ここから本文です
アップルパイのブログ
一年中お花見日和

書庫全体表示

記事検索
検索

権現堂曼珠沙華


幸手市にある埼玉県営権現堂公園
うちからは車で1時間半くらい掛かりますが、
花の季節にはよく訪れます
今、曼珠沙華が満開です
イメージ 1

今や様々な所で見かける曼珠沙華ですが、ここは圧巻です
イメージ 2

かつて曼珠沙華というと畑のあぜ道、お墓のそば、というイメージでしたが、今は沢山の人がカメラを向け、愛される花になりましたね
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 12

変わり種です
イメージ 7

イメージ 8

語り合うご夫婦
イメージ 9

ここは桜並木なんです
イメージ 13

春にはこんな桜と菜の花
イメージ 10

初夏には紫陽花
冬は水仙、と季節毎見事な花畑になるんです
しかも、無料 ありがたいありがたい
イメージ 11

この記事に

荒川蕎麦の花


実家のお墓参りに行ってきました。
昨日の雨が止み、青空が見えてきました
草を取り、墓石を清め、線香をあげ、手を合わせると
何か気持ちが落ち着きますね
でも、私たちはこの春、後々手の掛からないお墓を準備しました


通り道、荒川蕎麦の里 蕎麦の花がきれいに咲き揃っていました
イメージ 1
 
あちらに見えるのは裏側から見た武甲山
イメージ 2

変電所のお隣です
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

来月になれば新蕎麦が食べられます 楽しみですね
イメージ 6

蕎麦の茎が赤いのは、困っていたお坊さんを助けようと、背負って川を渡った。川の水が冷たくて、それで赤くなった、という民話を子供のころ本で読んだ記憶があります。お坊さんはお礼に、蕎麦が寒い冬を越さずに済むように秋に収穫され、笑って見ていた小麦は寒い冬を耐え、麦踏みで踏まれる運命になったとか。
何故かよく覚えている、非常に教訓深いお話しです。


SL2題
土日祝日に走る秩父鉄道のSL
行きと帰り
イメージ 7

イメージ 8

この記事に

藤袴の寺


秋の七草藤袴の寺 長瀞法善寺
七草の中では一番遅咲きになるかな?いよいよ見ごろを迎えました
イメージ 3

薄紫と白 2色あります
蕾と開いたのとで色のコントラストがいいですね
地味な花ですが、茶花として茶人に好まれます
どことなく風情がありますね
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

本堂の中は襖絵と欄間の彫刻が素晴らしいです
イメージ 4

シュウメイギクも負けじと
イメージ 8

イメージ 5

藤色と白の可愛らしい花はセイヨウフジバカマと言うらしい
似ているような似ていないような
丈は短く、横広がりに群生します
イメージ 6

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 7
              そしていよいよ秋が深まります


この記事に

ダリア園その2


昨日の続き、ダリアです。
昔(私が子供だった頃)割と多く庭に咲く花だったような気がしますが、
いつの間にか庭の花としては姿を消し、そしていつの間にかこんなに沢山の種類が生まれていたのですね。
高温多湿を嫌う球根ですので、両神地方の涼しい気候が合っていたのですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 13

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 12

350種なんてとても撮り切れません
お近くの方 どうぞお越し下さって楽しんでくださいませ

この記事に

両神ダリア園

両神山麓花の郷ダリア園
かなりの奥地にありますが、ここには10000h㎡に350種類ものダリアが植えられています。
この夏の猛暑の影響で背丈が伸びず、いつもの年より少し遅めということですが、むしろ傷んだ花がなく、カラフルなダリアの花が咲き始めていました
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

様々な色や形があり、驚いてしまいます
キク科であり、別名天竺牡丹とも呼ばれるだけあって、ポンポン菊のような形やら、牡丹のような花びらがとても多くゴージャスな花もあっていくら見ていても見飽きません
地域の人たちも手入れに余念がありません
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

ついつい沢山写真を撮ってしまいました
続きはまた明日

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事