ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

今から8年前の2009年に、台北へ行ったときにマイクロバスや路上で撮った地上式消火栓をご覧ください。

ピザハットの近くには、栓体色が目立つ赤色の三方口地上式消火栓がありました。

台北では、PizaHut以外にSUBWAY、McDonald's、MOS BURGERなど日本でも、お馴染みのファーストフード店があります。
イメージ 1

台北で車窓から撮った写真のなかに、三方口地上式消火栓が写っていました。

地上式消火栓の名称は、消火栓、消防栓、救水栓へと順次変ってきているようです。
地下式消火栓(消火栓蓋)についても、消火栓の名称変遷は同じでしょう。


ブログ開設10周年では、皆様から温かなコメントと激励を頂戴し、大変ありがとうございました。
当ブログを今後とも宜しくお願い致します。



馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。




これは地上式消火栓の第29弾です。
『台北の地上式消火栓とヤクルトの宅配』です。




★1 台北の地上式消火栓★
地上式消火栓(以下、「消火栓」と略。)は、建造物を火災から守る消防水利の代表的なツールです。

台北市内で車窓から撮った街並み写真のなかに、三方口消火栓が写っていました。
イメージ 2

消火栓の高さは、隣の女性と比較すると、小学生低学年の身長くらいです。

街並のなかで、溶け込んでいる赤い矢印で示した消火栓をご覧ください。
イメージ 3

イメージ 4

二基の消火栓↑は小さく写っていますが、ROLEX店舗前やベトナムで撮影した三方口消火栓↓と同じ形態でしょう。
イメージ 5

この消火栓は、街中の歩道で撮りました。
イメージ 6

赤いベレー帽を被った消火栓は、1982年製で口金キャップは1個所がありません。
イメージ 7

アップした消火栓は、「消」部分が消えていますが、消火栓蓋と同様に消火栓でしょう。
イメージ 8

この地下式消火栓も、日本と同じ名称の消火栓です。
イメージ 9

こちらの消火栓は、名前が消防栓です。
イメージ 10

メーカーは北水工、年代は1999年製です。
イメージ 11

こちらの消火栓も、口金キャップが2個所でありません。
イメージ 12



★2 台北のファーストフードとヤクルトの宅配★
台北で見かけたファーストフードの店舗をご覧ください。

マクドナルド(McDonald's)は、アメリカが発祥のハンバーガー店で一番有名です。
イメージ 13

モスバーガー(MOS BURGER)は、日本が発祥のハンバーガーチェーンです。
イメージ 14

このメニューと値段表は、店舗前で撮りました。
イメージ 15

サブウェイ(SUBWAY)はアメリカが発祥で、長楕円形サンドイッチが主力商品です。
イメージ 16

このヤクルトは、台北のコンビニで買ったものです。
イメージ 17

台湾ヤクルトレディーが、ヤクルト宅配乳製品を、三輪自転車で宅配しています。
イメージ 18

緑色ケースに宅配ヤクルトを入れています。日本とは違った感じを受けました。

都内の宅配センター前で撮りました。台北とは宅配ケースや制服も違います。
イメージ 19

日本でも小樽は坂道が多く、4月でさえ残雪がある場所で撮りました。
イメージ 20

ヤクルトの宅配は、国情や地域特性に合わせた宅配方法や、容器の違いも見られます。



みなさん、『台北では消火栓』も見ませんか!?



地上式消火栓シリーズは、第1回荒玉水道の地上式消火栓を発見!、2回函館の地上式消火栓、3回シンガポールの地上式消火栓と街並み、4回川崎市の地上式消火栓、5回ハワイの地上式消火栓、6回香港の地上式消火栓と青空市場、7回グアムの地上式消火栓、8回アモイの地上式消火栓、9回ベトナムの消火栓、10回小樽市の赤い消火栓、11回小樽市の黄色い消火栓、12回小樽市の悗ぞ嘆仞、13回ハワイの銀色消火栓とカメハメハ大王像、14回小樽市 黄―赤色の消火栓、15回小樽市 悄柔嵜Г両嘆仞、16回札幌市の黄色い消火栓〜地上式単口・双口消火栓〜、17回座間キャンプの桜まつりと消火栓、18回総持寺の桜と消火栓、19回キャンプ座間の桜と消火栓、20回總持寺の八重桜と消火栓の見本市会場、21回登戸研究所の帝國陸軍の地上式消火栓、22回鳩ケ谷市の地上式消火栓、23回ベトナムの地上式消火栓とフォー、24回相模女子大学の地上式消火栓、25回防衛大学校の地上式消火栓と自衛隊の桜蓋、26回鎌倉国宝館の地上式消火栓、27回建長寺の地上式消火栓、28回待乳山聖天の地上式消火栓があります。

地下式消火栓シリーズは、第1回川崎市の双口消火栓、2回江戸川上水町村組合の単口消火栓、3回目黒町水道の消火栓、4回大正時代の小樽區消火栓蓋、5回函館の地下式消火栓、6回イギリス・ロンドンとオックスフォードの消火栓、7回長崎市の花 あじさいのマンホール、8回長崎市 傾斜地の防火対策、9回江戸川上水町村組合の水道専用プレートと消火栓蓋、10回座り込み禁止のビルと消火栓蓋の確認、11回民家の葡萄と小判型消火栓蓋の撤去、12回小判型消火栓蓋の新たな残存、13回横須賀市の右書き楕円型消火栓蓋、14回小倉市の右書き水道消火栓蓋と量水器、15回旧若松市の消火栓、16回神奈川県営水道の消火栓蓋と浦賀ドックの煉瓦刻印、17回神奈川県営水道の単口消火栓蓋、18回葉山町の消火栓標識と消火栓蓋、19回消火栓標示杭と越境蓋のコラボ、20回築地市場と消火栓、21回葉山にある神奈川県営水道の単口消火栓蓋、22回鎌倉の紅葉と、消火栓と防火水槽、23回鎌倉の乾式連結送水管送水口とキネマ丼、24回マンホールサミット埼玉2017と消火栓があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 


★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海兇気鵑裡丕謄瓠璽ーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 21



★2 米国・香港・日本株式市場★





※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事へコメントをお願いします。


※ コメントは公開&トラックバックは閉じます。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事