ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

森永牛乳の木製牛乳箱

イメージ 6

森永牛乳の木製牛乳箱!






これは牛乳箱シリーズの第7弾です。


1回千住の牛乳箱、2回明治牛乳販売店の古い看板、3回タカナシ乳業の牛乳箱、4回明治乳業の牛乳箱、5回明治乳業の木製牛乳箱、6回明治牛乳の木製牛乳箱に続く、7回目は『森永牛乳の木製牛乳箱』です。



★1 森永乳業★
森永乳業は、1917(大正6)年9月1日 に日本煉乳株式会社として創立し、1920(大正9)年5月に森永製菓株式会社と合併しました。
・1927(昭和2)年9月に入って、森永製菓株式会社煉乳部から分離して、森永煉乳株式会社が新たに設立されました。

・1941(昭和16)年5月に森永煉乳株式会社を改称し、森永乳業株式会社となりました。
・その後、再び森永製菓と合併し、社名を改称して、1949(昭和24)年4月13日に 森永食糧工業株式会社から森永乳業株式会社が設立しました。

・お馴染みの森永牛乳は1929(昭和4)年12月に、森永ヨーグルトは1937(昭和12)年7月にそれぞれ発売を開始しました。


★2 森永牛乳の木製牛乳箱★
東京でマンホールウォークをしていると、極たまに退色した古い木製牛乳箱などを見かけます。
しかし、都内で森永牛乳の木製牛乳箱だけは、今まで見たことがありませんでした。

これは都内で見たプラスチック製牛乳箱です。箱は森永ビヒタスと記されていました。
イメージ 1

森永乳業ビヒタスは、”ヨーグルト”です。

森永牛乳の木製牛乳箱は、神奈川県内ですでに2回見つけています。
今回は念願だった森永牛乳の木製牛乳箱を、初めて横浜で見つけました。
イメージ 2

この木製牛乳箱は屋根の下に置かれていましたので、退色しながらも文字は確実に読めました。

このようにかなり古い木製牛乳箱でした。箱は”森永ホモHOMO牛乳”と記されていました。
”森永ホモ牛乳”の上にある文字はウルトラプロセスと読めます。

森永ホモ牛乳は1952(昭和27)年の発売です。
ホモとはホモジナイズ工程で乳脂肪分を均一化した牛乳を言います。
イメージ 3

この木製牛乳箱の側面は、”森永ヨーグルト”と記されています。

森永牛乳のロゴマークをご覧ください。
イメージ 4

これはエンゼルマークです。
この木製牛乳箱は恐らく昭和20年代後半以降に設置されたものと思われます。

※ こちらで森永牛乳の牛乳瓶の変遷をご覧になれます。



皆さん、『街角で牛乳箱』をご覧になりませんか?




★香港株投資銘柄ツール★
上海IIさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 5



この記事に

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事