みずがめ座の時代

笑い、希望、祈り、基督者のブログです

全体表示

[ リスト ]

占星術的思考

 占星術的思考  
 
イメージ 1
 
 
占星術といっても様々な流儀がある。
いずれの占星術も、星の動きと国家・個人の運命との間になんらかの関係性があると考え、その秘密を解明したという主張を根拠としていることである。
 
当ブログの名前が「水がめ座の時代」となっているため、ここの管理人が占星術のマニア、あるいは誕生月が「水がめ座」と勘違いして来る人が時々います。
小生は占星術マニアでもなく、またいわゆる俗流占星術(高級・専門的占星術も存在する)の分類・・・誕生月・水がめ座、とは何の関係もありません。
 
 
 
それどころか小生、キリスト者であります。
カソリック(公教会:普遍的な教会と云う意味)では昔から占星術・錬金術などは異端とされ、火あぶりの対象でした。
 
現代では、さすがにあの悪名の高い「異端審問」はほとんど行われておりません。確か第二次世界大戦後、「異端認定」がされたのは、ただ一件あっただけだと聞いております・・・・筆者はカソリックでもプロテスタントでもなく、特定の教会や宗派には所属していません。
 
 
 
 
 
現代では実証科学が大きな力を握っており、現代人は「科学」というものに、ある種のアコガレを感じ、同時に正当性の根源でもあるはずだと考えています。
「幸福の科学」などという宗教があるのを見ても、それが分かるわけです。
 
あるいは「原発は未来のエネルギー」とか信じている人もいます。そこには無邪気な科学信仰が存在している。本人の自覚性は薄いですが・・・
 
ネット右翼の女神様・櫻井よしこさんなんかは、原発事故後も「原発推進」を主張されているところなど、ケッサクです。
ああいうのは、「科学+保守+国家主義+民族主義+皇統男系主義」とでも呼ぶのでしょう。
水と油の合体みたいなものですが、悲しいことに本人にその事の自覚がない点が笑えるわけです。
 
 
 
 
 
 
 
昔、英国人の若く美しい娘と歩いていたとき、偶然ふたりの目の前を黒猫が横切った事がありました。すると彼女は私のほうを向いて、いかにも嬉しそうに云うのです、
 
「きょうは、ラッキーな日よ」と、
「でも日本では、黒猫はあまりラッキーとも思われてないのよねー」とも付け加えるのです。
 
イメージ 2
 
そうです。
黒猫が目の前を横切るという事実は、英国人にも日本人の私にも同じであるにもかかわらず、その意味は変わって来るのです。
それは歴史的文化・伝統が、人の思考を作っている事を意味している。
英国では広く一般に「黒猫がラッキー」を意味していると信じられているから、英国人ひとりひとりも、ラッキーと考えている。
ここでは、「みんながそう考える」という事実が、正しさの根拠となっている。
 
 
 
 
その西洋で、
16世紀頃から「実証」とい云う考え方が形作られた。
そこから今日の科学が生まれ、今や科学は大きな力を握った。
人々の間では科学的正しさというものが、無条件に崇拝されるような雰囲気すら出来上がっている。
 
例・・・スパコン「京」が世界最速となったら、その意味も分からず喜んでいる。
これは現代における科学信仰の代表例です。
 
 
 
「実証実験」はまさに、
「みんながそう考えるということが、正しさの根拠」という考え方を、次々に破壊していきました。
例えば、西洋では古くから「ニンニクは磁石の力を遮断する」と考えられ、誰もがそのことに疑問を持つことなく、二千年以上にわたって正しいとされてきました。
もちろん、それは「実証実験」によって、排除されたわけです。
 
 
 
 
 
その偉大な破壊力を持った「実証科学」ですが、これが意外にせいまい範囲にしか適用できないことが分かっている。一方自然や宇宙は圧倒的に大きく、実証できる対象などビビたるものでしかない。
まして科学を作り出した人間の心は、実証の対象にすらなれないのです。
 
 
 
明日の天気はかなり高い確率で分かるようになったが、三年後の天気は下駄を投げて決めても、スパコン京に計算させても、その確かラシサに違いはありません。
スパコン京の総事業費は、一千億円を越えています。
下駄ならどれだけ買えるでしょうか、スパコンは金ばかり食いますが、下駄の方が役に立ちます。
 
 
 
 
 
占星術的思考・・・の記事です
「星の動きと、国家・個人の運命との間には深い関係がある」と強く主張するところに、占星術の根拠はあります。
これを実証科学によって否定することも、肯定することも出来ません。
 
アフリカの奥地で、女が川に洗濯に行った。
運悪く、女はワニに食われてしまった。
そこで村の呪術師は、女の夫を厳しく問い詰めた。すると夫は正直に白状した。
「嫁さんの生理中に性交をしました」
すると、呪術師は「村のタブーを破れば、こうなる」とミンナに説いた。
村の者たち一同は、呪術師のすばらしい説明に、大いに納得したのである。
 
このアフリカの土人を笑える人間がいるか?
少なくとも実証科学は、この呪術師の見解を肯定することも、否定することも出来ない。
 
私はアフリカの土人ではないが、スパコン「京」が世界一になったといって意味も分からず喜んでいる者たちを笑います。
なぜなら「スパコン=科学=勝利」
と、ただ信じているだけで、そこには計算の科学に対する理解がないからです。
理解もないくせに、無条件で正しいと信じているからです。それは科学ではなく、単なる迷信でしかないからです。
 
 
 
 
 
 
今日における占星術的思考
宇宙論があります。今日の多くの人々は宇宙は今から150億年ぐらい前に、ビックバンから始まったという仮説を信じています。
これは遠くの銀河が赤方偏移をしているという観測事実からの推測です。
そしてビックバン仮説は、宇宙の全方位からくる黒体輻射を予測しており、それが観測されたから、ビックバンは事実であったと結論しています。
 
こんな事実に対して、いくらでも別の説明の仕方があります。
どちらが正しいか、実証することは不可能です。
そして観測技術の発達がもたらした新たなる宇宙の発見は、ことごとくビックバン仮説に不利なモノばかりでした。
それでも多くの科学者がビックバン仮説を信じるのはなぜか、そこには科学では解き明かされない、人間の心理が横たわってる。
 
科学者は、それほど科学的な存在ではない。
いや、それほど科学的にはれない存在です。
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
我々の前に広が手いる世界は、わけのわからぬものであるけれども、同時にそれを何とか知りたいと思っている。
それに対する答えは、あまりにか細い。
 
だから我々は、未来をあるいはアナタの知らない世界を知っている、と強く主張する人に魅かれる。
それが占星術的思考であり、非常に広範囲の人々の支持を得ているのである。
 
 
 
 
イメージ 4
 
どこかでナゾの美女が待っている
これが今日、このブログを訪問した人の
未来の運命です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

面白い記事でした。
すべては覆されるものであり
真実は過去の事実にしか他ならない。
現実世界はこのブログを訪問したオイラを待つ
ナゾの女性の手ににぎられているのです。

2012/1/10(火) 午前 9:50 [ お祭りTOSHI ] 返信する

顔アイコン

地球は太陽のまわりを周り、月は地球のまわりを回っていると学校で教えられましたが、これは真っ赤なウソでした。
そう考えたほうが計算が楽だというだけ。
かように物理学の出発点からして、シンプル・イズ・ベストという実に幼稚な美意識で始まってます。
占星術といってもピンキリですが、ピンのほうはそれなりに膨大なデータに立脚して、高度な情報処理が行われているはずで、しかも複雑なモノゴトを無理に単純化しようとしない。こっちのほうがよっぽど「大人の科学」ではなかろうか、と考えている今日この頃です。

2012/1/10(火) 午後 3:13 fusion 返信する

顔アイコン

世の中には計算できるものと計算できない(し難い)ものが有ります。

天体運動などは昔からの研究で数式が得られていて、「天文学的数値」にて計算が可能なようです。
高校時代(PCが民政化する以前)知人に天文マニヤがいて、熱心に天文観測をしていましたが、桁落ちを嫌って手回し計算機を使っていました。

計算機は便利ですが、さらに早いほど使いやすいです。

2012/1/10(火) 午後 3:44 hito 返信する

顔アイコン

お祭りさん
明日何が起こるか、誰と出会うか、
スパコンは教えてくれないが、人は知りたいと思う。

ならば人はいやでもオカルトへと向かう。

ナゾの美女は、ささやきかける。

真実は、昼と夜の間の一瞬のスキマに存在すると・・・

2012/1/10(火) 午後 4:02 みずがめ座 返信する

顔アイコン

Fusionさん
「呪術や占星術は、ジャングルの科学だ」
とユングは言っている。

近代人は、ジャングルの土人を、迷信の人たちと笑う。
果たして近代人は、彼らを笑えるほども、高級だろうか、

むしろ彼らの智慧に耳を傾けたほうが、マシではないか?

2012/1/10(火) 午後 4:13 みずがめ座 返信する

顔アイコン

兵器さん
計算の科学・シュミレーションを、私も教養として学習しました。
私は専門家ではありませんが、基本的な方法なら知っています。
計算が事実と合致するのは、かなり条件が簡単な場合に限られます。

天体の運行は、比較的計算できます。

しかし一般的な事象は計算不能です。
でも人が知りたがっているのは、その不能な世界です。

我々は日々、判断し、推論し、予想を立て、それなりに生きてる。
果たしてそれらに、根拠があるのか?
あるといえば、あるし、ないといえば、ない。

2012/1/10(火) 午後 4:18 みずがめ座 返信する

英国人の美女とはその後どうなったんですか?

もしかしてジェームスボンドですか。
世の中分からないこと、不確かなことの連続です。とりあえず今年は、アセンションが始まるそうなので、いつ次元上昇してもいいように準備に余念がありません。

2012/1/10(火) 午後 6:04 [ トキミチ ] 返信する

顔アイコン

トキミチさん
結婚しようかと考えたこともありましたが、結局分かれました。
やっぱり嫁は日本人に限ります。

2012年はどんな年か
2013年になれば、分かります

2012/1/10(火) 午後 6:36 みずがめ座 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事