ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫全体表示

九州の琺瑯看板

馬明は9月末に7泊8日で鹿児島市から、熊本市、博多駅経由で北九州市内で、主に古い水道蓋を探していました。

このときに、古い木造家屋などで昭和レトロが漂う琺瑯看板を見つけました。
イメージ 1

カネボウ化粧品の琺瑯看板は、普洱(プーアル)茶を売っているお店にありました。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


ブログを開設してから、10月14日で8年273日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年92日です。




これは鹿児島訪問記の第3弾&琺瑯看板第18弾です。
今回は『九州の琺瑯看板』です。 



★九州の琺瑯看板★
九州では、今年4月に居酒屋琺瑯看板(ホーロー看板)を、長崎市で見ました。

琺瑯看板は、かつて屋外広告で使用された看板で昭和レトロを感じさせてくれます。

9月末〜10月初旬にかけて、九州訪問で見た琺瑯看板を県ごとにご覧ください。

1 鹿児島県
普洱(プーアル)茶を売っているお店にありました。
イメージ 2

このお店では、以前はカネボウ化粧品を販売していたのでしょうか(再掲)。
イメージ 1

こちらは居酒屋です。
イメージ 3

ここにキリンビールの一番搾りがありました。
イメージ 4

この琺瑯看板は、横浜でも見かけます。

こちらは、倉庫の壁にあった琺瑯看板の注意書きです。
イメージ 5

「無断出入を禁ず」は、「火気注意」よりも少なめでしょう。

2 熊本県
これは、熊本市内で見た、はり、きゅう施術所の琺瑯看板です。
イメージ 6

こちらは、1880(明治13)年に建てられた老舗店です。
イメージ 7

このお店の2階部分に、消火栓の琺瑯看板がありました。
イメージ 8

ここに地域の消火栓が置いてあった印です。似たものを福岡県でも見ました。

3 福岡県
北九州市で見た消火栓です。熊本市で見た消火栓との大きな違いは、「消」一文字だけ。
イメージ 9

こちらは、古い木造家屋に大和みそと、マルフクの琺瑯看板がありました。
イメージ 12

マルフクは、電話加入権売買・電話担保金融業者でしたが、2009(平成21)年1月には貸金業を廃業しました。このような電話金融の看板が、全国各地の街にまだ残っています。

このお店は、酒屋です。店内では立ち飲みを何人もされていました。
イメージ 10

ここに、マルキン(丸金)醤油の琺瑯看板が2枚ありました。
イメージ 11

これは、八幡市マンホールを撮影した様子です。遠くに黄色い琺瑯看板が見えます。
イメージ 13

これが、お目当ての八幡市コンクリート製マンホールです。
イメージ 14

マンホールの蓋にある紋章は、1903(明治36)年9月24日に制定した八幡市章です。市章は、八幡(はた)から八つの日章旗を表したものです。

ミツワ醤油の琺瑯看板です。
イメージ 15

ミツワ醤油醸造場(刀根醤油)の建物に飾られていました。お店の方のお話では70年ほど前のものとのこと。

販売されている醤油です。お土産に3本セットを頂きました。有り難うございました。
イメージ 16

門司港駅で下車したホームの真向かいで、青い駅名琺瑯看板を見ました。
イメージ 17

今では、こういう駅名琺瑯看板も少ないです。



皆さん、『街の散策で琺瑯看板』を見ませんか!?




鹿児島訪問記は、第1回鹿児島ラーメンを味わう、2回日本瓦斯のガスプレートがあります。

琺瑯看板シリーズは、第1回懐かしの琺瑯看板、2回お好み焼き屋の琺瑯看板、3回秦野市内の琺瑯看板、4回琺瑯電話板、5回お好み焼き居酒屋の丸ポストと琺瑯看板、6回中華ソバ屋の琺瑯看板、7回不用になった宅配便系琺瑯看板、8回塩の琺瑯看板、9回ランプの琺瑯看板、10回函館の琺瑯看板、11回サッポロビールの琺瑯看板、12回親切第一の蓋と琺瑯看板、13回醤油の琺瑯看板、14回トタン板の琺瑯看板、15回新聞の琺瑯看板、16回たばこの琺瑯看板、17回長崎市 居酒屋の琺瑯看板があります。

◎ 鹿児島訪問記に関連して、
福岡訪問記は、第1回明太子オムライスとNTT話電蓋、2回明治屋レリーフと旧門司市マンホール、3回国際友好記念図書館と桜、4回八幡製鐵のマンホールとトタン板の琺瑯看板、5回海鮮丼と量水器(処理水)、6回戸畑市マンホールと御馬橋、7回おポンプ様と松原水、8回戸畑市量水器と止水栓、9回福岡市の消火栓と送水口、10回九州電力のマンホール 、11回小倉市のマンホールとオールドプレート〜送水口〜、12回門司港の丸型ポスト、13回門司港駅の帰り水、14回北九州水道組合の量水器、15回福岡市水道局の水道専用プレート、16回戸畑市マンホールの発見と量水器の新たな確認があります。

長崎訪問記は、第1回長崎の白ポスト、2回大崎神社の境界石、3回丸山公園の龍馬像と八重桜、4回醤油の琺瑯看板、5回旧グラバー住宅の花、6回長崎市水道の小蓋と猫、7回長崎市の花 あじさいのマンホール、8回津田式手押しポンプと長崎かんぼこ、9回カステラ元祖 松翁軒、10回長崎がボウリング日本の発祥地!、11回西部ガスと東邦ガスのガスプレート 、12回長崎県庁本館と横濱ビルのオールドプレート 〜送水口〜、13回長崎のオールドプレートと蘇州林の炒飯、14回たばこの琺瑯看板(ホーロー看板)、15回長崎市松が枝町の水準点とキャラクター、16回長崎市 傾斜地の防火対策、17回長崎市 居酒屋の琺瑯看板があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 



★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 18






※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。

この記事に

開くトラックバック(148)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事