ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

これが森永牛乳の木製牛乳箱






これは牛乳箱シリーズの第21弾です。





★1 森永乳業★
森永乳業は、1917(大正6)年9月1日 に日本煉乳株式会社として創立し、1920(大正9)年5月に森永製菓株式会社と合併しました。
・1927(昭和2)年9月に入って、森永製菓株式会社煉乳部から分離して、森永煉乳株式会社が新たに設立されました。

・1941(昭和16)年5月に森永煉乳株式会社を改称し、森永乳業株式会社となりました。
・その後、再び森永製菓と合併し、社名を改称して、1949(昭和24)年4月13日に 森永食糧工業株式会社から森永乳業株式会社が設立しました。

・森永乳業の商品は1929(昭和4)年12月に森永牛乳、1933(昭和8)年9月に森永チーズ、1937(昭和12)年7月に森永ヨーグルト、1947(昭和22)年6月に森永アイスクリームをそれぞれ発売しました。


★2 森永牛乳の木製牛乳箱★
馬明がマンホールウォークで森永牛乳木製牛乳箱を見つけた場所は、東京、横浜、藤沢など5箇所です。

今回は初めて秦野で秦野町水道の蓋を探していたときに、路地の廃家で黄色い木箱を見つけました。
イメージ 2

イメージ 3

この家にはプロパンガスが取り付けられていますが、後ろの家も含めて人は住んでいない様子でした。

この森永牛乳木製牛乳箱をご覧ください。
森永牛乳木製牛乳箱は上蓋方式で、木箱正面が真二つに割れていました。
牛乳瓶を取り出し口には紙が詰まっていました。
イメージ 1

この木製牛乳箱は、上段に”エンゼル”が、その下はわかりにくいですが白抜きの「ウルトラ・プロセス」、その下は赤字で”森永ホモ牛乳”と記され、ホモの下はHOMOでした。

森永ホモHOMO牛乳は1952(昭和27)年の発売で、ホモとはホモジナイズ工程で乳脂肪分を均一化した牛乳を指します。

以前この木箱のデザインと似た森永牛乳木製牛乳箱を藤沢市内で見つけています。
こちらです。
イメージ 4

秦野の木製牛乳箱も同じ黄色地ですが、大きな違いは藤沢の木箱は縦長タイプで、ウルトラ・プロセスが黒字で配置、エンゼルマークの大きさも異なります。

木製牛乳箱には当時の売り出し商品がわかります。正面左側をご覧ください。
イメージ 5

売り出し商品が目立つように赤字で≪保険飲料≫森永マミーと記されていました。
 ※ 森永マミーは1965(昭和40)年から発売です。
今まで見つけた木製牛乳箱はすべて1937(昭和12)年から発売した”森永ヨーグルト”でした。

この家に森永牛乳を宅配したのは秦野市内の木村牛乳店でした。
イメージ 6


木製牛乳箱にある可哀そうな森永牛乳のロゴマーク”エンゼル”をご覧ください。
イメージ 7

黄色地に赤いエンゼルマークは、このように天使が無残な姿でした。



※ こちらでは森永牛乳の牛乳瓶の変遷をご覧になれます。


皆さん、『街角で森永牛乳木製牛乳箱』をご覧になりませんか?




★香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 8



この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事