ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

小樽市の地上式消火栓の色はすでに紹介した赤、黄色だけではなく、今回取り上げる青色は全国的にも珍しい色です。小樽には消火栓が全部で5種類あります。
イメージ 1

この愎А奮沺砲琵愎А米后砲某分けされた消火栓は、赤い消火栓の低区系や黄色の
消火栓が中区系に対して、一番標高が高い高区系他8系統を表示しています。




馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログ開設は今日9月4日で7年233日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで2年132日です。




皆さん、アクセスヒット61万人様を4日9時台に達成!
ご支援ありがとうございます!



これは小樽訪問記の第18弾です。





これは消火栓シリーズの第11弾です。


消火栓の記事は、第1回荒玉水道の地上式消火栓を発見!、2回函館の地上式消火栓、3回シンガポールの地上式消火栓と街並み、4回川崎市の地上式消火栓、5回ハワイの地上式消火栓、6回香港の地上式消火栓と青空市場、7回グアムの地上式消火栓、8回アモイの地上式消火栓、9回小樽市の赤い消火栓、10回小樽市の黄色い消火栓に続く、11回目は『小樽の青い消火栓』です。
今までの記事も併せてご覧ください。 




★小樽の青い地上式消火栓★
小樽市は面積243.65平方km、人口は125,875人(平成26年7月末現在)です。
小樽駅から札幌駅までの距離は33.8km、所要時間40分ほどで行けます。小樽は札幌の近郊都市です。

これから紹介する地上式消火栓は小樽や函館で昨年4月に撮ってきました。 

これは函館市で消火活動の主流とされる地上式消火栓です。
イメージ 2

この消火栓は函館市が諸外国の地上式消火栓を基に設計した、函館型三方式地上式消火栓で、これは1937(昭和12)年から使用されています。

一方、小樽市は函館よりも積雪寒冷地です。

このような立地条件にあった屋外の地上式消火栓(以下「消火栓」と略す。)として、小樽では不凍式地上双口型の和田式打倒型消火栓を使用しています。

この聞きなれない打倒型消火栓とは、自動車や小型の軽トラックなどが消火栓に衝突した際に、地下に敷設された配水管の破損を食い止める構造を持った消火栓を指します。
イメージ 3

小樽市の消火栓の色は前回取り上げた函館と同じ黄色や、前々回紹介した赤だけではなく、珍しい悄紛色)をも含め全部で5種類あります。

こちらは前回取り上げた黄色い消火栓です。小樽市内の低地にある赤い消火栓よりも、標高が少し高い場所で見られます。
イメージ 4


一方、悗ぞ嘆仞鬚蓮∋堝發虜籠擦鮠紊蠅った高い場所や、急傾斜地崩壊危険区域などで見かけます。
イメージ 5

イメージ 6

小樽市の悗ぞ嘆仞髻奮沺銃后砲寮瀉嵜瑤蓮笠と胴の色で識別された5種類ある
消火栓全体のわずか約19%に過ぎません。
イメージ 7

小樽市で消火栓の色を5種類に区分したのは、1974(昭和49)年に起きた焼失面積
2,519平方メートルもの大火災の発生があったからです。

消火栓弁標識(縦85mm、横50mm)をご覧のとおり、配水管の管径が100mmで、消火栓の左0.85mの場所に仕切弁があります。
イメージ 8


この消火栓は割りと新しいタイプです。
イメージ 9

笠にある矢印←→は笠の開閉の回転方向を示し、左回しで閉止します。

これは赤、黄、青の消火栓の裏・表側には必ず地上式消火栓ポールがあります。
イメージ 10

消火栓ポールには笠の下部の位置に、消火栓の栓体色と同じ色の目印があります。



皆さん、『小樽市の消火栓』は何色が好きですか!?




★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 11






http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_whi.gif
blogramランキング参加中!のポチ↓をお願いします
blogramランキング参加中!

この記事に

開くトラックバック(21)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事