ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

馬明が長崎市内でレア蓋を散策中に、醤油の琺瑯看板を4枚見つけました。1枚はお店に、残りの3枚は居酒屋の外壁にありました。
この琺瑯看板は、1910(明治43)年4月に設立した福岡県柳川市のアサヒ醸造株式会社のでした。 
イメージ 1

市内の居酒屋にあった3枚は、‥群式貮 ヒノマル醤油、∈脳緇潴 鶴に○十 アサヒツル、2色地に赤くキッコーナン 可愛いナン子ちゃんが社章を支え、 みそ・醤油・ソースと欲張った宣伝でした。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、5月8日で8年114日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年251日です。



皆様、アクセスヒット666,666訪問を10日23時31分に達成!ご支援ありがとうございます!

http://www.geocities.co.jp/for_you_jpn/blogparts/countup.swf?title=ブログ開設から&target=20070114&titletx=#FF6666&timetx=#FFFFFF&back=#FFFFFF&border=#FF6666


これは琺瑯看板シリーズ第13弾&長崎訪問記第4弾です。
今回は『醤油の琺瑯看板』です。 



★醤油の琺瑯看板★
琺瑯看板(ホーロー看板)は、かつて屋外広告で使用された看板です。

馬明が長崎市内で古い水道蓋を散策中に、醤油の琺瑯看板を見つけました(再掲)。
イメージ 1

赤地の琺瑯看板には、柳川特産 アサヒ 味噌醤油と、三段書きでした。
イメージ 2

この会社は、1910(明治43)年4月に設立した福岡県柳川市のアサヒ醸造株式会社

これから紹介する琺瑯看板3枚は、長崎市内にある居酒屋の外壁で見ました。

この琺瑯看板は、鮮やかな青地に、天下一品(日の丸扇子) ヒノマル醤油と、見事な宣伝です。
イメージ 3

このヒノマル醤油は、1909(明治元)年に創業した香川県三豊市にある日の丸醤油の琺瑯看板です。

こちらは、白地に赤く最上醤油 鶴に○十 アサヒツル(赤地白抜き)と記された琺瑯看板です。
イメージ 4

アサヒツルは1909(明治42)年1月に設立した山形県最上郡にある最上醤油株式会社の琺瑯看板でした。

この琺瑯看板は、黄色地に赤くキッコーナン 可愛いマスコットのナン子ちゃんが社章を右手で支え、 みそ・醤油・ソースを宣伝する欲張った内容でした。
イメージ 5

キッコーナンは、1948(昭和23)年 10月1日に設立した秋田県にかほ市にある日南工業株式会社の琺瑯看板でした。

こちらの琺瑯看板は、函館の居酒屋で見つけました。
イメージ 6

日南工業の社章を大きく描いた、たいへん目立つ琺瑯看板です。

これは以前に紹介した福島県で1923(大正12)年に創業したコマツ醤油のものです。
イメージ 7

この琺瑯看板は、神奈川県・大和にある居酒屋の外壁で見かけました。

このように、琺瑯看板を居酒屋やお好み焼き屋などの壁に飾って、昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。

こちらでは、有名な醤油会社の琺瑯看板をご覧ください。
 
これは、「亀甲萬」紋をイメージロゴとしたキッコーマンの琺瑯看板です。
イメージ 8

キッコーマンは、千葉県野田に隣接する上花輪村で高梨兵左衛門家が、1661(寛文元)年に創業し、1917(大正6)年12月7日に「野田醤油株式会社」(現キッコーマン株式会社)が設立しました。

縦型琺瑯看板は、「品一下天」と書かれた右書き時代のものでした。
イメージ 9


これは、ヤマサ醤油の琺瑯看板です。
イメージ 10

ヤマサ醤油は、初代・濱口儀兵衛が銚子で1645(正保2)年に創業し、1928(昭和3年)11月に設立した会社です。
キッコーマンとヤマサ醤油の琺瑯看板は、江戸東京たてもの園の東ゾーンで撮りました。

※ ご参考までに日本の醤油メーカーをご覧ください。



皆様、『醤油の琺瑯看板』をご覧になりませんか!?





★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 11






※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされる方は、記事でコメントをお願いします。

コメントは公開しませんので、ご自由にお書きください。 

この記事に

開くトラックバック(101)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事