ここから本文です
アップルパイのブログ
朝霧高原から見えた富士山

書庫全体表示

記事検索
検索

狭山市案山子祭り

狭山市奥富地区の案山子祭り
今夏の猛暑にも負けず、今年の米は豊作だったようだ。
稲の無事をひたすら守った案山子たちが集まっていました
イメージ 1

今年の夏、亡くなったさくらももこさんを追悼してつくられた
ちびまる子案山子
イメージ 2

似顔絵が涙を誘う
イメージ 3

イメージ 4

オリパラマスコット『ミライトワ』と『ソメイティー』
良くできてますね
イメージ 5

朝ドラの主人公たち
イメージ 6

基本中の基本
イメージ 7

イメージ 8

ねぇムーミンこっち向いて
イメージ 9

イメージ 10

稲刈りを終えた田をバックに勢ぞろいしていました。
イメージ 11

イメージ 12
           * 案山子祭りは11月4日に終わりました

この記事に

ふくれみかん

暖かい朝を迎えています。

 以前、みかんの北限は埼玉県寄居町と言われていましたが、
温暖化の影響か、今は福島県くらいまでに北上しているようですが、
寄居町の風布地区、小林地区には沢山のみかん園があって、みかん狩りで今、賑わっています。
 道沿いの所々で見かけるこの小さなみかんは、ふくれみかん、漢字で   " 福来みかん"と書くのだそうで、縁起のいい名前なんですね。
普通のみかんと比べても大分小さいです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

皮は薄く香り強く、意外に大きな種があります。
皮を干して、手作りの唐辛子に加えると香り高く仕上がります。
あとは、枝を挿して観賞用になることが多いです。
イメージ 4
でも食べてみると、この酸っぱさが爽快感となって意外といけますよ

この記事に

八ッ場ダム工事見学

紅葉の名所である群馬県吾妻渓谷に、長い間の幾多の困難を乗り越え、
2015年からいよいよ本格的な工事が始められた八ッ場ダム。
その工事現場を見学させてくれるツァーがあると知り、行ってみました。
ちょうど紅葉の時期と重なり、30分前に着いたものの、早々に満員となり、私たちは参加できませんでした。
仕方なく、遠目に見てきました。
イメージ 1

イメージ 2
堤の高さ116m、幅291mの重力式コンクリートダム
総貯水量は1億750㎥ かなり大きいダムになりそうです。
イメージ 3

イメージ 4

見学に向かう人たちの行列が見えます。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ダムが見える不動大橋
イメージ 8

イメージ 9

やがてダム水に埋もれてしまう
イメージ 10

イメージ 14
平成31年度完成予定だそうです。


そこそこきれいな紅葉の山
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

新しくできた川原湯温泉駅
川原湯温泉街がその上に丸ごと移転
イメージ 11

    不動の滝
     細く長く・・・
イメージ 12

日本一短いトンネル 全長7,2m
イメージ 13

この記事に

開くトラックバック(1)

出世明神・高麗神社


日高市にある高麗神社、主祭神は高麗王若光
高句麗が滅びて高麗王若光が一族を連れて日本に亡命、この地を開拓して高麗郡を興しました。
高麗王若光とは、広開土太王と呼ばれ、韓国ドラマの『太王四神記』でペ・ヨンジュンシが、『広開土太王』でイ・テゴンシが演じた王で、
その頃は韓国ファンでとても賑わいました

鳥居をくぐった先に韓国らしい将軍標が立っています
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

二番目の鳥居です
イメージ 4

四神のひとつでしょうか
イメージ 5

イメージ 6

出世の神として有名で、政治家や財界人が多く植樹しています
韓国名も多く見かけます。
イメージ 7

イメージ 8

あの李方子妃の名前も
イメージ 9

境内です
イメージ 10

イメージ 16

イメージ 15

本殿が見えます
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

日高市の地酒 高麗王
イメージ 14

飯能市の酒 天覧山も奉納されています
イメージ 20

イメージ 17
高麗王若光のお墓は、お隣の聖天院にあります


高麗神社の裏にある高麗家住宅
茅葺き屋根の入母屋住宅、国の重要文化財に指定されています
春にはこの枝垂れ桜が見事です
イメージ 18

イメージ 19

お正月には韓国の古式装束を着けたパレードもあります。
11月23日は新嘗祭、参列者を募集していました。

この記事に

夏でも涼しい軽井沢の白糸の滝
何年ぶりでしょうか、今も変わりない佇まいを見せていました
入口です。ここから150m奥に入ります
イメージ 1

間もなく見えてきます
イメージ 4

幾条の白糸のような滝が流れ落ちています
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
 
     *滝を撮るのは難しくて、私の写真では白糸のような感じが伝わりませんよね



観光客は昔より多い。特に外国人が多いのは今はどこも同じですね。
観光バスが何台も連なります。
イメージ 8

イメージ 9

” 大雨の被害を受けて崩れ落ちた裏山"
こんなことがあったのですね
すっかり補修されて今は気付かないほどです。
良かった良かった
イメージ 10

白糸ハイウェーを更に登ると浅間山が見えてきました
先日初冠雪をした雪もすっかり融けていました
イメージ 11

隣に並ぶ小浅間
イメージ 12

溶岩で出来た鬼押し出し
イメージ 13
 
ゴツゴツ感が溶岩そのもの
浅間山は今でも時々噴火します
反対側からは少し噴煙も見えました。
イメージ 14


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事