ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

三浦半島東南端の小原台に位置し、広大な敷地65万平方メートルの防衛大学校を見学した目的は、地上式消火栓と自衛隊の桜蓋を見つけることでした。

地上式消火栓は、相模女子大学にあったメーカー不明なKNと、茂又鐵工所の計2基を見つけました。
イメージ 1

この双口地上式消火栓が、KNのロゴマークで、メーカーが不明なものです。

このほかにも、敷地内で単口地上式消火栓なども見ましたが、見学エリアでないため、撮れませんでした。

自衛隊の桜蓋は、桜の雄しべと雌しべが陽刻のものと、陰刻のものとに大別されます。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


ブログを開設してから、11月21日で9年311日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで、あと54日です。



これは地上式消火栓の第25弾です。
今回は『防衛大学校の地上式消火栓』です。





★1 防衛大学校の紹介★
防衛大学校は、京浜急行電鉄本線馬堀海岸駅からバス乗車6分か、徒歩で25分ほどの場所にあります。
イメージ 2

この建物が本部庁舎です。

左側に見える高い塔が、高さ50mの給水塔で、円形状建屋が図書館の明り取りです。
イメージ 3
 
記念講堂に入ると、富士山と桜の花弁を描いた素晴らしいステンドグラスが見れます。
イメージ 4

このステンドグラスは「若人の城」で、防大創立50周年記念で設置されました。

日本を代表する富士山と、陸・海・空を示す「咲き誇る桜」「金色に輝く海」「紺碧の空」をデザインし、国を守る「若人の城」として小原台の場を表しています。


★2 防衛大学校の地上式消火栓★
防衛大学校の敷地で、消防水利の一つである地上式消火栓(以下、「消火栓」と略。)が見つかりました。
イメージ 5

消火栓と消火栓標識(FIRE HYDRANT)を、ご覧ください。
イメージ 6

正面から、双口消火栓をご覧ください(再掲)。
イメージ 1

消火栓の栓体色は一般的な赤で、ロゴマークKNはメーカーが不明です。
イメージ 7

同じKNの消火栓が、相模女子大学にありますが、こちらは単口です。
イメージ 8

防衛大学校では、別の消火栓もありました。
イメージ 9

この双口消火栓を、正面からご覧ください。
イメージ 10

これは特徴的なロゴマークです。

こちらは、消火栓を裏側から撮りました。
イメージ 11

この消火栓のロゴマークは、旧鳩ケ谷市で撮った双口消火栓と同じでした。
イメージ 12

上の消火栓の裏側にシリアルナンバープレートが貼られ、製造会社は埼玉県川口市にある茂又鐵工所でした。
イメージ 13

しかし、この会社は川口市に現在ありません。倒産したのでしょう。


★3 防衛大学校の桜蓋と展示物★
防衛大学校で見られる自衛隊マンホールの蓋といえば、桜蓋です。

桜蓋をご覧ください。
イメージ 14

二つの桜蓋にある雄しべと雌しべを比較すると、明らかに違いがあります。
イメージ 15

桜の花の雄しべと雌しべは、陽刻の蓋と陰刻の蓋とに大別されます。
イメージ 16

自衛隊基地を丹念に調べれば、もっと多様なことがわかります。


★防衛大学校の展示物をご覧ください★

これは、93式水上艦艇用魚雷です。
イメージ 17

この魚雷は酸素魚雷で、空気魚雷のように窒素を排出せず、敵に発見されにくいです。

こちらは、61式戦車です。
イメージ 18

アメリカ軍から供与された戦車に比べて、燃費や鉄道輸送に適合するなど日本の国情に合った戦車です。

これは、F-1支援戦闘機です。
イメージ 19

この支援戦闘機の国内開発で、日本の航空技術の発展に貢献しました。



みなさん、『ご当地で消火栓』を楽しみませんか!?


地上式消火栓シリーズは、第1回荒玉水道の地上式消火栓を発見!、2回函館の地上式消火栓、3回シンガポールの地上式消火栓と街並み、4回川崎市の地上式消火栓、5回ハワイの地上式消火栓、6回香港の地上式消火栓と青空市場、7回グアムの地上式消火栓、8回アモイの地上式消火栓、9回ベトナムの消火栓、10回小樽市の赤い消火栓、11回小樽市の黄色い消火栓、12回小樽市の悗ぞ嘆仞、13回ハワイの銀色消火栓とカメハメハ大王像、14回小樽市 黄―赤色の消火栓、15回小樽市 悄柔嵜Г両嘆仞、16回札幌市の黄色い消火栓〜地上式単口・双口消火栓〜、17回座間キャンプの桜まつりと消火栓、18回総持寺の桜と消火栓、19回キャンプ座間の桜と消火栓、20回總持寺の八重桜と消火栓の見本市会場、21回登戸研究所の帝國陸軍の地上式消火栓、22回鳩ケ谷市の地上式消火栓、23回ベトナムの地上式消火栓とフォー、24回相模女子大学の地上式消火栓があります。

消火栓蓋シリーズは、第1回川崎市の双口消火栓、2回江戸川上水町村組合の単口消火栓、3回目黒町水道の消火栓、4回大正時代の小樽區消火栓蓋、5回函館の地下式消火栓、6回イギリス・ロンドンとオックスフォードの消火栓、7回長崎市の花 あじさいのマンホール、8回長崎市 傾斜地の防火対策、9回江戸川上水町村組合の水道専用プレートと消火栓蓋、10回座り込み禁止のビルと消火栓蓋の確認、11回民家の葡萄と小判型消火栓蓋の撤去、12回小判型消火栓蓋の新たな残存、13回横須賀市の右書き楕円型消火栓蓋、14回小倉市の右書き水道消火栓蓋と量水器、15回旧若松市の消火栓、16回神奈川県営水道の消火栓蓋と浦賀ドックの煉瓦刻印、17回神奈川県営水道の単口消火栓蓋、18回葉山町の消火栓標識と消火栓蓋、19回消火栓標示杭と越境蓋のコラボ、20回築地市場と消火栓、21回葉山にある神奈川県営水道の単口消火栓蓋があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 


★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海兇気鵑裡丕謄瓠璽ーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 20





※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事へコメントをお願いします。


※ コメントは公開&トラックバックは閉じています。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事