全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全900ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

同好の士

こういう記事を書いていて、


http://blogs.yahoo.co.jp/aqua_nol/63656230.html


こういう記事に巡り会うと


http://maclalala2.wordpress.com/2012/11/19/イノベーションは闘いだ/


とても面白いなぁと思います。はっきり言ってこういうのがあるからブログを止められません。自分と同じようなことを考えている人がいるってのはとても面白いことです。それがなにかに「精通していた人(上記であればAppleにかつて勤めていた人)」の文章ならなおさら。自分の駄文もまんざらではないなぁと素直に「良い気分」になりますから。



いつもいつも一人だけ「浮いている」と思っていた学生時代には、だからこそ意識して浮いていた部分もたくさんあるし、高校時代などは自分自身そうとう嫌な人間になっていたので、馬鹿でもちょんでも大学とか、お前、学問に興味ないくせになんで大学なんだ?氏ねよ!的な態度を露骨に出していたりもしました。

だから高校時代は友達一人もいなかったし。

ものの見事に高校の同窓会には今の今までまったく一度も呼ばれてないし、僕自身、高校時代は本当に自分の歴史から抹消したいものです。笑



大学などにも行き、社会にも出て、なんとはなしに「自分は変わり者」とも思わなくなり(というか、忙しい日常でそれどころではなく)、そういうことをすっかり忘れ、いろいろ浮き沈みもあって、僕も普通の人と同じだと思ってたら、やっぱり相も変わらずちょっと変だよね?変わってるよねと言われ、もうどうにもならんと諦めの境地になり、現在に至ってます。

なにも女性のように「変わってる自分=特別(極端なプラス思考)」とか「変わってる自分=いらない子(極端なマイナス思考)」とかじゃあないんです。

もっとちっぽけなこと。

興味の対象が同じとか、考えていることが同じとか

そういうこと。そこがずれているのです。まぁたしかに中学生の頃から心理学の本を読んで元型がどうたらとか考えてたり、中世の銅版画のなんとも言えない奇妙な感覚にハマったりするのは、どう考えてもずれてますよね。学生時代なんてセックスとか車とかおしゃれとか芸能界とか、そういう感じでしょ?ムーにハマるまでならまだしも、その向こうの学問の世界にまでどっぷりハマるなんてのは、特に田舎では珍しいことだし不健全ですよ。いつか犯罪犯すんじゃないの?的な目で見られたり。

はっきり言って、同じ趣向の同士と話がしたいなぁと何度思ったことか。

そういう学問がしたくて、そういう大学に行って、それで電車の切符が買えないような世間知らずになってもなんの問題もないと思っていたのに、実際には世間をいやというほど味わうような世界に行ってしまって、まあそのおかげで人間的に若干は補正出来たってのもありますが(笑)、でも、結局は「同好の士」が欲しいなぁと思っているのです。今でも。

だから、ブログで似たような意見があったりすると素直に良い気分になるんですよね。なにも「自分は正しいんだ」ってことではなく「同じことを思ったり考えたりしている人がいるんだなぁ」って。



キリスト教(特に原始キリスト教)とかユングとか中世ヨーロッパの銅版画とか錬金術(学問的なアプローチで)とかオカルト(これも純粋に学問的アプローチで)とかダダイズムとか耽美主義とか神話学とかそういう方向が好きって人いないかな。「薔薇の名前」に出てくる異形の建物に所蔵してあった写本を片っ端から全部見たいよねぇと思えるような人とか。

そういう人とそれこそ飽きるまであれこれ話してみたいもんだと思うのです。

まあ3年くらいは飽きないとは思いますが。笑

でも、そういう人っていないんだよねぇ。

開く コメント(3)

というわけで以前書いたのですが、まあ、とりあえず移行先は下記となっております。物言いが偉そうな変態おやじ、くされおやじのブログなので、まったくもってお勧めしませんが、興味のある方はどうぞお越し下さい。


http://aquanol.blog.fc2.com


なお、このブログはこのままで残しておきます。



さて、新しいブログですが、デザインもデフォルトにしたらなんの飾りもなくて気に入りました。別にアフィリエイトが嫌いとかいうのではないのですが、僕のルールとして、言いたいこと書きたいことを書きたいというのがあって、それ以外は極力避ける方針なのです。

これがプロの物書きなら媚びるのはありだし、ブログで生計を立てているならアフィリエイトもありでしょう。

ただでは生きていけない。稼がないと飯が食えない。当然のことです。読んでもらうための工夫を貪欲にすることに対してはなんの否定もありません。

僕がYahooのブログから出て行くのは、もちろん広告がでかでかと載ってしまっているからですが、Yahooブログもただでは維持出来ないってことだと僕は思っています。ただで使わせてもらっているので、あれこれごてごてしても文句は言いません。嫌なら出て行けばいい。そういうシンプルな考えってだけのことです。

小難しい思想なんてないのです。

ただ、自分の言うことややることに責任くらいはもちたいなぁと。



人様の儲けに加担しようとは思わない。ただ単に「言いたいこと書きたいことだけ書いて、それでなにができるのか」ってだけのことです。だから余計なものはいらないのです。最近はやりのSNSも一切切り離します。ツイートだのいいねとかいうようなものもいりません。

できれば、僕の駄文でもって、あれこれ考えてほしいなぁとは思います。そうであるならとてもうれしいことです。集中して考えてほしいので、余計な飾りはなし。気が散るような広告もなし。

気になったら調べに行けばいいのだから、情報もあまり盛らない方向だし、こんな場末のブログであっても、僕は僕なりに考えていたりします。

下手な考えなんとやらって感じですが。笑



ま、馬鹿は馬鹿なりにってことで。

開く コメント(8)

ほんとに分かりやすいプロパガンダ、これぞプロパガンダという”茶番劇”が行われていますね。

もちろん自民党の安倍総裁に対するそれのことです。

わっかりやすすぎ。笑

けどこれ、



先の衆院選



でも、そうだったんですよ。しっかり目玉がついている人からすれば「あまりにも分かりやすいプロパガンダ」でしたよね。というか、”あまりにも分かりやすかった”ため、まさかこんな茶番に騙される馬鹿なんて「いない」と当時の僕は思ったものです。しかし結果はといえば





馬鹿連中がしっかり騙されて





政権を取ってはいけないキチガイ集団が政権を取ってしまいました。





笑。

やれやれ。まったくもって、マスゴミ様がつけあがる理由も分かるってもんです。この手の露骨な茶番でもしっかり騙されるんだもの。そりゃあますます増長するってもんです。そもそもサヨクは以前定義したように「俺こそわたしこそがなんでも一番」だというお子様連中。そういう連中にとって、自分以外の馬鹿を見下して騙すなんてのは、それこそ快感でしょう。全能感、万能感に酔いしれていることでしょう。このオレサマの行動で馬鹿が騙されるんだからと、高笑いしていることでしょう。

まさにオレオレ詐欺と同じ構図なんです。

端から見れば「なんでだまされるのかな?」という茶番なのに、どういうわけか騙される。

原発
公共事業
日銀の独立性
官から民へ
政治主導
TPP

まあ、上記に絡めてきれいごとを言うキチガイと「あ、俺俺!」といって詐欺を行うキチガイはほんとにそっくりです。ほんとうにそうなのかと自分で「ほんの少しでいい」「ほんのひと手間でいい」確認してれば「決して騙されることなんてない」のです。



あ、そうそう。「第三極」って言葉もプロパガンダだとここで偉そうに指摘しておきますよ。はっきり言って、騙される馬鹿がたくさんいそうな予感がしています。前回の衆院選でも僕は偉そうに「絶対に後でひどいことになる。そのときは民主党に票を入れた馬鹿を徹底的に罵ってやる」的なことを書きました(当然書いたことは当たったのでそのようにしています)が、今回もあらかじめ書いておきます。自分で考えるくせがあるなら、第三極なんてのも、これまたものすごい茶番だとはっきりと分かるはず。改革だの革命だのといった言葉が好きな人は特に注意だと断言しておきます。

難しいことなんてない。素直に判断するなら「小学生にも分かる」話なのです。

開く コメント(4)

二人の関係

イメージ 1

 
 
女「3.・・・・・」
男「え?」
女「3.・・・・・」
男「・・・ああ!・・・・ええっと、3.1415」
女「926535897932384626433832795028841971693993751058209749445923078164062862089986280348253421170679・・・・」
男「・・・・・?」
女「つぎは?」
男「は?」
女「次は?」
男「は?意味わかんねぇよ」
女「8214808651328230664709384460955058223172535940812848111745028410270193852110555964462294895493038196・・・」
男「・・・・・?」
女「つぎは?」
男「は?」
女「次は?」
男「だから意味わかんねぇって」



結論)好きな男性と”えん”を作りたいのなら、素直に「好きだ」と言いましょう。

開く コメント(8)

さて、TPPについて「馬鹿(ぼくちゃんお利口ちゃん含む)には分からない」、極々当たり前のことを書いておきます。

TPP参加するなというキチガイどもの戯れ言ですが、これってこういうことなんですよね。つまり



「アメ公(アメリカ(の白人の権力者連中))にいい様にされる(蹂躙される)」



笑。

すでにこの時点で気づけない馬鹿もいることでしょう。上記を言い換えると、「参加するということ=アメリカの奴隷になる」ということなわけです。参加した「時点」で即奴隷。

さすがは政治が3流以下の国。なぜそういう発想になるのか、僕には不思議でなりません。



なぜ、「日本に都合いい様にしよう」と思わないのか?



政治って「そういうもの」でしょう?外交ってそういうこと。あれこれいちゃもんつけてくる国だったら「こちらもいちゃもんつけかえす」のが外交なはずです。相手がごり押ししてくるなら、なにをしてでも跳ね返すのが外交。言われたら言われっぱなしじゃなく、こちらからも確実に反撃するのが外交です。右手に花束なら左手には拳銃。それが外交でしょう?撃たれたら確実に撃ち殺すのが外交。武力と経済力と知力、そして「人間力」をたくみに使って自国に利益をもたらすのが外交なはずです。

なんであれとにかくにこやかに応じるのが外交だと思ってる馬鹿もいることでしょう。もめたくないばっかりに相手の言い分を鵜呑みにするのが外交だと思ってる馬鹿のなんと多いことか。

だからTPP反対なんですよね。

どうせ参加してもいい様に言いくるめられる。

そう思ってるんでしょ?



馬鹿すぎる。



そうじゃない政治家を選べばいいんです。TPPに参加しても日本主導で日本のいい様にすればなんの問題もない。アメリカは自国のためにそうしようとしているのに、日本はそうしちゃいけないなんて理屈はどこにもありません。なのに奴隷根性丸出しの馬鹿がTPP参加=アメリカの奴隷だの陰謀だの吐かすこと自体が茶番だと分からない時点で馬鹿決定なのです。

どんな国だって、国民がいて、国民を納得させる、利益をもたらすのが政治家の仕事なわけです。

アメリカなんて実に分かりやすいですよね。もうとにかく自国のため。

実にいい国ですよ。ごり押ししてでも自国のためなんだから。強力な経済と軍事力でやりたい放題ですよ。実にすごい国です。

そしてせっかくそんな国と同盟してるのに、なぜそれを最大限利用しようと思わないのか?

そこが疑問なんですよね。

日本がアメリカを真似しても別にいいんです。むしろ大いに真似してごり押しすべき。国民のために仕事をしてくれるなら、結局なにをどうしようと文句などないんです。政治家にとって大事なのは国と国民とその財産。当たり前のことです。そうであるならば、僕ちゃん良い子ちゃんであるよりもジャイアンの方がずっといい。僕はそう思います。結局なんのかんのでアメリカを世界は無視出来ないのだから。



別にTPPに参加するならするでもいいんです。それで日本の利益をぶんどってくるならなんの問題もない。自由なんだからということでアメリカの農地を買えるだけ買ってしまうなんて強引な手法でも何でもいい。同盟国なんだから資産凍結なんて出来ないでしょ。

日本にはそれほど強力な政治家なんていない

なんて思ってる人もいるでしょう。それはそういう人を選ばないからです。きれいごとじゃなく本音を言いそうな、そしてやりそうな人物を選べばいいんです。いやむしろ保守政党を選んで、その中から有望な政治家を国民が育ててもいい。そういう政党になれと選挙で示してもいい。そういう人しか選ばないと選挙で示せばなんの問題もないのです。

僕ちゃん良い子ちゃんだのきれいごとしか言わない連中なんて所詮は口だけ。



良い意味で威勢のいい馬鹿ってのが日本にはとても必要だと僕は思います。日本のためなら相手をぶん殴るってぐらいの気合がないとね。マッチョ?当たり前でしょ?力なくしてなにが出来るの?腕力も知力も人間力も、なんであっても所詮は力ですよ。国力のない国はなにもできないし存在感もないし、蹂躙されるばっかりです。チベットなんて力がないばっかりにひどい目に遭ってます。いくら国際社会が非難したところで、状況はなにひとつ変わってませんよ。せいぜい知識人の「僕ちゃんは非道を非難している(キリッ」というオナニーで終わってます。なにが非難だ。それでチベットが変わるの?話し合いを何年続けても北方領土は帰ってきませんよ。



力ってものを、特に軍事力を過小評価しすぎるのは、大東亜戦争に負けたことへの過剰反応でしょう。しかし力ってのは必要。軍事力も同様です(キッパリ)。

TPPだって、力がある国なら恐れる必要はないのです。

開く コメント(4)

全900ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事