ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

馬明は山下公園で枝垂れ桜を観てから、市内で蓋探索や、花を楽しんでいる時に、焼き鳥屋でサッポロビールの琺瑯看板を見つけました。
横浜では、キリンビールの一番搾り取扱店の琺瑯看板を見ていますが、今回初めて見るサッポロ生ビールの琺瑯看板でした。
イメージ 1

サッポロビールは、北海道・札幌のご当地ビールです。函館から小樽へ向かう車両の中から、ホームで駅名琺瑯看板の下にある琺瑯看板にも、「本場の味 サッポロビール」の宣伝を見て、北海道へ来たという実感が湧きました。


馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、3月30日で8年75日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年290日です。



これは琺瑯看板第11弾&札幌訪問記第7弾です。
今回は『サッポロビールの琺瑯看板』です。 



★1 サッポロビールの歴史★
サッポロビールは、1876(明治6)年に、政府の開拓使が北海道札幌市に「開拓使麦酒醸造所」を設立し、1877(明治7)年に発売された「冷製札幌ビール」が赤星の誕生で、この五稜星が社名の由来です。五稜星は開拓使のシンボル「北極星」です。

・ 札幌麦酒は、1887(明治17)年に設立しました。1906(明治39)年3月には、札幌麦酒、日本麦酒醸造(1887(明治20)年9月設立)大阪麦酒(朝日麦酒の前身・1889(明治22)年11月設立)と3社合同で、大日本麦酒が設立しました。

・ 大日本麦酒は、1947(昭和22)年12月18日に公布された過度経済力集中排除法の巨大独占企業の分割適用と企業再建整備法の適用を受け、1949(昭和24)年9月に、日本麦酒(現サッポロホールディングス)と朝日麦酒(現アサヒグループホールディングス)に分割されました。

日本麦酒は、『サッポロ』『ヱビス』の商標を継承しましたが、これらの商標を採用せず、新たな商標『ニッポンビール』でスタートしました。

・ 日本麦酒は、ビール愛飲家からサッポロビールを懐かしむ声を受けて、1956(昭和31)年に北海道で、翌1957(昭和32)年に全国で復活販売しました。

・ 1964(昭和39)年1月に、日本麦酒の社名をサッポロビールに商号変更し、その後、グループの持株会社体制への移行に伴い、2003(平成15)年7月1日にサッポロホールディングスに商号変更しました。


★2 サッポロビールの琺瑯看板★
琺瑯看板(ホーロー看板)は、かつて屋外広告で使用された看板です。

馬明は、山下公園の枝垂れ桜を観てからの市内散策時に、焼き鳥屋でサッポロビールの琺瑯看板(黄色矢印)と出会いました。
イメージ 2


これは、初めて見るサッポロ生ビールの琺瑯看板でした。
イメージ 3


昨年5月に行った函館をはじめ北海道では、ご当地ビールのサッポロビールはシェアが高く、道民によく飲まれています。

イメージ 4

函館の大門横丁では名物のイカスミ餃子を食べながら、麦芽100%北海道限定のサッポロクラシックビールを飲みました。
イメージ 5

北の大地へ訪問の際は、何時も北海道限定ビールを飲み、お土産に缶ビールを買って
帰ります。

函館から小樽間では、ホームで駅名琺瑯看板を見ました。
イメージ 6

駅名琺瑯看板の下にある琺瑯看板には、「本場の味 サッポロビール」と宣伝されています。この琺瑯看板を見て、北海道へ来たという実感が湧きました。

この建物が、1987(昭和62)年に開館した「サッポロビール博物館」です。
イメージ 7

ここでは、ニッポンビール、ヱビスビール、カブトビール、サッポロビールの琺瑯看板が見られます。
イメージ 8

ニッポンビールは1949(昭和24)年から、ヱビスビールは1971(昭和46)年12月に28年ぶり復活、カブトビールは半田工場で1943(昭和18)に製造終了、サッポロビールは1956(昭和31)年に発祥の地・北海道で、翌1956(昭和31)年には全国で復活販売しました。

博物館で注目したのは、1878(明治11)年に出荷した冷製「札幌麦酒」のラベルが
鮮明な麦酒瓶が展示されていることです。 
イメージ 9


これは、サッポロビールの広告宣伝で一番有名な「男は黙ってサッポロビール」です。
イメージ 10

このポスターは、1970(昭和45)年に三船敏郎で大ヒットしました。



皆様、『琺瑯看板』をご覧になりませんか?!







★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 11







コメントは公開しませんので、ご自由にお書きください。 

この記事に

開くトラックバック(102)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事