ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

懐かしの琺瑯看板

イメージ 11

昔懐かしのオロナミンC!




これは琺瑯看板の第1弾です。

琺瑯看板シリーズの1回目は『懐かしの琺瑯看板』です。


 
★1 琺瑯看板★
琺瑯看板(ホーロー看板)は、かつて屋外広告で使用された看板です。

1960(昭和35)年代に大塚製薬が、大村崑を採用したオロナミンCは有名です。
居酒屋や焼肉屋などでは店先や店内に琺瑯看板を飾って、昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。


★2 三ノ輪橋駅★
三ノ輪橋駅は、都電荒川線の始発停留場です。

三ノ輪橋駅では、手入れの行き届いたバラがきれいです。
イメージ 1

イメージ 2

ここが三ノ輪橋駅の停留場です。
イメージ 3

早稲田行の都電後部車両の左手に、昔懐かしい琺瑯看板があります。
イメージ 4


これから懐かしの琺瑯看板をご覧ください。

最初は、大村昆と松山容子の大塚系琺瑯看板です。これらの商品は大ヒットしました。
イメージ 5

これは大塚食品のボンカレーです。当時の画期的商品でした。
イメージ 6


こちらは、1910(明治43)年に金鳥と商標登録した金鳥琺瑯看板です。
イメージ 7

金鳥琺瑯看板は、蚊取り線香とキンチョールの2組セットです。

これは運動靴で有名なアサヒです。「波にアサヒ」マークは1914(大正3)年に登録された商標です。
イメージ 8

現行会社のアサヒコーポレーションの沿革によれば、日本合成ゴムの前身「日本足袋株式会社」タイヤ部から、1931(昭和6)年に独立したのが世界的なタイヤーメーカー「ブリヂストンタイヤ株式会社」です。

最後は1907(明治40)年に誕生した亀の子束子です。
イメージ 9

1915年(大正4)年7月2日に、「亀の子束子」の特許が交付された日が“たわしの日”です。
「亀の子束子」・「亀のマーク」の商標権登録は1908(明治41)年です。



皆さん、『琺瑯看板』をご覧になりませんか?!





★香港株投資銘柄ツール★
上海IIさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 10



この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事