りゅうのバイクなかま

私の友人が足掛け3年もの歳月をかけてCB400をレストアした記録です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

憧 憬 の 轍


憧 憬 の 轍





2019821日  続・泡 帰郷 番外編10




かつて北海道へは青森から青函連絡船で渡るのが一般的だった。

青森駅が近づく頃、車内ではアナウンスと共に車掌が乗船名簿を配り、北海道へ渡る者は住所と名前を走り書きして桟橋へ向かった。

混雑時に2等船室で座席を確保するためには荷物がどんなに重くても走って乗船しなければならなかった。

それでも間に合わなかった時は通路の端や、時には甲板でおよそ4時間の航行時間を過ごさなければならなかった。

 

船はトンネルにとって代わり、今や新幹線が走っている。


東京―新函館間の所要時間は現在、最短で約4時間。


いずれは札幌まで伸延し、およそ5時間で結ぶ計画と聞いている。

 

 


K美は今回の帰郷にあたり青森から函館までをフェリーに頼るしかなかった。


青森駅で列車を降りてからフェリーに乗るまでに5時間、さらに4時間の船旅だった。


深夜に出航する便しか予約が取れなかったので函館到着は早朝になる。


思い立って東京を出てからローカル線を乗り継ぎ既に25時間、一般的な帰省ではなく小旅行だと考えながら函館を目指していた。

 

青森での約5時間をどう過ごすのか、K美は考えを巡らしていた。


初めて訪れる青森で観光するには時間が足りない。かと言って待つだけでは長すぎる。

 

かつて札幌の小さな設計事務所で働いていた頃の同僚が県内にいることを思い出し連絡を取った。

K美が東京へ行く事を決めた頃、ほぼ同時に退社し彼は青森へ帰った。

仕事の都合で上京する機会があれば連絡を取り合って一緒に食事をしたり、時には酒も飲んだがもう数年会っていない。


東京ではいつもK美の奢りだったので青森では彼に奢ってもらう事にした。

 

 「青森の寿司が食べたい」


 「寿司屋なんてやってねぇべよ、盆中だぞ」


それでも彼が連れて行ってくれた小料理屋では数種類の握り寿司も用意されていた。

何より刺身がうまい。

函館生まれのK美が感心している場合ではないのだが、やはり東京暮らしが長い。

そして彼は何かを察したように言った。

 


 「飲んでもいいよ、俺は付き合えないけどな」

 


美味い刺身にはビールよりも冷えた日本酒がいい。

5時間はあっという間に過ぎた。

店の主人の計らいの折り詰めと1合瓶を手にフェリーに乗ったのは日付が変わる頃だった。

火照る頬を冷ますようにしばらくの間は甲板で夜の海を眺めていた。

この酔いが覚めたら一度結論を出そうと決めて潮風の中で折り詰めを開いた。

 

早朝の函館で賑わっているのは朝市くらいのものだ。

建て替えられた施設は市場と言うよりは観光スポットと呼ぶのが相応しい。

駅のコインロッカーに荷物を預け、電車通りを歩く。

実家の弟にはまだ連絡していない事を思い出して携帯電話の電源を入れた。

 

函館は坂の街だ。電車通りから函館山に向かって幾つもの坂があり、それぞれに名前が付いている。


市電の大町停留所から弥生坂を登った。


弥生坂からは一直線に下る道の向こうに港が見える。


高校生の頃、街路樹が葉を落した晩秋の弥生坂の景色が好きだった。


高校を卒業すると同時に函館を離れ、以来この坂を登った記憶は片手で足りる程度だった。


あんなにも好きだった風景さえ忘れていた。


札幌に比べれば函館は都会とは言えない。


さらに東京へ出てから札幌は“土臭い”都会だったと思うようになった。


弥生坂から港を見下ろしながら、もしかしたらこの旅は、高校を卒業して札幌へ向かったあの日に始まっていたのかもしれないと思った。


港を横切る小さな船を目で追っていると振動と共に鳴った携帯電話に弟の電話番号が表示されていた。



イメージ 1



K美の実家までは函館市内から車で数十分ほどの距離がある。


迎えに行くと言う弟の言葉を遮りながら坂を下った。そして函館駅から再びローカル線に乗った。

 

もしも弥生坂で思った事が的を得ていたとするなら、この旅を一段落させたい。そのためにも自らの足で帰りたかった。



イメージ 2



函館に滞在した2日間、K美はどこへも出かけずに過ごした。


帰郷をどこかで知った旧友からの誘いにも応じずに実家で過ごした。


時々話の辻褄が合わなくなる老いた母との会話や、昔の自分を見ているような甥や姪の姿がK美の中で燻ぶっていた迷いを少しずつ消した。


それはまるで目に見えない小さな気泡がひとつずつ弾けるような時間だった。


そして3日後、弟が運転する車で函館空港へ向かった。


弟には弟なりの苦労があった事も、現在も抱えている事も分かっているが、そんな話をしながら別れたくなかった。

 

「無理なのは分かっているけど、もう一度でいいから青函連絡船に乗りたいね」 


そう言い残して搭乗ゲートへ向かった。


飛行機が羽田空港に着く頃、K美は長かった旅を終わらせる事を決めていた。


そしてこの旅の終わりは次の旅の始まりだと信じていた。

 

開く コメント(0)

憧 憬 の 轍



憧 憬 の 轍




2019818日 風の匂い


 

最長で9連休と言われた今年の盆休みも今日で終わり。


夜のニュースでも交通機関の混雑を大きく取り上げていない。


暑い日は続いているがそれも明日あたりで一段落しそうだ。

 

夕刻、交差点で車を停めた時、ワイパーの端にとまったトンボが秋の始まりを告げているようだった。

 

 





お盆、すなわち仏教用語の盂蘭盆会の事だが、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事らしい。


面倒な講釈はさておいて、ご先祖様が返ってきているにも関わらずバイクいじりは止まらない。

 

競技用、あるいは練習用に必要最低限度に軽量化(?)されていたTLR200は『樵の巨匠』のガレージで着々と再生作業が進んでいる。


作り直したサイドスタンドやスイングアームだけでなく、メインハーネスと共に入手したCDIユニットやレギュレーターなども組み込んでエンジンは復調した。

 

エンジン始動時に心配だったのはスプライン部分が欠けているキックレバー、これも『林道1号』ことT氏から提供されたクラックの入った部品を溶接し、さらにスペアまで作ってみた。




イメージ 1

こんなモンでどーよ?                      


イメージ 2

左側の部品のクラック部分を溶接した

 



イメージ 3

欠損したこの部品も・・・                     



イメージ 4

溶接祭りでスペア完成

 

 

『林道1号』ことT氏のTLR200はバッテリーレス化と共に12v化されている。


6v仕様のエンジンながら発電量が大きいので十分に対応できるし、灯火類もすべてLEDに替えている。


最終的には同様の使用を目指しているがとりあえずは6vのバッテリー仕様で公道を走れるようにする事が目標だ。


そのためには取り払われているヘッドライトやテールランプ、フラッシャーなどを用意しなければならない。

 

『樵の巨匠』の執念が天にとどいたのか盆で帰って来たご先祖様のお力添えか、必要な保安部品は某オークションで手に入った。


これによって当初考えていた“寄せ集め仕様”はほとんどオリジナルに近い形になる。


イグニッションも適当なスイッチで代用しようと考えていたが保管していた部品の中から4極配線のものが見つかり採用決定。



イメージ 5

梱包を解いた保安部品                     


イメージ 6

車種不明のイグニッション

 



イメージ 7

早速の仮合わせ                         


イメージ 8

点灯試験は来週末あたりかな?

 

 

あとはフロントフェンダーとサイドカバーが揃えば外装は一段落だがタイヤの事も忘れてはならない。

『林道1号』ことT氏の車両もオゾンクラックが目立つ。

2台仲良く新しいタイヤで走ってもらわなければ!

 

TLR200の再生作業を手伝ってばかりもいられない。


9月中旬に予定している1泊ツーリングは「国道組」と「林道組」に分かれて目的地を目指す予定だ。


いやおうなしに「林道組」を命じられ、使う予定のXL250Rはシリンダーヘッドからオイルが滲んだままだ。


バランサーが付いているとは言え単気筒エンジンの振動は小さくない。

 

エンジンをフレームに“吊り下げた”構造のためシリンダーヘッド周りに振動が集まってしまうらしく、「持病」とも言われている。


増し締めを繰り返してきたヘッドカバーのボルトは既に限界を超えている。


完治は無理だとしても何とかならないものだろうか・・・。


とりあえずヘッドカバーをパッカーンと外して暫し考える。





イメージ 9

ハイ、早速のヘッドカバーめくり                


イメージ 10

パッカーンとやるのは簡単だけど・・・

 

 

好調だったはずの初期型XL125もエンジンが突然ストールするとの事。


次の週末は忙しくなりそうだ。





開く コメント(0)

憧 憬 の 轍


憧 憬 の 轍




2019811日 泡 番外編9



つけっぱなしのテレビは帰省客で混雑する駅のホームや、渋滞する高速道路を映し出していた。


疲れを隠せない顔でインタビューに答える男や汗まみれで子供の手を引く女、あるいは大きなスーツケースを持った旅行客で混雑している空港の映像。


それらはどれもが毎年繰り返されるこの国の、ひとつの「風物詩」だとK美は思っている。


東京で夏を迎えるのは今年で何回目だっけ? 

その答えが34回目だと知っていながら簡単な引き算を最後までしたくなかった。

恋人の後を追って札幌から上京した頃、こんな気持ちで街を眺める日が来るなんて考えた事も無かった。

いわゆるバブル景気に沸き立っていた東京は何もかにもが異常だった。

大きな窓を開けてベランダに出てみる。

温度と湿度と街の喧騒に身体が一気に汗ばむ。

何度経験しても慣れない関東の夏に、やはり自分は何時までも北海道で生まれた女なのだと思った。



恋人は機材メーカーに勤めるサラリーマンだった。

景気と共に人手が足りなくなって本社に呼ばれただけで、栄転だった訳ではなかった。

一方K美は一級建築士の資格を持っていた事も幸いして仕事はすぐに見つかった。

二人が借りたアパートは家賃が札幌にいた頃の3倍もして驚いたが、それよりも驚いたのは洗濯機を外に置くことが東京のアパートでは当たり前と言う事だった。



所詮は泡、景気は次第に萎んだ。

K美も2度職場を変わった。

系列会社で採用されたが実直な仕事ぶりが評価されて本社勤務になっていた。

しかし夫となった男の勤め先は合併や資本の変更などで、待遇は悪くなるばかりだった。

互いの気持ちに溝が生じ始めたのもその頃で、結婚生活は長く続かなかった。


イメージ 1


バブル景気が完全に過去のものになろうとしていた頃、K美の仕事は多忙を極めていた。

大手企業は生き残るために必死だった。

そんな状況でも再婚のチャンスは何度かあったが仕事をしている方が楽しかったし、ひとりでいる方が楽だった。

耳にタコができるほど訊かれた「ひとり暮らしは寂しくないのか」と言う質問も最近はしばらく聞いていない。

事実、同年代の女たちの多くには家族があり、孫までいて当たり前の年齢だ。

あの6年の間に子供の一人も産んでいれば今、考えは全く違ったかもしれない。

後悔はないとは言い切れないが、今となってはどうする事も出来ない。

ひとつだけはっきりしているのは、そんな人生を選んだのは他ならぬ自分だと言う事だ。


「いつまで経っても関東の夏には馴染めない」そう思う度に一抹の寂しさを感じるようになったのは2年ほど前からだ。

それは家庭がないとか子供がいないとかではなく、帰る場所を見失ったような気持だった。

生まれ故郷の函館に行ってみようと思った。

函館では家督を継いだ弟が老いた母の面倒を見ながら暮らしている。

社会人になった姪や甥たちの顔も見てみたい。

幸運にも7月の下旬に抱えていた仕事が一段落していたので、今年は10日ほど盆休みが採れている。



新幹線の座席に空きがない事など問い合わせるまでもなく分かっていた。

ローカル線を乗り継ぎながら旅行気分で帰ってみようと思った。

津軽海峡を渡るまでは弟にも連絡しない事にして携帯電話の電源も切った。


イメージ 2


この盆休みが明ければK美は次の仕事の準備に取り掛からなければならない。

10月には本格的に忙しくなり、およそ2年の工期を終えるまで今年のような休みは採れないだろう。

新幹線に比べれば明らかに遅い列車の座席でゆっくりと自らの進退を考えてみたいと思った。



恋人の後を追って上京した時は千歳から羽田まで、空路でおよそ2時間だったのが今はその10倍もの時間をかけて函館に帰ろうとしている。

移り変わる景色を眺めているともっと長い時間がかかってもいいような気がした。

駅のホームで立ち食いの蕎麦を啜ったり駅弁を買ったりするのは何年ぶりの事だろう。

乗り換えの駅で買った缶ビールを開けた時、泡が吹きこぼれて落ちた。

濡れた指を拭いもせずに、まだ泡立つ缶を口に運んだ車窓に夕闇が迫っていた。

 

 

開く コメント(0)

憧 憬 の 轍



憧 憬 の 轍




201984日 暑さ寒さも彼岸まで



暑い日が続いている。


梅雨寒とか長雨とか、連日のように耳目にした単語は10日ほど前から猛暑とか酷暑に変わった。


エアコンの無い部屋で1日中窓を開け放って過ごしている。


夜半、窓から静かに吹き込む風は涼しく心地好い。


虫の鳴く声が聞こえないので、まだ夏なのだと思っている。

 

 



朝夕は涼しいが昼間はさすがに暑い。


海に出かけたかった8月最初の日曜日はヤボ用に追われて午前中が過ぎた。


出かけたい気持ちはあっても出鼻をくじかれたと言うか、気が乗らない。


そんな日はおとなしく後回しにして来た作業に勤しむに限る。

 

作業場に行く前にTLR200の進み具合が気になって『樵の巨匠』のガレージに寄ってみると入口はナンバーの付いたTLR200が!


 「いつの間に」と思ったがよく見ると『林道1号』ことT氏のTLRだった。


イメージ 1

いつの間に?・・・ 手前はKENのモンキー        


イメージ 2

本体は奥でまだこの状態

 

 

巨匠は仕事が忙しいらしくガレージと仕事場を往復しているが、仕事の合間にバイクの修理なのか修理の合間に仕事をこなしているのか・・・。


ガレージの奥で丸裸同然の車両を見るとサイドスタンドが微妙な角度で取り付けられていた。


聞けば足りない長さを補ったパイプ材はエアコンプレッサーの部品だったらしい。


イメージ 4

作り直したサイドスタンド                    


イメージ 3

製作過程 パイプ材を継いだ跡が見えない

 

 

『林道1号』のT氏が同型車を貸してくれたので、今後必要な部品や修理の方向も考えやすくなった。


先週まで懸念事項のひとつだった電装系も、某オークションでメインハーネスやCDIユニットなどを入手した。


リアブレーキのスイッチは車種不明ながら保管していた部品の中から見つかったが、フロントブレーキのスイッチは特殊な形だった。


純正部品の在庫を問い合わせると最後の1個だったので速攻で購入したのは言うまでもない。


おそらく次の週末までにスイッチも手配済みのチェーンも届く。


オゾンクラックだらけのタイヤを指でなぞりながらバッテリーの事やサスペンションの事も気になりだしていた。

 

作業場に戻ってまず手を付けたのは初期型XL125のマフラーとエギゾーストパイプのパッキンの交換。


3年前はキャブレターをPE28で試したり自転車のフレームから作ったエギゾーストパイプを付けたりと、「とりあえず」だらけだったが、奇跡的に見つかった純正のエギゾーストパイプやPE24との組み合わせが思いの他好調な事もあって、そろそろ卒業させてもらわなければならない。


ステーターコイルの12v化と言う最終的な宿題は残るが・・・。




イメージ 5

ここに入るのは何度目だろう・・・               


イメージ 6

再利用しまくったパッキン類

 

 

本来パッキンやガスケットやオイルシールなどは再利用するものではない。


それでも修理費を安く収めるために使えるものは使ってきた。


限界とそれを越えた時の代償を考えると出来るだけ再利用はするべきでない。


分かっていても徹底できないのは単に貧乏性だからか、それとも素人の悲しい性か。

 

 

今日の作業その2CB400Fourのカムチェーン調整。


先週末に三陸方面まで一人で走ってから気になっていた。


一人で走っていると自分が乗っているバイクの状態に集中できる。


話す相手もいないし同行者に気を使う必要も無いので当たり前だが、特に音には敏感になれる。

 

CB400Fourのカムチェーン調整は難しい作業ではないが、これまでの経験から水で濡らした軍手が必需品だと思っている。


アイドリングを1,200rpmで安定させて行うようにと整備マニュアルにも書かれているが、暖機を終えたエンジンやエギゾーストパイプは触れれば火傷してしまうほど熱い。


カムチェーンテンショナーを固定しているボルトとロックナットを緩めやすくするために、まずはエンジンハガーを外す。



イメージ 7

この三角形のプレートが邪魔者                


イメージ 8

特殊なアジャスティングボルト Oリングも交換

 

 

マニュアルには1,200rpmでこの特殊な形のアジャスティングボルトを緩め、締め直せば調整は完了と書かれているが、ボルトが押さえているプッシュバーとスプリングは固着しかけている事が多い。


プッシュバー上部のロックボルトも抜いて潤滑剤を吹き込む。


プッシュバーやテンショナー本体の動きを完全に確認するためにはエンジンを降ろしてクランクケースを割らなければならない。


近い将来、そんなことをする日が来るのだろうが、その時はカムチェーンガイドやテンショナースリッパ―を交換する事になるだろうと思っている。

 

 一度暖機してから停めたエンジンを再始動しアジャスティングボルトを緩める。


微妙なノイズの変化聞き分けるのは難しいので、クランクケースにあてたドライバーの柄を耳に当てながら。



イメージ 9

アジャスティングボルトの締め直し              


イメージ 10

マニュアルから

 

 

最近の郵政省は不祥事を挽回しようとしているのか、荷物の配達が早くなったような気がする。


利用者にとっては有り難い事だ。

 

初期型XL125 のマフラーやエギゾーストパイプのパッキンは次の週末に合わせて届くだろうと思っていたが、夕刻、帰宅するとポストの側に小箱が届いていた。

早速開封して中身を確認した。輸出用のXL175で探して見つけた純正部品だった。





イメージ 11

125175もこのあたりは同じ                 



イメージ 12

TLR200用のハーネスなど

 

 

パッキンの交換は次の週末の、ともすれば盆休み中の作業だろうと高を括っていたが、こんなタイミングで届いたとなれば『樵の巨匠』のように「仕事の合間のバイク修理か、バイク修理の合間に仕事」か、みたいな状態になりそうだ。

 

 

「もう8月か」。


そんな言葉をよく耳にする。


子供の頃なら夏休みの残った日数数えていたかも知れない。


次の週末には実質的な盆休みが始まる。


宗教的な意味を持つ「盆休み」だが単なる「夏休み」として受け止めている人も少なくない。


9連休」なんて聞くとなおさらにそう思う。


次の週末は『山の日』だがやはり海に行きたい。

 

 




開く コメント(0)

憧 憬 の 轍


憧 憬 の 轍



2019728日 熱いのか、暑いのか


 

「今年の夏にはもう期待していない」と書いた途端に、いきなり夏が来た。


わずか1週間のうちに最高気温が10℃以上も上がり、夜遅くまで涼しくならない。


さらに真夏のような日が差したかと思えば、一転曇りだし雨粒が落ちてきたり、


すぐに晴れ上がって蒸し暑さが増したりと相変わらず天気に翻弄されている。

 

 



岩手県は野田村から預かったTLR200を『樵の巨匠』に任せて以来、作業場は少々ヒマな状態になっている。


「プロジェクト・C92-R」を再開させるべく洗油の底に溜まった泥を捨てたり、使えなくなった工具を処分したり、この先使うアテのない部品も整理したりで、いつもとは違った時間が過ぎていた。

 

一方『樵の巨匠』は久々のバイク修理に喜々としている。


簡単にエンジンが再始動し、「こんなもんだべ」と言った途端に調子が悪くなった。


どうやらキャブレターのせいではなくCDIユニットが壊れかけている。


それでも空き時間にせっせと修理に精を出している。

 

登録に必要な書類とフレームもまだ入手出来ていないがスイングアームに付いているサイドスタンドの修理。


このスタンドは2本のボルトでスイングアームに固定されるが、うち1本が錆と固着で破断してしまった。

ボルトの鋼材は最も硬い種類だったようで、エキストラクターの先端がボロボロになっても緩む気配すらない。

そんなことで諦めないのが巨匠たる由縁なのだが、いっそボルト穴ごと作り直す作戦だ。



イメージ 1

無残にもボルトに負けたエキストラクター           


イメージ 2

代用品の正体は?

 

 

パイプ状のボルト穴を溶接ごと削り落とし、ロウ付けされていたカラーに商売道具のリューターで切り込みを入れ、ポンチとタガネで切り離す。


φ8㎜のボルトを受けるのは建築工事の現場で使うコンクリート用のアンカー。


M8用のアンカーは長さも丁度よくカラー代わりのワッシャーを溶接し、さらに本来のカラーと同じサイズに形成してからスイングアームに溶接した。



イメージ 3

溶接する前に仮合わせ                     


イメージ 4

そして溶接完了

 

 

カラー代わりのワッシャーを本来のカラーと同じ寸法にするあたりの拘りが実に『樵の巨匠』らしい。


かくしてサイドスタンドは無事スイングアームに付き一件落着となるはずだったが、実はこのスタンドは以前、別な車両で使うために50㎜ほど切断されていた。


とりえずサイドスタンドとしては使えなくないが、それはそれで気にいらない。


本来の長さに戻すために使うφ18㎜のパイプ材は見つかったようだが、それが廃材だったのか、あるいは何かの機械から取り外したものなのかはまだ聞いていない。

 

破断し欠損のあるキックレバーのスプライン部分は『林道1号』のT氏からもらったものに交換する予定だが、この部品もクラックが入っていてそのまま使う訳にはいかない。


グラインダーと溶接機が大好きな『樵の巨匠』の、久しぶりのバイク修理にこれほど適した“復帰祝い”はない。



イメージ 5

これはこれで気にいらない                   


イメージ 6

これもこれで何とかしなければ

 

 

汗まみれで作業をする『樵の巨匠』を見ているのは楽しくもあり懐かしくもある。


しかし不穏な一言もあった。


「このCDIユニット、作れないか?」。


純正部品は問い合わせるまでもなくメーカー廃番の部品だ。


同系列の車種に使われているユニットが使えるかどうかも分からない。


これまでいろいろな部品を解体して来たがCDIやレギュレーターやレクチファイヤなどは解体してみようとさえ思った事が無い。


近々に電気系統に詳しいメンバーを集めて御意見を伺おうと思っている。

 

それにしてもこのTLR200は乾燥重量90㎏と、他の車種に比べ群を抜いて軽い。


そのためか各部の造りが華奢だ。


同じオフロード系でもモトクロスとは対極的なトライアル競技において、「軽量」がどれほど武器になるのかは考えるまでも無い。


当初は“寄せ集め”な仕上がりになるかもしれないが、このバイクが公道を走れる日を待つことにしようと思う。

 






開く コメント(0)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事