馬明の路上文化遺産

ブログは2019年4月3日から、毎週水曜日11時9分に更新します。ご訪問有難うございます。

江戸川上水町村組合

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略。)は、1920(大正9)年2月に工事設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

江戸川上水は水源を江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流に取水塔を設け、この取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。
イメージ 1

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  

江戸川上水エリアで蓋探索中に、水道専用プレートと消火栓蓋を見つけました。


馬明(まーみん:Mamin)の路上文化遺産と投資のブログをご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。


お知らせ:14日(月)の更新は、検査のため午後1時以降になります。宜しくお願い致します。


ブログを開設してから、9月11日で8年240日を迎えました。目標のブログ開設10周年まで1年125の日です。


※お願い;お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。



これは江戸川上水町村組合の第13弾&水道プレートの第5弾です。
今回は『江戸川上水町村組合の水道専用プレートと消火栓蓋』です。  




※ 江戸川上水の蓋と水道プレートは、路上文化遺産DB江戸川上水町村組合に登録されています。


★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略する。)は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水は水源を、江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設けました。
その取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町の、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  


★2 江戸川上水の水道専有プレート★
江戸川上水の水道専有プレート(以下、「水道プレート」と略。)を初めて見たのは、2013(平成25)年1月21日の残雪が残る寒い日でした。
イメージ 2

木造家屋の紫色矢印で示した場所に、見知らぬ水道プレートがありました。

この水道プレートは、茶色のペンキで無残な厚塗りでした。
イメージ 3

紋章をよく見ると、水の周りに川が、エとトも見えてきそうです。

江戸川上水の紋章は、江「エ」、戸「ト」、「川」、「水」の4文字からデザインされたものです。
イメージ 4

茶色に塗り潰された水道プレートの紋章は、江戸川上水の紋章↑と判断できます。

2013(平成25)年5月には、この廃家の灰色矢印で示した場所に、江戸川上水の水道プレートを見つけました。
イメージ 5


江戸川上水の水道プレートをご覧ください。
イメージ 6

江戸川上水の紋章の右側に「専」、左側に「用」が刻印された、右書きされた専用水道プレートでした。
イメージ 7
 
江戸川上水の専用水道プレートには、このような左書きもあります。
イメージ 8

これは1931(昭和6)年10月27日に改正された「水道使用条例(条例名を略)」で提示された標識です。
江戸川上水の標識には、「専用」「特別」「共用」があります。

廃屋で見つけた水道プレートの紋章は、江戸川上水の紋章と確認されました。
イメージ 9

もう一度、江戸川上水の紋章と水道プレートを比較して、ご覧ください(再掲)。
イメージ 4

このことからも、茶色にペンキで塗り潰されたプレートも、江戸川上水の水道プレートといえます。

その後、別の場所でも江戸川上水の水道プレートを、見つけました。
イメージ 10

この水道プレートは、「専用」ではなく、「専普」又は「普専」でした。

文字を見やすくするため、コントラストを付けた画像をご覧ください。
イメージ 11

江戸川上水の紋章の右側が「普」、左側は「専」と刻印された、専普(普専)水道
プレートのようでした。


★3 江戸川上水の消火栓蓋★
この江戸川上水の消火栓蓋は、咳で見つかった現在唯一の残存事例です。
イメージ 12

この江戸川上水の単口消火栓蓋は、前を歩いていた人が猛烈な咳をしたので、左側に顔を背けたときに、偶然2012(平成24)年9月8日に足立区千住3丁目で見つけました。 

江戸川上水の単口消火栓蓋の寸法を、恒例の20センチ竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 13

これ以降、新たな江戸川上水単口消火栓蓋の残存事例はありません。
この場所で末永く余生を送っていただきたいです。


皆さん、『江戸川上水の水道プレートや蓋』を見ませんか?!





★株投資情報★
★1 香港株投資銘柄ツール★
上海IさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。
イメージ 14





※ お友だち登録は受付けていません。お気に入り登録とブログリンクをされましたら、記事にコメントをお願いします。

イメージ 11

永井荷風も踏んだ?!江戸川上水水止栓






これはマンホールウォークの第145弾です。




※ 江戸川上水の蓋は路上文化遺産DB江戸川上水町村組合に登録されています。


★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略する。)は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水は水源を、江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設けました。
その取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  


★2 江戸川上水の水止栓★
玉の井いろは通りを探し求めて、行く途中、東武伊勢崎線の東向島駅で表示板に“旧玉ノ井”と書かれているのを見かけました。
イメージ 1

そこで、東向島駅の駅員に花街玉の井いろは通りの場所を聞きましたが、知らないですと言われてしまった。

東武伊勢崎線のガード下を暫く歩くと、右手に見えたのが “いろは通り”入口でした。
イメージ 2

ここ玉の井は永井荷風の小説『濹東綺譚』で描かれた赤線地帯です。矢印の場所に今日の話題が。

玉の井いろは通りは小規模ながら豆腐屋、花屋、衣料品店、医院、洋装店、寝具店、美容院、魚屋など生活に欠かせないお店は全てありました。
イメージ 3

イメージ 4

↑の写真は出口から撮った“いろは通り”です。

本題に入ります。いろは通り入口近くで江戸川上水の水止栓を発見しました。
イメージ 5

こちらです。左側から栓止水と書かれ、栓の字はかなりの摩耗で字も削り取られていました。
イメージ 6
 

イメージ 7

文豪の永井荷風もこの水止栓を踏んだかもしれません?!


蓋の紋章をご覧ください。
イメージ 8

紋章は摩耗があるものの江戸川上水組合の徽章のエ、川がおおよそわかります。

江戸川上水“水止栓”の寸法を、恒例の竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 9



この場所で末永く余生を送っていただきたいです。



皆さん、『江戸川上水の蓋』を見ませんか?!




★香港株投資銘柄ツール★
上海IIさんのPFメーカーの企画に賛同して、馬明が99銘柄からなる香港4号(期待株)を作成しましたので、
皆さんのポートフォリオ検索としてご利用ください。 
イメージ 10



開く コメント(95)

開く トラックバック(0)

イメージ 11

これが江戸川上水の水止栓!






これはマンホールウォークの第128弾です。



馬明はブログで江戸川上水町村組合の路上文化遺産を、10回報告しています。

1回江戸川上水の止水栓、2回江戸川上水の量水器、3回江戸川上水の水止栓、4回江戸川上水の水止栓2、5回江戸川上水の単口消火栓、6回江戸川上水の量水器2 、7回江戸川上水の水止栓3、8回江戸川上水の量水器3、9回江戸川上水の水止栓4、10回江戸川上水の水止栓5に続く、今回11回目は『江戸川上水の水止栓を千住橋戸町で3枚発見』です。


★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略する。)は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水は水源を、江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設けました。
その取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  


★2 江戸川上水の水止栓★
江戸川上水の蓋は、路上文化遺産DB“江戸川上水町村組合”に登録されています。


日光街道が南千住へ向かって荒川を渡る千住大橋の北詰には、奥の細道で有名な“矢立初めの地”の石標が建つ大橋公園があります。
イメージ 1

この大橋公園には工水関係の蓋が見られ、その中でも工業用水空気弇の大きな角蓋が目立ちます。
イメージ 2
 
この工業用水空気弇近くには、江戸川上水の水止栓が3枚あります。

江戸川上水の水止栓の1枚目は、大橋公園に近い電信柱の脇にあります。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この水止栓はあたかも電信柱に守られているようです。

江戸川上水の水止栓の2枚目はこちらです。
イメージ 6
 
1枚目の蓋に比べれば、よく摩耗していました。

江戸川上水の水止栓の3枚目はこちらです。
イメージ 7

この蓋は先の2枚目と同じでL型側溝の場所にありました。
イメージ 8

水止栓3枚の蓋のなかでは、紋章も刻まれた文字も一番良い状態で残存していました。

蓋の紋章をご覧ください。
イメージ 9

紋章は摩耗があるものの江戸川上水組合の徽章の特徴がわかりました。

江戸川上水“水止栓”の寸法を、恒例の竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 10


今回のように江戸川上水の水止栓が、一度に3枚も容易に見つかったのは“奥の細道”効果があったのかもしれません。

この場所で末永く余生を送っていただきたいです。



皆さん、『江戸川上水の蓋』を見ませんか?!

開く コメント(69)

開く トラックバック(0)

イメージ 10

これが江戸川上水の水止栓!





これはマンホールウォークの第113弾です。



馬明はブログで江戸川上水町村組合の路上文化遺産を、9回報告しています。

1回江戸川上水の止水栓、2回江戸川上水の量水器、3回江戸川上水の水止栓、4回江戸川上水の水止栓2、5回江戸川上水の単口消火栓、6回江戸川上水の量水器2 、7回江戸川上水の水止栓3、8回江戸川上水の量水器3、9回江戸川上水の水止栓4に続く、今回10回目は『江戸川上水の水止栓を平井7丁目で発見』です。


★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略する。)は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水は水源を、江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設けました。
その取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  


★2 江戸川上水の水止栓★
江戸川上水の蓋は、路上文化遺産DB“江戸川上水町村組合”に登録されています。


江戸川上水の蓋探しをするときに、前々から気が付いたのは江戸川区で該当の蓋がまだ見つかっていないことでした。

そこで、今回の江戸川区散策で地図を改めて調べたところ、平井7丁目に天照皇大神を祭る天祖神社の存在が非常に気になりました。
 
ここが天祖神社の鳥居です。
イメージ 1

天祖神社の境内には水神社と八紘一宇と刻まれた石標があります。
イメージ 2

八紘一宇の言葉は、第二次世界大戦中に大東亜共栄圏の建設の標語の一つとして用いられてきました。
イメージ 3

戦後、GHQは八紘一宇の使用禁止、石標から八紘一宇を削り取る命令を下したので、この石標は運よくGHQの手から免れたのでしょう。

今回、江戸川区で初めて江戸川上水の水止栓を天祖神社の手前で見つけました。
イメージ 4
 
イメージ 5

蓋にある江戸川上水の紋章と文字もある程度摩耗はしていました。

江戸川区内で初めて見つかった江戸川上水の水止栓をご覧ください。
イメージ 6

イメージ 7

蓋を見て、紋章と刻まれた文字から江戸川上水の水止栓と判別できました。

蓋の紋章をご覧ください。
イメージ 8

やはり紋章自体はかなりの摩耗度でした。

江戸川上水“水止栓”の寸法を、恒例の竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 9


今回、この蓋が容易に見つかったのは“天祖神社”のご加護があったためでしょう。

この場所で末永く余生を送っていただきたいです。



皆さん、『江戸川上水の蓋』を見ませんか?!

開く コメント(73)

開く トラックバック(0)

イメージ 10

これが江戸川上水の水止栓!





これはマンホールウォークの第112弾です。



馬明はブログで江戸川上水町村組合の路上文化遺産を、8回報告しています。

1回江戸川上水の止水栓、2回江戸川上水の量水器、3回江戸川上水の水止栓、4回江戸川上水の水止栓2、5回江戸川上水の単口消火栓、6回江戸川上水の量水器2 、7回江戸川上水の水止栓3、8回江戸川上水の量水器3に続く、今回9回目は『江戸川上水の水止栓を大島3丁目で発見』です。


★1 江戸川上水町村組合★
江戸川上水町村組合(以下、「江戸川上水」と略する。)は1920(大正9)年2月に工事の設計に着手、同年8月に設計を完了、1921(大正10)年11月28日に認可されました。

1922(大正11)年3月18日に工事実施設計及び一部工事変更の認可指令あり、同年4月9日に工事を着手しました。

江戸川上水は水源を、江戸川右岸葛飾区内常磐線鉄橋下流地点に取水塔を設けました。
その取水塔から江戸川の水を取水し、金町浄水場で浄化した水を、1926(大正15)年8月1日に南葛飾郡砂町・隅田・寺島・吾嬬・亀戸・大島・小松川の7町、南足立郡千住町、北豊島郡南千住・三河島・日暮里・尾久の4町、合計3郡12町へ一部給水を開始しました。

江戸川上水は1932(昭和7)年10月1日に東京市によって、2町村組合(江戸川上水、荒玉水道)経営及び8単独町営(澁谷町、目黒町、淀橋町、大久保町、戸塚町、代々幡町、井荻町、千駄ヶ谷町)の計10水道事業の一つとして併合経営されました。  


★2 江戸川上水の水止栓★
江戸川上水の蓋は、路上文化遺産DB“江戸川上水町村組合”に登録されています。


江戸川上水の蓋探しをする前に、亀戸の餃子専門店“藤井屋”へ入りました。
イメージ 1

イメージ 2

ここは中国人経営のお店で800円のラーメン、半チャーハン、半餃子定食を食べました。
半チャーハンとはいえ量も、餃子の味も満足できました。

今回、江東区で初めて江戸川上水の水止栓を明治通の歩道・大島3丁目で見つけました。
イメージ 3

イメージ 4
 

蓋の紋章と文字は相当摩耗していました。
イメージ 5

イメージ 6

摩耗した紋章と、刻まれた文字から江戸川上水の水止栓と判別できました。

蓋の紋章をご覧ください。
イメージ 7


江戸川上水“水止栓”の寸法を、恒例の竹製物差しと100円硬貨でご覧ください。
イメージ 8


この蓋があった真向いにも超摩耗した蓋を見つけました。
イメージ 9

これは紋章が円を描いていますので、もしかすると、江戸川上水の蓋かもしれません?!



皆さん、『江戸川上水の蓋』を見ませんか?!

開く コメント(75)

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事