ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

名糖牛乳の木製牛乳箱

今回紹介する名糖牛乳の木製牛乳箱は、北区赤羽駅で下車してから、マンホールウォーク中に見つけました。
黄色い木製牛乳箱はご覧のとおり、風雪や紫外線の影響で相当退色劣化していて、名糖牛乳の文字は見えにくい状態でした。
イメージ 1

この名糖牛乳を生産販売していた会社は、協同乳業株式会社でした。
名糖とは、協同乳業の商品ブランド名で、創業当時の筆頭株主の名古屋精糖株式会社の略称「名糖」が由来です。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、2月4日で8年21日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年344日です。



これは牛乳箱シリーズの第25弾です。
今回は『名糖牛乳の木製牛乳箱』です。



★名糖牛乳の木製牛乳箱★
名糖牛乳の名糖は、1953(昭和28年)12月に創業した協同乳業株式会社の当時の商品ブランドです。

名糖牛乳の木製牛乳箱は、北区赤羽駅で下車して、マンホールウォークしながら岩淵町大きな紋章の逓信省角蓋を見て、大きな〒マークに感激した後で、
イメージ 2

歩道から何気なしに見た木造平屋の玄関先に、どこのメーカーか不明な黄色い木製牛乳箱がありました。
イメージ 3

ここのお宅では、この木製牛乳箱は使われていない様子でした。

これが、メーカーが不明な木製牛乳箱です。
イメージ 4

木製牛乳箱の右側面には、「ときわ販売所」と電話番号が記されていました。

木製牛乳箱を正面から撮った画像をご覧ください。
イメージ 5

ここで一番目立つのが赤いV字です。
V字の上下に書かれた文字をよく見ると、上の文字は名糖で、下は牛乳でした。

上の形状は横型↑で、下は縦型↓と形こそ違いますが、名糖牛乳の木製牛乳箱を亀戸のもんじゃ焼き店で見ました。
イメージ 6

この木製牛乳箱から、赤羽で見つけたV字の真ん中で読み取れなかった4文字は、ホモビタとわかりました。このVは、ビタミン(Vitamin)の頭文字でしょう。

この名糖ホモビタ牛乳は、1960(昭和35)年7月から生産開始された牛乳です。

こちらは、以前千住の喫茶店入口で見つけた、緑色のテトラ牛乳木製牛乳箱です。
イメージ 7

この名糖テトラ牛乳は、名糖ホモビタ牛乳よりも若干古い1958(昭和33)年8月から生産開始された牛乳です。

これは墨田区向島にあった、メイト―牛乳の黄色いプラスチック製牛乳箱です。
イメージ 8

このロゴマークは、平成4年に名糖からメイト―へ刷新された新シンボルマークです。

こちらは、新しいシンボルマークを付けた看板を秦野で見ました。
イメージ 9

この牛乳販売店は、看板の店名が黒く消されていることから、廃業しているようです。





皆様、『街角で木製牛乳箱』をご覧になりませんか?






★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 10







コメントは公開しませんので、ご自由にお書きください。 

この記事に

開くトラックバック(57)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事