどうやらハズレだったらしい…
寒い時期に美味しくいただけるお店なので、また次回に期待。ごちそうさまでしたっ♪

開く コメント(2)

まるぎん二号さんにお邪魔するのも久しぶりです。
このお店のラーメンばっかり食べてた時期もあったのになぁ……。

お腹の出っ張りを気にしだしてからは、足が遠のいていました (´・ω・`)



さて、単に遠出をするのが面倒だったので家から近いこのお店に向かったんですが、
券売機を見ると気になる名前のメニューが。
正直、アタリかハズレかの博打気分でボタンを押したのが限定品となるこちらです。

家康らぁめん(大盛り・ニンニク増し・脂多め)
イメージ 1
★★★★☆

岡崎の複数の飲食店が集まって企画している家康プロジェクトの一品だそうな。
岡崎名物の八丁味噌を使った一杯のようですね。

まずはスープを一口………よかった、アタリっ!(・∀・)
脂も多いし作り方も全然違うんでしょうけど、ホントに大雑把なイメージとして言うなら
「味噌煮込みうどん」風のラーメン。八丁味噌の味わいが存分に感じられるスープです。

もともと味噌煮込みうどんも、鶏や油揚げを使っていますから油との相性は良いんですよね。
この一杯にはブタの脂がこれでもかと使われてますが、味噌が全然負けていません。
っていうか、脂が無ければ味噌辛いだけになってしまうかも。

そこに合わされるうどんのように太い麺も、スープに負けていませんから…
主張の強い物同士がうまくまとまっています。愛知県民なら違和感なく馴染めそうw

野菜とニクは二号さんでは馴染みある具材ですが、この一杯には背脂といっしょに
ミンチも入っていましたね。麺を食べ終わった後に気付きました。
見た目通りに脂は多いので、夜まで満腹感は続きましたw



以前いただいたスープのない岡崎まぜめんは、正直味噌の甘さが強すぎた印象でしたが
この家康らぁめんは、味噌煮込み好きなワタシはホントに違和感なく頂けました。
これからの時期、美味しく頂けそう…って、限定なのが残念!ごちそうさまでしたっ♪



【12:30、追記】



今日のお昼も職場でまるぎんさんの一杯ですw
イメージ 2

メンマとタマネギの食感が印象的な一杯でした♪

開く コメント(0)

先日の一杯がとても好印象だったので、ぜひともスープのあるラーメンが食べたくて。
金曜日のお昼にKibun.de..Sachioさんに行ってきました。



担担麺や台湾系じゃない、オーソドックスそうなラーメンは……
「あっさり鶏ガラしょうゆ」「スペシャルしょうゆ」そして「和風らーめん」があります。

嫁さんは淡麗系っぽい印象の「和風らーめん」を。ワタシはこちらをオーダー。

スペシャル醤油
イメージ 1
★★★★☆

ニクの存在感がハンパない…w 「スペシャル」に相応しいルックスの一杯です。

さて、まずはスープからいただくと…ブタの脂らしさと共に、カツンと醤油の風味が。
脂臭さを醤油でうまく丸め込んで、濃厚な味わいが口の中に広がります。
あと、ニンニクも使っているのかな?そんな風味をわずかに感じました。

麺は細麺と中太麺から選べたので、ワタシは迷わず中太麺を。
ややカタめの縮れ麺で、背脂とスープをしっかりと絡めてくれます。
豚と鶏のダブルスープという事で、獣が全面に出ていますがクドさがなく旨いっ!

でっかいニクはほろほろと柔らかく、濃い目のスープに負けない程度の味があります。
味付き玉子には黄身にしっかりと味が付いてて、穂先メンマもしっかりと味があって…
いろんな味を、この一杯にまとめこんでいるのがスゴイなぁ…と感じました。

脂由来の甘さが強いのでクセは強く感じるかも(サボさんの記事でもそうありましたね)。
脂臭い二郎系好きなワタシには好みの一杯でしたw



嫁さんの頼んだ和風らーめんは、白醤油を使っているという透明なスープが印象的。
醤油の淡い甘さと魚の出汁が合わさった上品なお味で、美味しく頂ける一杯でした。
近場で好みの一杯に出会えたのが嬉しいなぁ……ごちそうさまでしたっ♪

開く コメント(2)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事