ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

横浜でマンホールの蓋を路地で探していた時に、見かけた民家でみずみずしく美味しそうな葡萄の房を見かけました。何か芸術作品を見ているようです。

横浜では気候に恵まれているためか、暖かな土地で収穫するミカンが実のる庭をよく見かけますが、ブドウの栽培は少ないです。
イメージ 1

8月21日に寿町で小判型消火栓蓋の残存を確認しましたが、再度9月21日に消火栓の残存を確認しに行ったときは、悪い予想が当たって水道管の耐震化工事でこの消火栓と仕切弁が撤去されていました。




馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


ブログを開設してから、9月18日で8年252日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年113日です。



※お願い;お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。



これは街角ウォッチングの第32弾です。
今回は『民家の葡萄と小判型消火栓蓋の撤去』です。  



1 民家の葡萄栽培
横浜マンホールの蓋を路地で探していた時に、見かけた民家がこちらです。
イメージ 2

このように、みずみずしく美味しそうな葡萄が実っていました。

葡萄をご覧ください(再掲を含む。)。
イメージ 1

葡萄の品種はわかりませんが、ご覧のとおり立派な葡萄です。
イメージ 3

何か芸術作品を見ているようです。
イメージ 4

横浜でミカンが実のる庭を見かけますが、ブドウの栽培はあまり見かけません。


2 小判型消火栓蓋の撤去
前回、寿町で小判型消火栓蓋(以下、「消火栓」という。)の残存を確認したのは、
8月21日でした。
イメージ 5

このときも、地震に強い水道管に取り換える工事が一部行われていました。
イメージ 6

この日まで、この消火栓は健在でした。

赤紫色矢印の場所に消火栓が、青色矢印のところに仕切弁のマンホールがありました。
イメージ 7

ところが、9月21日に消火栓の残存を確認しに行ったときには、水道管の耐震化工事で消火栓と仕切弁が撤去されていました。
イメージ 8

違った方向から、消火栓が現存していた時、撤去された時の様子をご覧ください。
イメージ 9

前の記事でも、「このように無事↑でした。ただし、水道工事も近場で行われた形跡もあり、何時撤去されても不思議ではありません。」と書きました。
イメージ 10

大変残念なことに、消火栓の撤去が現実のものとなりました。
イメージ 11

この撤去された消火栓の蓋を展示してもらいたいのですが、レア蓋でさえ大体は廃棄物処分されてしまうのが現実です。

この近くの丸型消火栓蓋にも、白く×印が付けられ、数メートル前方には新しい消火栓が設置されています。
イメージ 12

8月21日時点では、鉄蓋は保護シートで完全に覆われていました。
イメージ 13

鉄蓋には、「保護シートは、舗装完了後、剥ぎ取って下さい。」と貼り付けられていますが、剥ぎ取り方が中途半端でした。

寿町では、をよく見かけます。
イメージ 14

気持ちよさそうに、寝ていました。
イメージ 15

甘えっ子ちゃんだなと、可愛がられていました。
イメージ 16


皆さん、『街角ウォッチング』を楽しみませんか?







★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 17






※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事