ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 9

東京で初めての森永牛乳木製牛乳箱






これは牛乳箱シリーズの第12弾です。




★1 森永乳業★
森永乳業は、1917(大正6)年9月1日 に日本煉乳株式会社として創立し、1920(大正9)年5月に森永製菓株式会社と合併しました。
・1927(昭和2)年9月に入って、森永製菓株式会社煉乳部から分離して、森永煉乳株式会社が新たに設立されました。

・1941(昭和16)年5月に森永煉乳株式会社を改称し、森永乳業株式会社となりました。
・その後、再び森永製菓と合併し、社名を改称して、1949(昭和24)年4月13日に 森永食糧工業株式会社から森永乳業株式会社が設立しました。

・森永乳業の商品は1929(昭和4)年12月に森永牛乳、1933(昭和8)年9月に森永チーズ、1937(昭和12)年7月に森永ヨーグルト、1947(昭和22)年6月に森永アイスクリームをそれぞれ発売しました。


★2 森永牛乳の木製牛乳箱★
東京でマンホールウォークをしていると、極たまに退色した古い木製牛乳箱を見かけます。
都内では森永牛乳の木製牛乳箱を、今まで一度も見たことがありませんでした。

それが今回初めて、墨田区内で森永牛乳の木製牛乳箱を見つけました。
イメージ 1

この森永牛乳木製牛乳箱は事務所の入り口にあり、見つけた日はお休みでした。

この森永牛乳の木製牛乳箱を、正面からご覧ください。
イメージ 2

赤字で二段組に”森永牛乳”と記され、その間に黒字で「ウルトラ・プロセス」と書かれていました。

この木製牛乳箱は右側が壁側に取り付けられていたため、当時の売り出し商品はわかりません。
イメージ 3

また、この森永牛乳の木製牛乳箱には、何故か今まで見たエンゼルがありません。

これまで、横浜、藤沢など神奈川県内で森永牛乳木製牛乳箱を3回見ています。

これらに必ず付いていた森永牛乳のロゴマーク”エンゼル”をご覧ください。
イメージ 4

黄色地に赤いエンゼルマークはまさに天使のようです。

おわりに、神奈川県内で3か所で見つけた森永牛乳木製牛乳箱をご覧ください。

これは藤沢で見つけた森永牛乳木製牛乳箱です。
イメージ 5

この木製牛乳箱は上山田温泉から藤沢まで約170キロメートルの距離を旅した越境牛乳箱です。

こちらは大磯で見つけました。新聞・郵便受けへの立派な再活用です。
イメージ 6

牛乳瓶の取り出し口は上部、左側と2種類でした。

これは横浜で見つけました。↑の木製牛乳箱と同様に白いエンゼルでした。
イメージ 7

※ 木製牛乳箱に書かれた「森永ホモHOMO牛乳」とは、1952(昭和27)年の発売です。
ホモとはホモジナイズ工程で乳脂肪分を均一化した牛乳を言います。

この木製牛乳箱の右側面は、すべて”森永ヨーグルト”と記されていました。

※ こちらでは森永牛乳の牛乳瓶の変遷をご覧になれます。



皆さん、『街角で牛乳箱』をご覧になりませんか?




★香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 8



この記事に

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事