ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 8





マンホールウォークを記念する第100弾!!




★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水町村組合は水源を江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設け取水し、金町浄水場通水浄化後の1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町、合計3郡12町へ給水開始しました。

江戸川上水町村組合(「江戸川上水」と略)は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  

★2 江戸川上水の単口消火栓★
江戸川上水の蓋は、路上文化遺産DB“江戸川上水町村組合”に登録されています。

単口消火栓はマンホールウォーカーのバイブル・林丈二氏著“マンホールのふた 日本篇”34頁に、「双口と比べると極端に少なく、荒川区内に数枚ある。他の区ではまだ見つけていない」と記述されています。
イメージ 1

イメージ 2

馬明はその単口消火栓を足立区千住3丁目で発見!

この消火栓です。
イメージ 3
 
イメージ 4

消火栓は右書きです。

紋章をご覧ください。
イメージ 5

紋章は下の画像と遜色ない良好な状態でした。
イメージ 6


“消火栓”の寸法を、恒例の竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 7



皆さん、『江戸川上水の蓋』を見ませんか?!

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事