ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

鳩ケ谷で旧鳩ケ谷市の蓋を散策中、木造家屋で森永牛乳の木製牛乳箱を見つけました。

各メーカーの木製牛乳箱の中では、森永牛乳が一番多く見つかり、次が明治牛乳です。
イメージ 1

森永牛乳の木製牛乳箱が、住んでいなそうな木造家屋にひっそり佇んでいました。

木製牛乳箱の正面は、薄い黄色地で全体的に白く退色したエンゼルマーク。エンゼルマークの輪郭は、赤地がうっすら残っていました。

エンゼルマーク左下にある白地の帯は、「ウルトラプロセス」と思いますが読めません。下段の文字は、脱色で赤字が薄れながらも、森永牛乳とわかります。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


ブログを開設してから、9月19日で9年248日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで、あと117日です。




これは牛乳箱シリーズの第38弾です。
今回は『森永牛乳の木製牛乳箱』です。


★1 森永乳業★
森永乳業は、1917(大正6)年9月1日 に日本煉乳株式会社として創立し、1920(大正9)年5月に森永製菓株式会社と合併しました。
・1927(昭和2)年9月に入って、森永製菓株式会社煉乳部から分離して、森永煉乳株式会社が新たに設立されました。

・1941(昭和16)年5月に森永煉乳株式会社を改称し、森永乳業株式会社となりました。
・その後、再び森永製菓と合併し、社名を改称して、1949(昭和24)年4月13日に 森永食糧工業株式会社から森永乳業株式会社が設立しました。

・森永乳業の商品は1929(昭和4)年12月に森永牛乳、1933(昭和8)年9月に森永チーズ、1937(昭和12)年7月に森永ヨーグルト、1947(昭和22)年6月に森永アイスクリームをそれぞれ発売しました。


★2 森永牛乳の木製牛乳箱★
森永牛乳の木製牛乳箱は、東京や横浜及び横須賀などでマンホールの蓋を探索しているときに、極たまに退色した黄色地の古い木製牛乳箱を見かけます。
イメージ 2

この森永牛乳の木製牛乳箱は、横浜市磯子区で見つけたものです。

今回は、鎌倉から越境した鎌倉町マンホール↓を鳩ケ谷小学校角地で見るため、
イメージ 3
 
埼玉高速鉄道線埼玉県川口市鳩ケ谷駅で下車し、旧鳩ケ谷市の蓋を散策中に、森永牛乳の木製牛乳箱を木造家屋で見つけました。
イメージ 4
 
森永牛乳の木製牛乳箱を、正面からご覧ください。
イメージ 5
 
薄い黄色地の縦型木製牛乳箱で、上段が全体的に白く退色した丸いエンゼルマーク。
このエンゼルマークの輪郭は、薄い赤地でした。

エンゼルマークの左下にある白地の帯は、黒字で「ウルトラプロセス」と思われますが、脱色で読めません。下段は、赤字が脱色しているものの、森永牛乳とわかりました。

木製牛乳箱の正面から向って、左側面をご覧ください。
イメージ 6
 
ここは横書きで赤く森永、縦書きはヨーグルトでした。

木製牛乳箱の正面から向って右側面を、ご覧ください。
イメージ 7

縦書きで、鳩ケ谷配給所、有限会社渡邊牛乳店、電話五二〇ノ甲。
渡邊牛乳店の電話五二〇ノ甲は、共同電話甲種で相当古い時代に設置されたものです。

全体的に白く、輪郭が薄く赤地で残ったエンゼルマークをご覧ください。
イメージ 8

これが本来の赤いエンゼルマークです。
イメージ 9

鳩ケ谷では、他社のプラスチック製牛乳箱も見かけました。
イメージ 10

明治乳業のプラスチック製牛乳箱ですが、この状態では使われていないでしょう。

お昼に食べた鰻丼セットです。
イメージ 11

暑い日で、蓋探索も控えていましたので生ビールを飲めなかったのが残念でした。

※ ここでは、森永牛乳の牛乳瓶の変遷がご覧になれます。


皆さん、『街角で木製牛乳箱』を見つけませんか?


牛乳箱シリーズは、第1回千住の牛乳箱、2回明治牛乳販売店の古い看板、3回タカナシ乳業の牛乳箱、4回明治乳業の牛乳箱、5回明治乳業の木製牛乳箱1、6回明治牛乳の木製牛乳箱2、7回森永牛乳の木製牛乳箱、8回上山田温泉から越境した森永牛乳木製牛乳箱、9回雪印牛乳の木製牛乳箱が函館に、10回森永牛乳木製牛乳箱を新聞・郵便受けに活用、11回きれいな雪印牛乳の木製牛乳箱を発見、12回森永牛乳の木製牛乳箱を東京で初見、13回閉店した森永牛乳販売店、14回森永牛乳の木製牛乳箱が鎌倉に、15回ロゴが目立つ明治牛乳木製牛乳箱、16回雪印牛乳木製牛乳箱が鎌倉に、17回明治牛乳木製牛乳箱が秦野に、18回柳川牧場木製牛乳箱、19回雪印牛乳木製牛乳箱が神田に、20回近藤牛乳の木製牛乳箱、21回秦野の森永牛乳木製牛乳箱、22回雪印牛乳木製牛乳箱が函館に、23回近藤牛乳の木製牛乳箱が横須賀に、24回小樽で森永牛乳の木製牛乳箱を発見、25回名糖牛乳の木製牛乳箱、26回森永牛乳の木製牛乳箱 〜横浜〜、27回明治牛乳の木製牛乳箱 〜横浜〜、28回森永牛乳の木製牛乳箱〜熊本市〜、29回森永牛乳の木製牛乳箱と量水器の越境蓋〜横須賀市〜、30回明治牛乳の木製牛乳箱 〜北九州市〜、31回雪印牛乳の木製牛乳箱 〜北九州市〜、32回森永牛乳の木製牛乳箱と鬼瓦〜横須賀市〜、33回森永牛乳の木製牛乳箱と用地界標〜横浜市〜、34回明治牛乳の木製牛乳箱とNHK放送受信章、35回高梨牛乳の木製牛乳箱、36回森永牛乳の木製牛乳箱、37回明治牛乳の木製牛乳箱と本所管轄の琺瑯看板があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 


★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海兇気鵑裡丕謄瓠璽ーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 12





※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事へコメントをお願いします。

※ コメントは公開&トラックバックのみ閉じています。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事