ここから本文です
馬明の路上文化遺産と投資のブログ
ブログは4月12日から、毎週水曜日の11時9分に更新です。ご訪問ありがとうございます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

小樽のホーロー看板

久しぶりに降りた南小樽駅の跨線橋内で、今まで気が付かなかった「マネービルの日興証券の温度計」のホーロー看板を見つけました。

私がマネービルの日興証券の温度計を撮っている様子を見て、興味を持った台湾からいらっしゃった美女が、一眼レフカメラで「マネービルの日興証券の温度計」のホーロー看板を撮りだしました。
イメージ 1

台湾女性はホーロー看板が珍しいと思ったのではなく、看板に温度計があること、小樽の気温を知りたかったようです。

小樽では、新たなホーロー看板の出会いもありましたが、それとは逆に珍しい広告付きPEPSIペプシコーラの看板が撤去された現実も知りました。




馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問下さいまして、有難うございます。




記事はホーロー看板の第38弾です。
『小樽のホーロー看板』です。




★1 ホーロー看板★
ホーロー看板は、かつて屋外広告で使用された看板です。

大塚製薬が1960(昭和35)年代に、大村崑を採用したオロナミンCが有名です。
イメージ 2



★2 小樽のホーロー看板
マネービルの日興証券の温度計と駅名看板
「マネービルの日興証券の温度計」のホーロー看板は、初見でした。
イメージ 3

この画像は、南小樽駅を下車し、ホームから駅舎まで連絡する跨線橋です。
イメージ 4

北海道のホームには、「本場の味サッポロビール」と対の駅名ホーロー看板があります。
イメージ 5

台湾から小樽観光でいらっしゃった美女と、「マネービルの日興証券の温度計」のホーロー看板です。
イメージ 6


広告付きペプシ
2014年9月に撮影した赤石商店のペプシの広告付きホーロー看板を、ご覧ください。
イメージ 7

小樽は、海風による塩害と積雪量の多さから、ホーロー看板が相当腐食していました。
イメージ 8

今年、このペプシの広告付きホーロー看板を見に行きましたら、撤去されていました。
イメージ 9


合名會社 津輕物産商會
小樽は、4月の春とはいえ、道路にはまだ残雪が見られます。

合名會社 津輕物産商會のホーロー看板を、ご覧ください。
イメージ 11

小樽が青森県の津輕とは、昔から交易をもっていたのがわかります。
イメージ 10


居酒屋みよこのホーロー看板
こちらが、小樽一の歓楽街・花園にある居酒屋みよこです。
イメージ 12

この居酒屋は、3年前の秋から閉店でした。

居酒屋みよこの営業時間は、入口の木製看板を見ると午後五時から午後十二時です。
イメージ 13

木製看板の左隣にある白地に青字のホーロー看板が、傑作です。
イメージ 14

達筆な字で「十八歳未満の方の、ご来店 堅くお断りします」と、書かれています。

車の出入口につき駐車ご遠慮下さい
かって、消防本部があった建屋に、白いホーロー看板がありました。
イメージ 15

車の出入口につき 駐車ご遠慮下さい 消防本部
イメージ 16

この場所は、消防車の出入口でしたので、至極当然な表示事項でした。

東芝電気洗濯機・日立ランプ
2階建て木造家屋の屋根は、雪が落ちやすい仕掛けです。
イメージ 17

ここにある東芝電気洗濯機・日立ランプのホーロー看板を、今回も確認できました。
イメージ 18

数年後にも、このホーロー看板が見られることを願ってます。

この白い建物が、1936(昭和11)年に建てられた旧小樽保証牛乳の事務所でした。
イメージ 19

今は小樽ミルク・プラントで、4月中旬から11月3日までの営業期間中は、市民や観光客がソフトクリームを美味しく食べられます。



みなさん、『路上散歩で、ホーロー看板』を楽しみませんか!



ホーロー看板シリーズは、第1回懐かしの琺瑯看板、2回お好み焼き屋の琺瑯看板、3回秦野市の琺瑯看板、4回琺瑯電話板、5回函館のコカ・コーラ号とコカ・コーラ看板、6回お好み焼き居酒屋の丸ポストと琺瑯看板、7回中華ソバ屋の琺瑯看板、8回不用になった宅配便系琺瑯看板、9回塩の琺瑯看板、10回ランプの琺瑯看板、11回函館の琺瑯看板、12回サッポロビールの琺瑯看板、13回親切第一の蓋と琺瑯看板、14回醤油の琺瑯看板、15回トタン板の琺瑯看板、16回新聞の琺瑯看板、17回たばこの琺瑯看板、18回長崎市 居酒屋の琺瑯看板、19回熊本市の水道プレート、20回西部ガスと東邦ガスの琺瑯製ガスプレート、21回九州の琺瑯看板、22回防犯連絡所の琺瑯看板、23回牛乳石鹸の琺瑯看板、24回医療関係の琺瑯看板、25回石油製品の琺瑯看板、26回郵便記号の琺瑯看板、27回青と赤の琺瑯看板 〜塩公売所・たばこ販売店・電話〜、28回PEPSI ペプシのホーロー看板、29回防犯連絡所のホーロー看板と防犯協力灯、30回謹賀新年〜右書きホーロー看板〜、31回川越で見つけたホーロー看板 、32回陶磁器製電話番号プレートとホーロー看板 、33回森永のコラボなホーロー製木製牛乳箱、34回川越市のホーロー看板、35回三崎のホーロー看板、36回ファンタとスプライトのホーロー看板、37回横浜のホーロー看板があります。

小樽訪問記は、第1回北海道庁の境界石、2回小樽にある日本銀行の境界石、3回札幌市量水器が小樽へ越境、4回小樽市右書き量水器、5回北海道の味覚 海鮮丼、6回小樽倉庫No.1で小樽ビールを飲む、7回大正時代の小樽區消火栓蓋、8回小樽のソフトクリーム、9回小樽の古い時代の水栓(止水栓)、10回小樽市の古い時代の止水栓(水止栓)、11回保証牛乳のソフトクリームと木製牛乳箱、12回小樽駅の丸ポスト、13回小樽区水道の給水標識と消火栓蓋、14回小樽市の赤い消火栓〜地上式消火栓〜、15回小樽の水道共用栓、16回小樽 うだつのある建物、17回小樽市役所は歴史的建造物、18回小樽市の黄色い消火栓、19回小樽市の悗ぞ嘆仞、20回小樽市指定の歴史的建造物〜銀行〜、21回日本銀行旧小樽支店の金融資料館、22回小樽の屋号、23回小樽で森永牛乳の木製牛乳箱を発見、24回小樽市 黄―赤色の消火栓、25回小樽の消防犬 文公(ぶんこう)、26回小樽市 悄柔嵜Г両嘆仞、27回小樽郵便局の丸ポストと〒のモチーフ、28回小樽にある鱗壁の家と屋号、29回小樽 うだつ(卯建)と屋号、30回ランプの琺瑯看板、31回小樽市総合博物館の旧手宮鉄道施設、32回北海水力電気の電力プレート、33回日本銀行のマニ30形客車、34回小樽駅の裕次郎ホーム、35回小樽の取出し口横向き丸型ポスト、36回小樽の残雪で暑中お見舞いがあります。

札幌訪問記は、第1回札幌市電のコカ・コーラ号、2回札幌の大型ディスコ キング・ムー、3回札幌 廃家の水道プレート、4回北海道庁旧本庁舎とダンボ―、5回札幌市の黄色い消火栓 〜地上式単口・双口消火栓〜、6回札幌市のモダンな消火栓、7回サッポロビールの琺瑯看板、8回回転寿司 根室花まるで食事、9回DD51形カシオペア、10回札幌市マンホール〜コラボ企画 お菓子の日〜、11回札幌市路面電車のラッピング車両、12回北海道瓦斯のマンホール標識プレート、13回北海道庁旧本庁舎のガス灯と札幌市道路元標、14回札幌のオールドプレート&さっぽろテレビ塔があります。

函館訪問記は、第1回函館の丸ポスト、2回函館塩ラーメン、3回函館のイカスミ餃子、4回函館で見つけた雪印牛乳の木製牛乳箱、5回函館の操車塔、6回函館の地上式消火栓、7回弇小蓋を函館で発見、8回道内最古の小林写真館と謎の接蓋、9回函館の地下式消火栓、10回函館のデザインマンホール、11回五稜郭は藤が満開、12回雪印牛乳木製牛乳箱が函館に、13回函館ハリストス正教会は桐が満開 〜函館ハリストス正教会のデザインマンホールと絵タイル〜、14回函館のライラックと制水弇のマンホール、15回函館名産イカとデザインマンホール、16回本久商店 キリンビールの看板とライラック、17回函館のコカコーラ号とコカコーラ看板、18回遊女の供養塔 〜有無両縁塔〜、19回昼と夜の飲み屋横丁、20回グリコアイスクリームケース、21回コカ・コーラの冷蔵ケース、22回函館のレトロな街路灯、23回函館 宝来パン本店、24回函館の馬車止と陸軍省境界石、25回函館のレイモンハウス、26回函館市電の電気転轍機とカラーデザインマンホール、27回日本最古のコンクリート電柱と北海道電力マンホール、28回函館の琺瑯看板、29回五稜郭のツツジと藤の花 〜ブルーギルの駆除〜、30回ライラックと函館山、31回郵トピア記念ポストとチーズオムレット、32回函館山の要塞地と西国三十三観音、33回赤レンガの函館ビヤホール、34回函館公園と旧函館博物館、35回函館市立若松小学校初代校長と土方歳三、36回函館・元町配水場の共用栓があります。
こちらの記事も併せてご覧ください。 



★香港株投資銘柄ツール★
上海兇気鵑裡丕謄瓠璽ーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 20




※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事へコメントをお願いします。


※ コメントは公開&トラックバックを閉じます。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事