ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

横須賀市は1906(明治39)年に、帝國海軍から軍港水道走水系統8インチ送水管の払い下げを受け、1908(明治41)年12月25日に市営水道給水を開始しました。

この右書き楕円型消火栓蓋は、横須賀市民の境界石&蓋探索士が見つけられ、ツイターをされた貴重な地下式消火栓です。
イメージ 1

この消火栓は、京浜急行電鉄・横須賀中央駅で下車し、12分ほど歩いた横須賀市立
うわまち病院の駐車場にあります。

この駐車場は、病院の相当奥にありますので、横須賀市民で蓋に関心がある人でも、
自動車で当該病院を利用した人でなければ、見つけるのはかなり難しいです。
 



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。

ブログを開設してから、11月30日で8年320日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年45日です。



お知らせ:パソコンがある部屋が赤ん坊の育児室に変わりましたので、ブログの更新を月、水、金の週3回から、月、木の週2回に変更予定です。どうぞ宜しくお願い致します。
※ 記事のコメントは前半のみといたします。申し訳ありませんが、ご訪問に変えさせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。


※お願い お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。


これは横須賀水道の第11弾&消火栓蓋の第10弾です。
今回は『横須賀市の右書き楕円型消火栓蓋』です。



★1 横須賀水道★
・横須賀水道は横須賀軍港水道の歴史で、走水水道の創設から始まります。 

・走水水道は横須賀造船所のフランス人レオンス・ヴェルニーが、横須賀造船所の事業発展に要する水不足を解決するため、走水湧水を横須賀造船所の用水として、送水する計画を1873(明治6)年に立案しました。 

・走水から横須賀造船所間の布設工事(5インチ土管)を、1874(明治7)年から1876(明治9)年12月に完成し、できたのが走水水道でした。

・帝國海軍が1902(明治35)年12月に走水水源地煉瓦造貯水池(煉瓦造、面積143屐砲魎粟させました。

・帝國海軍は1908(明治41)年9月に横須賀軍港水道浄水池(面積517屐⇒椴1,000㎥)を竣工させました。

横須賀市は1906(明治39)年に帝國海軍から軍港水道走水系統8インチ送水管の払い下げを受け、1908(明治41)年12月25日に市営水道給水を開始しました。

・走水水道はその後海軍専用の水道として軍備拡充とともに改良され、1918(大正7)年、中津川を水源とした軍港水道半原系統が通水し、翌1919(大正8)年3月に走水水道施設が横須賀市に無償貸与され、横須賀市上水道の水源となりました。



★2 横須賀市水道の右書き消火栓★
この右書き消火栓蓋(以下、「消火栓」という。)は、横須賀市立うわまち病院の奥まった駐車場にありました。
イメージ 2

消火栓の横にある電柱には、 消火栓標識があり、この近くには他にそれらしい消火栓がありませんでした。
イメージ 3

この右書き消火栓は、今でも現役のようです。

右書き消火栓をご覧ください。
イメージ 4

消火栓は石縁付き蓋で、消火栓や防火水槽を識別する黄色い塗料の痕跡がありました。
イメージ 5

蓋の上段にあるマークは、1912(明治45)年3月16日に制定された横須賀市徽章、中央部の「栓火消」、下段のYWWはいずれも不鮮明な状態でした。
イメージ 6

※ YWWとは、Yokosuka City Waterworks Bureau の略称です。

横須賀市内で見られる消火栓をご覧ください。

これから紹介する消火栓のなかでは、この角蓋が一番古い年代に設置されたものです。
イメージ 7

これまで見てきた3枚のなかでは、これが一番状態の良い蓋でした。

これから紹介する3枚の消火栓は、上段に消火栓、中央に横須賀市徽章、下段が横須賀市と記されています。
イメージ 8

消火栓の設置された年代は、この順番でしょう。
イメージ 9

いずれも、これらは道路や歩道で見られます。
イメージ 10

こちらは、蓋の中央に「水」も記された消防車がデザインされた消火栓です。
イメージ 11

これが、横須賀市内にある一番新しい消火栓です。

蓋には、水道創設90周年を記念して誕生した横須賀上下水道イメージキャラクターのアクアンと消防車がデザインされています。
イメージ 12

消防士のアクアンが、単口消火栓(配水本管150弌坊侏海膿紊鯤水して図柄です。

こちらは、双口消火栓で配水本管が200个任后
イメージ 13

このように、アクアン消火栓は単口と双口消火栓の2種類あり、配水本管の径も様々です。

これは、防火水槽です。消火栓と同じく周りを黄色で囲まわれています。
イメージ 14


これは、帰りがけに見たコンクリート製ゴミ箱です。
イメージ 15

このコンクリート製ゴミ箱は、現在も使われているようです。




皆さん、『古い消火栓蓋』を見ませんか?





★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 16






※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事