ここから本文です
105歳じいさまの絵日記
旧いアルファロメオ車のレストアや修理をご紹介します。

書庫全体表示

記事検索
検索
17インチホイールを履ける様に専用ハブスペーサーが出来あがりました。
イメージ 1
15mm厚のスペーサーなのでハブ&ローターを貫通したハブボルトと固定する為4本一体のハブ強化ボルトKITも製作しています。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
イメージ 5

開くトラックバック(0)

四国カルストです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

両親、両家のお墓参り

イメージ 8

イメージ 9

松山では子供の頃から行っていた【あたり屋】さんで氷スイカを頂きに。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

開くトラックバック(0)


旧のR12フロンガスシステムのお車の方へ朗報です。
お安く修理が可能となりました。

画像をご覧下さい。(75TSの例です)

イメージ 1

33度の猛暑の中、フロントウインドーの外側がエアコン吹き出しの冷気で曇っています。


ダッシュからの吹き出し口の冷気の温度は最強レバー位置で(一番右に回したとき)
なんとマイナス温度の冷気が吹き出します。
イメージ 2


通常の温度調整つまみは、画像の所で吹き出し温度は12度位で丁度良いです。
イメージ 3

夏場でも快適そのもの、新冷媒方式でのR12ガスと新冷媒ガスと入れ替え修理が可能なりました。
代替えフロンガスとは異なります。

条件はコンプレッサーが生きていること
コンデンサーや冷媒ガスが通る経路に穴が空いていないことです。
オーリングなどは全て交換

75やSZ、164でエアコンの効きがイマイチのオーナー様はお問い合わせ下さい。
費用は134ガスへの転換から考えたら非常にお得です。
お車お預かりは約1週間から10日ほどです。
イメージ 7


R12用のコンプレッサーが壊れているオーナー様はR134フロン用のコンプレッサーを見つけましたので
各部の分解と洗浄と134ガス対応の専用パーツとの交換が必要ですがコンバート修理できます。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

こちら アウトパルコアドレス
cuapv306@occn.zaq.ne.jp
お問い合わせ下さい。

開くトラックバック(0)

昨日と今日は、アルファチャレンジの鈴鹿スペシャルでの走行会にGTAmSS先生、GTAm169号車と鈴鹿仕様の75EVOーV6の3台体制で参加しました。
イメージ 1
 
参加されたビックリオO選手の第一の目的は、GTAm169号車の、6000RPMまでの回転数で走行会慣らし運転。
とても乗りやすいそうで満足そうな笑顔。
 
SS先生も豪雨のなか全開走行を直ぐ後方で見ていましたがご立派!
イメージ 2
三重から応援で来て頂いたOちゃんとHSEちゃん、至れり尽せり!ありがとうございました。
また岡山からはお手伝いに来て頂いた75オーナーのKWAさん、大変おつかれさまでした。
イメージ 3
 
イメージ 4
あいにくの台風の影響で雨と晴れの次々と変る天候、東コースは日が差しているのですが西コースはゲリラ豪雨。
でもやはりF1のコースだけあり乾いている路面はとても綺麗でタイヤにもやさしいコースです。
イメージ 5
 
イメージ 6
走行会が終わってから亀山市にある名物食堂の亀八食堂で焼肉
ホルモンとキャベツの大盛りに特性味噌ダレで最高の味を出していました。また、行きたいと思います。
イメージ 7
 

開くトラックバック(0)

秋のお彼岸で四国へ。

毎年の事なのですが、四国へお墓参り行き、今回も四国カルスト台地に行って来ました。



フェリー着き場より石鎚山系を。
イメージ 1

途中、久万町のサークルKでの周りの風景も全てグリーンで心が和みます。
イメージ 2
途中、高知県を流れる仁淀川の上流を通ります。
最後の綺麗な自然が残された河川で大切にしたいと思います。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

33号線から途中で四国カルスト方面へ

イメージ 6

ラリーで走行するような林間道路を30分ほど走ります。対向車がくれば大変な道路です。
イメージ 7

イメージ 8

途中で蛇を見つけたので子供たちに見せるため停車、撮影。
イメージ 9

四国カルストに近づくと、そこはもう秋でした。
イメージ 10

つづく

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事