ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

★明治牛乳の木製牛乳箱★






これは牛乳箱シリーズの第15弾です。





★1 明治乳業★
明治乳業は、1917(大正6)年12月21日 に極東練乳株式会社として設立し、商号を1940(昭和15)年に明治乳業株式会社と改称した日本を代表する乳業メーカーです。

馬明もかつては明治乳業の零細個人株主でした。
私が株を保有していた時代は、経営統合した明治製菓には株主優待はありましたが、明治乳業はありませんでした。
今は株式を100株以上保有していれば、明治ホールディングスの株主優待として、明治グループの製品詰合せが年1回贈呈されます。
 
明治乳業の本社は当時、東西線東陽町駅近くにありました。
現在この場所は、明治乳業が明治製菓と経営統合した株式会社 明治の本社になっています。
イメージ 2


★2 明治乳業の木製牛乳箱★
今年、都内でマンホールウォークをしていた時に、古い明治乳業の木製牛乳箱を2度見つけました。

初めて見つけた退色した明治乳業の木製牛乳箱は、このような古い木造家屋の軒先にありました。
イメージ 3

木製牛乳箱は太陽光線による長期間暴露で変色が著しく、文字の解読は困難でしたが、箱上段右手に“明”がかすれながらも見えました。

その後、この木製牛乳箱の木目をよく見てみると、ロゴマークの右側が"明治"、左側が"牛乳"と記されているように見えてきました。


もう一つは今年3月に入って、↑の木製牛乳箱より、もっと状態が良い明治牛乳の青い木製牛乳箱を、都内の民家で見つけました。
イメージ 4

この木製牛乳箱は上蓋に釘止めがされて、使えない状態でした。

今回は台東区内の路地で、明治牛乳の青い木製牛乳箱を廃木造家屋で見つけました。
イメージ 5

これは見た様子からも、↑の明治牛乳木製牛乳箱よりも悪い状態でしたが、初めて見つけた木製牛乳箱よりは良い状態でした。

正面から撮った木製牛乳箱をご覧ください。
イメージ 6

木箱は青地でロゴマークが真ん中にあり、明治牛乳は右側に明治、左側に牛乳と白地で記されていました。
これは前回見つけた木箱が上段に明治、下段に牛乳と"横書き"に対し、"縦書き"配列でした。

牛乳瓶を取り出す木箱の開閉も横開きで、一番最初に見つけたタイプでした。ちなみに、二番目に見たのは上蓋開閉式でした。

もう一つの違いは前回の木製牛乳箱は右側が壁側に取り付けられていたため、当時の売り出し商品がわかりませんでした。
イメージ 7

これに対して、こちらの木箱は”ビタミンミネラル添加 ビタ明治牛乳”でした。

このロゴマークをアップした画像をご覧ください。
イメージ 8

このロゴマークでは、明治乳業創業当初の社章でアサヒマークに「乳」を組み込んだデザインです。


明治牛乳木製牛乳箱が、よくこの場所に残っていました。


※ こちらでは明治牛乳の牛乳瓶の変遷がご覧になれます。


皆さん、『街角で明治牛乳木製牛乳箱』をご覧になりませんか?



★香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 9



この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事