ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

札幌市の地上式消火栓の色は、函館市と同じく黄色が基調です。一方、札幌の隣接市の小樽は赤、黄、青、黄―赤、青―赤のツートンカラーを含め5種類もあります。
イメージ 1

しかし、札幌市の消火栓にも従来のデザインと異なるデザインのモダンな双口消火栓が、札幌繁華街のススキノや大通で見られます。栓体色は黄色でなく、この緑色と灰色の2色です。


馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、2月25日で8年42日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年323日です。





これは消火栓シリーズ第16弾&札幌市訪問記の第6弾です。
今回は札幌市のモダンな地上式消火栓です。 


★1 札幌市の概要★
札幌市は、1922(大正11)年8月1日の市制施行以来、近隣町村との度重なる合併・編入によって、市域・人口を拡大し、1972(昭和47)年4月1日には日本最北の政令指定都市に指定されました。

札幌市は面積1,121.12平方km、世帯数933,912世帯、人口1,943,598人(平成26年11月1日現在)です。

札幌の由来は、アイヌが豊平川を「サッポロ」と名付け、その流域全体の地名に転用されたのが札幌のようです。


★2 札幌市の黄色い地上式消火栓★
札幌市の地上式消火栓(以下、「消火栓」と略。)は、単口と双口消火栓があります。

〜単口消火栓をご覧ください〜
これは公設の単口消火栓で、市内に13,381基と、一番多く見かける消防水利です。
イメージ 2

この黄色い単口消火栓は、形からタケノコ型といわれています。

〜双口消火栓をご覧ください〜
こちらは公設の双口消火栓です。
イメージ 3
 
双口消火栓は両手を広げて、あたかも抱擁をするような温かな仕草です。

札幌市の消防水利状況は警防資料(2013(平成25)年4月1日現在)によれば、消防水利設置総数は18,111です。

消防水利状況は、公設消火栓が17,165(単口13,381、双口3,784)、私設消火栓が
214(公設167、私設47)と、公設消火栓が消防水利状況全体の94.8%を占める主軸です。
この他に、防火水槽698(公設646、私設47)、池沼4、受水槽35か所があります。


★3 札幌市のモダンな消火栓★
札幌市の一大繁華街であるススキノや大通では、従来のデザインとは異なるモダンな消火栓があります。
消火栓の横にあるポールは消火栓標識で、消火栓から50cm以内とされています。
イメージ 4

これは栓体色が緑色の双口消火栓です。
イメージ 5
 
この消火栓の仕切弁(消火弁)が、緑色矢印で示した場所にあります。

こちらの双口消火栓は、ここが自転車駐輪禁止の場所でありながら、可哀そうに2台の自転車で挟まれて、これは消防上からも問題です。
イメージ 6


モダンな双口消火栓には、灰色の栓体色もあります。
イメージ 7

イメージ 8

この消火栓↑には、黄色い消火栓↓に赤く刻印もされている札幌市徽章がありません。
イメージ 9

この徽章の外側の六角模様は雪で北海道を象徴し、内側円形模様は「札」の字を表し、さらに○形全体をもって片仮名の「ロ」の字を兼ねています。中央の星型は北斗星にちなみ、北方の意を表すとともに片仮名の「ホ」の字をかたどっています。




皆様、『札幌市のモダンな消火栓』を見ませんか!?


消火栓シリーズは、第1回荒玉水道の地上式消火栓を発見!、2回函館の地上式消火栓、3回シンガポールの地上式消火栓と街並み、4回川崎市の地上式消火栓、5回ハワイの地上式消火栓、6回香港の地上式消火栓と青空市場、7回グアムの地上式消火栓、8回アモイの地上式消火栓、9回小樽市の赤い消火栓、10回小樽市の黄色い消火栓、11回小樽市の悗ぞ嘆仞、12回小樽市 黄―赤色の消火栓、13回小樽市 悄柔嵜Г両嘆仞、14回札幌市の黄色い消火栓〜地上式単口・双口消火栓〜、15回座間キャンプの桜まつりと消火栓があります。
この他の札幌訪問記は、第1回札幌市電のコカ・コーラ号、2回札幌の大型ディスコ キング・ムー、3回札幌 廃家の水道プレート、4回北海道旧本庁舎とダンボ―、5回札幌市の黄色い消火栓〜地上式単口・双口消火栓〜があります。
小樽訪問記は、第1回北海道庁の境界石、2回小樽にある日本銀行の境界石、3回札幌市量水器が小樽へ越境、4回小樽市右書き量水器、5回北海道の味覚 海鮮丼、6回小樽倉庫No.1で小樽ビールを飲む、7回大正時代の小樽區消火栓蓋、8回小樽のソフトクリーム、9回小樽の古い時代の水栓(止水栓)、10回小樽市の古い時代の止水栓(水止栓)、11回保証牛乳のソフトクリームと木製牛乳箱、12回小樽駅の丸ポスト、13回小樽区水道の給水標識と消火栓蓋、14回小樽市の赤い消火栓〜地上式消火栓〜、15回小樽 うだつのある建物、16回小樽市役所は歴史的建造物、17回小樽市の黄色い消火栓、18回小樽市の悗ぞ嘆仞、19回小樽市指定の歴史的建造物〜銀行〜、20回日本銀行旧小樽支店の金融資料館、21回小樽の屋号、22回小樽で森永牛乳の木製牛乳箱を発見、23回小樽市 黄―赤色の消火栓、24回小樽の消防犬 文公(ぶんこう)、25回小樽市 悄柔嵜Г両嘆仞、26回小樽郵便局の丸ポストと〒のモチーフ、27回小樽にある鱗壁の家と屋号、28回小樽 うだつ(卯建)と屋号、29回ランプの琺瑯看板があります。
函館訪問記は、第1回函館の丸ポスト、2回函館塩ラーメン、3回函館のイカスミ餃子、4回函館で見つけた雪印牛乳の木製牛乳箱、5回函館の操車塔、6回函館の地上式消火栓、7回弇小蓋を函館で発見、8回道内最古の小林写真館と謎の接蓋、9回函館の地下式消火栓、10回函館のデザインマンホール、11回五稜郭は藤が満開、12回雪印牛乳木製牛乳箱が函館に、13回函館ハリストス正教会は桐が満開 〜函館ハリストス正教会のデザインマンホールと絵タイル〜、14回函館のライラックと制水弇のマンホール、15回函館名産イカとデザインマンホール、16回本久商店 キリンビールの看板とライラック、17回函館のコカコーラ号とコカコーラ看板、18回遊女の供養塔 〜有無両縁塔〜、19回昼と夜の飲み屋横丁、20回グリコアイスクリームケース、21回コカ・コーラの冷蔵ケース、22回函館のレトロな街路灯、23回函館 宝来パン本店、24回函館の馬車止と陸軍省境界石、25回函館のレイモンハウス、26回日本最古のコンクリート電柱があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 



★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 10







コメントは公開しませんので、ご自由にお書きください。 

この記事に

開くトラックバック(99)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事