下手の横好き〜My hobbies〜

興味のあること、はまってること書いていきます。よろしくお願いします。

Belton Reverb自作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

Faux Spring Reverb

こんばんは

以前自作したBelton reverbはいまいちでしたので、WamplerのFaux Spring Reverb
作りました。

イメージ 1

これは、リバーブが程よくかかりまさにスプリングリバーブといったところです。
もちろん、Depthを回すと深くかけることも出来るのでなかなか使い勝手良いです。
さすがWamplerですね

イメージ 2

イメージ 3

回路図とPCBレイアウトは限定記事にUPしときます。
それでは

この記事に

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

Reverb自作(Belton)2

線とケースのお化粧完了です。

イメージ 1


ケースはHAMMOND1590Bです。

ケース内の高さは、4mm程余裕あります。

イメージ 2

イメージ 3


Reverbユニットを基板裏(ハンダ面)にもって行くことも
検討しましたが、蓋開けたときに見えるほうがいいかなぁと
思い表に取り付けました。

なかなかナイスなReverbです。

参考にレイアウトUPしときます。が

こちらを参考にされる方は、必ず回路図を確認して作成ください。
一応私の環境では音出てますが動作保障できません。

もしかしたら、それぞれのPOTの1番と3番逆かも?です。
下手の横好きですので。。。あしからず

イメージ 4


この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

Reverb自作(Belton)

今回は、Belton BTDR-2Hを使用したReverbです。
回路図は、BYOCのReverb2をお手本にさせていただきました。

レイアウト図を探しましたが、見つけることが出来ませんでしたので
BYOCのサイトにUPされてる図面を元に、部品レイアウト図
を作製しました。

部品調達は、地元大阪で済ませたかったんですが心臓部だけは
ギャレットさんにて購入しました。

部品数は、そんなに多くありませんので割と早く実装完了しました。

イメージ 1


Reverbユニットを基板に取り付けるとこんな感じです。
(部品はすべて仮置き状態です。ハンダ付前の写真です)
イメージ 2

イメージ 3

ぎりぎりセーフです。

ちなみに電解コンデンサは、高さ5mmのニチコンとパナソニックを
使用してます。

ケース内に基板収めるとこんな感じです。

イメージ 4

イメージ 5
こちらのジャック、スイッチ使用したものが完成形の予定です。

音だしテストしましたが、当たり前ですが正にリバーブ。
深くかかるホール系、ピチャピチャしたサーフサウンド系なかなかいい感じです。
自分的にはデラリバに似てる気がします。
ですので、勝手に『デラリバ2』と命名しました。ヾ(ーー )ォィ


後は、配線とケースのお化粧です。
それでは

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事