ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

肥料・飼料の琺瑯看板!





これは琺瑯看板の第3弾です。


琺瑯看板シリーズは、第1回懐かしの琺瑯看板、2回お好み焼き屋の琺瑯看板に続く、
3回目は『肥料・飼料の琺瑯看板』です。




 
★1 琺瑯看板★
琺瑯看板(ホーロー看板)は、かつて屋外広告で使用された看板です。

1960(昭和35)年代に大塚製薬が、大村崑を採用したオロナミンCは有名です。
居酒屋や焼肉屋などでは店先や店内に琺瑯看板を飾って、昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。




★2 肥料・飼料の琺瑯看板★
この日も秦野町水道の蓋を探しに、小田急小田原線秦野駅で下車し、県道705号線沿いをマンホールウォークして丸ポストを見つけた後に、この場所で琺瑯看板を見かけました。
イメージ 2

ここには”米 知事登録小売業者”の琺瑯看板↓があるように、米屋の倉庫のようです。
イメージ 3

今でも倉庫として使われているかは不明ですが、当時は肥料・飼料の琺瑯看板があるように、これらの取引もしていたのでしょう。
イメージ 4

ホーロー看板は倉庫の正面に、宇部興産のアンモホスカ(高度化成肥料)、福栄肥料のオールマイテイ(有機化成肥料)、協同飼料のブタゲンがありました。
イメージ 5

オールマイテイのシンボルは百獣の王ライオンでした。
オールマイテイはまさに有機化成肥料では王者の風格さえ感じました。
イメージ 6


それと、米 知事登録小売業者琺瑯看板の下には、協同飼料の琺瑯看板もありました。
イメージ 7

協同飼料は1946(昭和21)年9月19日に設立した会社で、本社は横浜にあります。
社章は現在も紫色矢印のとおりで変わりません。
イメージ 8


この近くで「家庭用石炭なら・・・・太平洋炭」の琺瑯看板も見かけました。
イメージ 9

これは太平洋炭礦の琺瑯看板と思えます。 




皆さん、『琺瑯看板』をご覧になりませんか?!





★香港株投資銘柄ツール★
上海IIさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 10



この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事