ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

熊本市内で古い水道蓋を探索中に、廃木造家屋で森永牛乳の木製牛乳箱を見つけました。これは森永牛乳の黄色地木箱で薄っすら「森永カルダス」と記されていました。

昨年9月にも「森永カルダス」と記された木製牛乳箱を、小樽市内で見つけました。
イメージ 1

熊本と小樽の二つの木製牛乳箱を比較すると、木箱正面の左右側面に記された文字に大きな違いがあり、熊本市は「販売店名と電話番号」を、小樽市は「森永A牛乳」でした。

この他に、一番大きな違いは熊本の木製牛乳箱には、小樽にはなかったエンゼルマークがありました。




馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


ブログを開設してから、10月21日で8年280日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年85日です。


※お願い お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。


これは熊本訪問記の第2弾&牛乳箱シリーズの第28弾です。
今回は『森永牛乳の木製牛乳箱』です。



★1 森永乳業★
森永乳業は、1917(大正6)年9月1日 に日本煉乳株式会社として創立し、1920(大正9)年5月に森永製菓株式会社と合併しました。
・1927(昭和2)年9月に入って、森永製菓株式会社煉乳部から分離して、森永煉乳株式会社が新たに設立されました。

・1941(昭和16)年5月に森永煉乳株式会社を改称し、森永乳業株式会社となりました。
・その後、再び森永製菓と合併し、社名を改称して、1949(昭和24)年4月13日に 森永食糧工業株式会社から森永乳業株式会社が設立しました。

・森永乳業の商品は1929(昭和4)年12月に森永牛乳、1933(昭和8)年9月に森永チーズ、1937(昭和12)年7月に森永ヨーグルト、1947(昭和22)年6月に森永アイスクリームをそれぞれ発売しました。


★2 森永牛乳の木製牛乳箱★
森永牛乳の木製牛乳箱は、東京や横浜などでマンホールウォークをしているときに、極々たまに退色した黄色地の古い木製牛乳箱を見かけます。

森永牛乳の木製牛乳箱を、熊本市で初めて見つけました。
イメージ 2

ここは2階建て木造家屋で、玄関窓の装飾や照明がちょっとお洒落です。
イメージ 3

イメージ 4

郵便ポストが閉鎖されたように、ここは住んでいない廃家でした。
イメージ 5

色あせた木製牛乳箱をご覧ください。
イメージ 6

木製牛乳箱の正面下部に「森永カルダス」と記され、その上にはかなり薄れて、わかりにくいですがエンゼルマークがあります。

木製牛乳箱の正面右側面をご覧ください。本山販売店と電話番号があります(再掲)。
イメージ 1

左側面をご覧ください。同じく本山販売店と電話番号でした。
イメージ 7

こちらは、熊本市にあった森永牛乳木製牛乳箱と比較するため、小樽市で見つけた森永カルダスと記され木製牛乳箱です。
イメージ 8

木製牛乳箱↑は、全国的に珍しい黄色と赤のツートンカラー消火栓を探索したとき、
イメージ 9

坂道の途中にある木造家屋で、黄色い木製牛乳箱を見つけました。  
イメージ 10

このお宅は、現在も住んでいらっしゃる様子です。

熊本と小樽の木製牛乳箱を比較して、ご覧ください。
 
これは、熊本の木製牛乳箱です(再掲)。
イメージ 1

こちらは、小樽の木製牛乳箱です。
イメージ 11

左右側面には、1958(昭和33)年1月発売の森永A牛乳と記されていました。

正面が同じ森永カルダスの木製牛乳箱でも、デザインがまったく違います。

熊本では紫外線などで退色して、ほとんど見えない森永牛乳のロゴマーク”エンゼル”をご覧ください。
イメージ 12


小樽で咲いていたメキシコ原産のダリアをご覧ください。
イメージ 13

イメージ 14

ダリアの花言葉は、「華麗」「優雅」「気品」「移り気」「不安定」

※ こちらでは森永牛乳の牛乳瓶の変遷をご覧になれます。


皆さん、『街角で森永牛乳木製牛乳箱』をご覧になりませんか?


牛乳箱シリーズは、第1回千住の牛乳箱、2回明治牛乳販売店の古い看板、3回タカナシ乳業の牛乳箱、4回明治乳業の牛乳箱、5回明治乳業の木製牛乳箱1、6回明治牛乳の木製牛乳箱2、7回森永牛乳の木製牛乳箱、8回上山田温泉から越境した森永牛乳木製牛乳箱、9回雪印牛乳の木製牛乳箱が函館に、10回森永牛乳木製牛乳箱を新聞・郵便受けに活用、11回きれいな雪印牛乳の木製牛乳箱を発見、12回森永牛乳の木製牛乳箱を東京で初見、13回閉店した森永牛乳販売店、14回森永牛乳の木製牛乳箱が鎌倉に、15回ロゴが目立つ明治牛乳木製牛乳箱、16回雪印牛乳木製牛乳箱が鎌倉に、17回明治牛乳木製牛乳箱が秦野に、18回柳川牧場木製牛乳箱、19回雪印牛乳木製牛乳箱が神田に、20回近藤牛乳の木製牛乳箱、21回秦野の森永牛乳木製牛乳箱、22回雪印牛乳木製牛乳箱が函館に、23回近藤牛乳の木製牛乳箱が横須賀に、24回小樽で森永牛乳の木製牛乳箱を発見、25回名糖牛乳の木製牛乳箱、26回森永牛乳の木製牛乳箱 〜横浜〜、27回明治牛乳の木製牛乳箱 〜横浜〜があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 

熊本訪問記は、第1回熊本市の水道プレートがあります。
◎ 熊本訪問記に関連して、
鹿児島訪問記は、第1回鹿児島ラーメンを味わう、2回日本瓦斯のガスプレート、3回九州の琺瑯看板があります。
長崎訪問記は、第1回長崎の白ポスト、2回大崎神社の境界石、3回丸山公園の龍馬像と八重桜、4回醤油の琺瑯看板、5回旧グラバー住宅の花、6回長崎市水道の小蓋と猫、7回長崎市の花 あじさいのマンホール、8回津田式手押しポンプと長崎かんぼこ、9回カステラ元祖 松翁軒、10回長崎がボウリング日本の発祥地! 、11回西部ガスと東邦ガスのガスプレート 、12回長崎県庁本館と横濱ビルのオールドプレート 〜送水口〜、13回長崎のオールドプレートと蘇州林の炒飯、14回たばこの琺瑯看板、15回長崎市松が枝町の水準点とキャラクター、16回長崎市 傾斜地の防火対策、17回居酒屋の琺瑯看板があります。
福岡訪問記は、第1回明太子オムライスとNTT話電蓋、2回明治屋レリーフと旧門司市マンホール、3回国際友好記念図書館と桜、4回八幡製鐵のマンホールとトタン板の琺瑯看板、5回海鮮丼と量水器(処理水)、6回戸畑市マンホールと御馬橋、7回おポンプ様と松原水、8回戸畑市量水器と止水栓、9回福岡市の消火栓と送水口、10回九州電力のマンホール 、11回小倉市のマンホールとオールドプレート〜送水口〜、12回門司港の丸型ポスト、13回門司港駅の帰り水、14回北九州水道組合の量水器、15回福岡市水道局の水道専用プレート、16回戸畑市マンホールの発見と量水器の新たな確認、17回門司市水道蓋と焼きカレーがあります。
こちらの記事も併せてご覧ください。



★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 15






※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。

この記事に

開くトラックバック(135)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事