ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

塩の琺瑯看板

馬明がマンホールウォークをしていると、居酒屋・お好み焼き屋、焼肉屋などの壁に飾られた琺瑯看板をたまに見かけます。
この「塩の琺瑯看板」は、青地に白く塩と書かれたもので、横浜で2枚見かけました。
イメージ 1

このお店にあった塩の琺瑯看板は、塩のみと、もう一枚はオリコの広告付きでした
塩の広告付き琺瑯看板は、Orientもあります。これも同じ酒屋や万屋で見られます。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、2月9日で8年26日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年339日です。



これは琺瑯看板の第8弾です。
今日は『塩の琺瑯看板』です。


★1 琺瑯看板★
琺瑯看板(ホーロー看板)は、かつて屋外広告で使用された看板です。

前回福島県で1923(大正12)年に創業したコマツ醤油の琺瑯看板を紹介しましたが、醤油会社の琺瑯看板もあります。

ここでは、有名な醤油会社の琺瑯看板をご覧ください。

 
これは、「亀甲萬」紋をイメージロゴとしたキッコーマンの琺瑯看板です。
イメージ 2

キッコーマンは、千葉県野田に隣接する上花輪村で高梨兵左衛門家が、1661(寛文元)年に創業し、1917(大正6)年12月7日に「野田醤油株式会社」(現キッコーマン株式会社)が設立しました。

こちらは、ヤマサ醤油の琺瑯看板です。
イメージ 3

ヤマサ醤油は、初代・濱口儀兵衛が銚子で1645(正保2)年に創業し、1928(昭和3年)11月に設立した会社です。
醤油の琺瑯看板は、江戸東京たてもの園で撮りました。

塩分早わかり表で、調味料大さじ1杯に含まれる塩分量(g)は、食塩18.0、 濃口醤油2.6、薄口醤油2.9、減塩醤油1.4でした。

琺瑯看板はいずれも、居酒屋やお好み焼き屋などの壁に飾って、昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。



★2 塩の琺瑯看板★
今回、取り上げる塩の琺瑯看板は、と塩小売店の2種類を紹介します。

塩は戦後復興による工業用塩の需要増から輸入を再開し、国内製塩事業による自給確保と、安価な塩の全国的な安定流通を目的に塩専売法を改正し、1949(昭和24)年に設立した 日本専売公社で塩の専売事業を復活しました。

日本専売公社の民営化で、1985(昭和60)年4月1日に設立した日本たばこ産業へ事業が移行したことにより、塩の販売が専売制から徐々に自由販売できるようになり、塩の専売制が1997年(平成9)年4月に廃止されました。

この酒屋は、横須賀で撮りました
イメージ 4

塩の琺瑯看板は、 Orientの広告付きでした

こちらは、大和市泉の森へ行く途中の酒屋で、見つけた米と塩の琺瑯看板です。
イメージ 5

塩の琺瑯看板は、裏面も同じく、塩一文字です。

これは、横浜の酒屋にあったオリコの広告入り塩の琺瑯看板です。
◎の色はオリコオレンジです。オリコはクレジットカードローン会社です。
イメージ 6

オリコのコの下に94-08と記されているように、この琺瑯看板は1994(平成6)年8月に製作されたものと思われます。
オリコは、オリエントコーポレーションの愛称です。

こちらは、横須賀の酒屋で見た◎rientの琺瑯看板です。
Orientのロゴは日の出、目指す方向を表しています。
イメージ 7

Orient即ちオリエントは、1989(平成元)年10月当時の呼称で、その後オリコとなりました。
オリエントファイナンス広告入り「塩の琺瑯看板」もありますが、まだ見ていません。

塩の広告入り琺瑯看板には、この他にも珈琲の名作 マキシム、MMC三菱自動車 ミニキャブ、自然海塩 海水100% 最進の塩などもあり、何時かはこれらも見たいです。

こちらは、青地に白字で塩小売店 営業所 氏名と書かれた横型琺瑯看板です。南千住で見ました。
イメージ 8

横須賀で見た塩小売店の琺瑯看板は、住所で営業所とは違っていましたが、氏名とも記載されていました。

こちらは、南千住の焼肉屋で見た縦型の琺瑯看板で、塩小売所 塩小売人は氏名入りでした。
イメージ 9

ここにはゴム靴、タカラビール、こばた、素の味などの琺瑯看板が、斜めに貼られていました。

函館は、塩ラーメンが有名です。
これは、新聞などでも取り上げられている函館塩ラーメンです。
イメージ 10

お店は、函館駅近くの“しなの”です。



皆さん、『琺瑯看板』をご覧になりませんか?!



琺瑯看板シリーズは、第1回懐かしの琺瑯看板、2回お好み焼き屋の琺瑯看板、3回秦野市内の琺瑯看板、4回琺瑯電話板、5回お好み焼き居酒屋の丸ポストと琺瑯看板、6回中華ソバ屋の琺瑯看板、7回不用になった宅配便系琺瑯看板があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 



★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 11







コメントは公開しませんので、ご自由にお書きください。 

この記事に

開くトラックバック(87)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事