ここから本文です
走れ 伝書ヘビ!!
ブログ始めました!

書庫ジュリア

すべて表示

昨日はよんどころない事情によりお休みしました 皆さま こんばんは

さぁ、先を急ぎますよ♪

PITで並んだs800さんと クルマの確認をしますよ♪
灯火類に しっかりとテーピングされているか、また 正常に作動するか・・・
出掛ける前に帯広で確認はしてきたものの、やっぱりこうして いざ サーキットで確認するとなるとですね、一抹の不安もあったりしますね〜w
真っ直ぐ袖ヶ浦に来たんならまだしも、不測の都内観光までしちゃってますから困ります(笑

係りの方も いいタイミングでいらっしゃいまして、灯火類の確認をして頂きました!

確認が済んだところで、そういえば受付まだですよね、忘れてました(笑
お頭さんとs800さんと3人で向かいます!

おぉ〜、レーシングスーツな皆さんがテキパキと受付を済ませてるじゃないですか♪
ワタシも並んで・・・はい、194番です・・・トランスポンダーですね♪

受付を終わらせて外へ出たところで、お頭さんが「お久しぶりです〜♪」なんて話してます。
レーシングスーツを着てらっしゃらないところを見ると・・・はは〜ん、予てからのライバルで 今回はクルマの調子がイマイチだから、安全策で参加を見送った人、って感じかな?

ったら、「今回 北海道から参加した伝書ヘビさんです」なんてご紹介に預かりましてね!
そうなんです、よろしくお願いします〜♪ なんてご挨拶をしたんですが・・・
あれ? 横の方は すんごいカメラを持ってらっしゃいますよ!

これは、もしかして? なんて思ってるとですね、タフマンF様がですよ
「この人を撮らなかったら、もー知らない」てなことを仰られるんですから大変ですw

これは、おそらくプロフェッショナルなカメラマン様と、ってことは・・・もしかして・・・
モノを書く方ではございませんの? 北風とは同業者ですか(笑

頭の中で スガシカオが唄い出します♪
あなたにとってプロフェッショナルとは・・・
「計算の出来ない笑いを取れる人」by 伝書ヘビ    参った(笑

よ〜し、あと1歩 前に進もうw

そんなこんなでPITに戻ったんですけどね、トランスポンダーを車体に貼り付け、ですよね。
何処に貼るんだろ? って、皆さんの貼り付ける場所は・・・なるほどね♪
後ろのナンバープレートに貼ればイイんですね!

ったら、帯広のナンバープレートは隠しちゃダメだよ〜♪ なんて言われて マジですか!?
先ほどのプロフェッショナルな方もいらっしゃいまして「ナンバーが大事なんだから」と!
いや、サーキットって そういう場所でもない気がするんですけんどもw

んん〜、困ったな〜、って お♪ ナンバー灯のハウジング上はどうでしょ?
トランスポンダーって横にしてもイイんでしょうか? イイんですね、了解です♪

ほどなくして ブリーフィングのお時間です!
また3人で教室に入って行ったんですけどね・・・

レーシングスーツを着込んだ戦士達が もう前を見据えてドーンと座ってらっしゃる訳です!

お頭さんとs800さんとワタシは、ちょうど空いていた真ん中ぐらいの席に座りました。
うわ〜、なんかドキドキしますねー!

開会の挨拶が始まりましたよ! おはようございます〜♪

この教室の中の半分ぐらいの人達がワタシの走るクラスのクラブマンな訳ですからねw

タフマンF様からも、お話がありますよ!

ワタシとしては、皆さんのご迷惑にならないように一所懸命に走るつもりなんですが、なんせ初めてのようなビギナーのプロフェッショナルですからねw
ちょっとご挨拶でもしておいた方がイイのかもww てなことを ふと思っt
「・・・7シーズン目に入りまして、今回 初めて北海道からの参加者が・・・」マジだ!

横のお頭さんが「立って、ほら 立って 挨拶♪」ってなりましてね(笑

「よろしくお願いしますー!」皆さん 拍手で迎えて下さりまして、は〜、イイ人達だー♪
ワタシの場合、マイクを握りますと長くなりますので、これで終わって それも良かった(笑

旗の説明やシグナルの説明を真剣に聞きました!

さぁ、PITに戻りますよ♪
最初のプログラムは、と     8:40からのスポーツ走行ですね!

イメージ 1

写真が小さくてゴメンナサイw
めちゃくちゃカッコイイじゃ あ〜りませんか! 袖ヶ浦 すっげーっ♪
いろんなことを妄想しちゃいますねー(笑

イメージ 2

元気だーっ! ローソン袖ヶ浦三箇店の同窓生ですからね! これまた素晴らしいーっ♪
楽しくてしゃーないっす(笑

イメージ 3

ホントのs800(笑  音もイイんですよねー♪ サーキットに似合います、カッコイイ♪
こうやって真剣に走らせてる姿が美しいですね〜♪
ワタシは真剣になればなるほど ふざけてると言われるのは、何故ですか(笑

おおー、とか へー、とか いろんなクルマが走るのを見てたらですね・・・

ますよんさんが「凸さん、トラブル発生! 出走できないかもしれない!」と!
まじですか!? そりゃぁ 一大事! ココまで来てトラブル!? いったい何がっ!?

イメージ 4

急いで凸さんサニーの元へ・・・
「どうしたんですか、大丈夫ですか、走れるんですか!?」と矢継ぎ早に言ったら、横から
ますよんさんが「凸さんのレーシングスーツのチャックが壊れた」って・・・あのですねw

凸さんによると上げても下げてもチャックが噛み合わずに開いた状態になったんだとかw
で、すぐさまチャックの原理を解明して修理、で 事なきを得た と

イメージ 5

チャックが閉まらずに出走できなかった、っていうのも伝説になるとか言って笑ってましたけどもですね・・・
透明テープでグルグル巻きにして、スタッフには サランラップ・ダイエット中です、って言うのも伝説になりますよ(笑

ほんと、静岡のサーキット慣れした方々はスゴイですw

イメージ 6

戻りがてら、あ! これはタフマンF様の愛機ですね♪
これも、いろんなとこに手が入ってましたよ!
あ頭さんは5個、タフマンF様は7個、スリットの間に穴を開けてるんですね〜
上まで回るエンジンにしたら、こうしないと水温がとんでもないことになるんでしょうね!
伝書ヘビ号はグリルの半分にマスクまで付けてるんですけど、全然 水温が上がらないんですよ。
ピタ―ッと80℃をキープしております♪
袖ヶ浦サーキットの予選で どのくらい水温が上昇するのか確かめてみますw

イメージ 7

お頭さんの72番車の横にチョコンと佇んでますけどね、サーキットのミニがハンパなく速いことを北海道のオッサンは知っている(笑
そうだ、思い出した!
北海道は函館のミニ軍団に置いてかれっ放しですからね、少しは縮めないとヤバいんですw
袖ヶ浦で何かきっかけを掴むことが出来たらいいなぁーっ♪

イメージ 8

F1ですw
もう、なんの説明の余地もございません(笑
このレーシーなグリーン、でもって このロールケージ、よく見るとジャストなヘッドレストも付いてますよ♪
これに押し付けられる感覚は どんなでしょうねー!

イメージ 9

MG−Bでございます♪
昔 ワタシの友人も乗っておりましてね、こんなに綺麗じゃありませんでしたけどw
その時に初めてオープンカーをカッコイイと思ったんですよ♪
まぁ、よく故障してましたけど、このクルマはそんな事とは無縁でしょうね!
すんごい走りに期待しちゃいます♪

てな感じでブラブラしてましたら、スポーツ走行もおわりまして

イメージ 10

Vintageのスポーツ走行ーっ!
これまた写真が小さくて申し訳ないんですけど、マジかーっ!
1930年式 ALFAROMEO 6C ですって♪
生で見る事なんて全く無かったワタシですから、そりゃもう大変です!
tetsuyaさんに「いったい、いくらするんですか」って聞いちゃいましたからね(笑
回答は得られませんでしたが、絶対にワタシが買える金額ではありませんねw
ですので、いつか作りましょw
ベース車両は・・・ジャンクなミゼット辺りだとなんとかなりそうです(笑

さて、そろそろワタシも出走の準備にかかります!

イメージ 11

ホイールの増し締めですね、トルクレンチる(笑

と、そういえばオイルの量を見てなかった! ありゃ、時間は大丈夫でしょうかっ!?
チビっと焦るじゃないですかww
700㏄ぐらい入れときましょうかね・・・ってんで、バルボリンのボトルに小分けで持って来たルブロスを・・・ったらw

こう見えて、おそらく緊張してるんですよねw
もう少しでオイル注入ってとこで、中山きんに君 登場! 見事にボトルを捻りつぶしてやりました(笑
うっわ、キレイなPITにオイルがポタポタとww すかさず拭き上げましたよw
tetsuyaさんに笑われましたー、トホホ

イメージ 12

撮影班のますよんさんが右のクォーターにカメラを取り付けてくれましたよ♪
うまいこと撮れるとは思います、思うんですけどね、うまいことブログに貼り付けられるかっていうのが大問題なワタシですw
頑張ってみましょーっ!

イメージ 13

って、まずは予選を走るんです(笑
係りの方が「こっちゃ来い」って棒っこで手招きします♪ ドキドキですなーっ!

じつはですね、気温はそれほど高くなかった、いや 過ごしやすいくらいだったんですけどね、そこはほら、北海道の伝書ヘビw 湿度が苦手w おそらくはガラガラヘビw
この時点で喋り過ぎてて喉もガラガラヘビ(笑

なので、助手席の窓を半分開けさせていただいております♪

イメージ 14

tetsuyaさんの指令によりまして、クオーターにはコレ 大笑行(大洗  あはは♪


どうなんでしょ、人生初の動画の貼り付け、よく分かってませんけど大丈夫かなw

1周目
なんせ ビギナーが初めての袖ヶ浦のコースですからね、全く何も分かっておりません(笑
ただただ、おもしろくてしゃーないんですw

2周目
もうちょっと踏んでみましょ♪ って走ってるだけですね(笑
帯広から苫小牧、茨城から袖ヶ浦と労わって走った・・・訳でもないですけど、気にしては走って来ましたからね、エンジンは調子がイイみたいですよ♪
エアを190から200に上げたんですけど、このまま行けそうです!

3周目
あまりの嬉しさに、ストレートでオッサンが安田大サーカスばりのピースですw
バラクラバの下のニヤケ顔は放送禁止ですね〜(笑

4周目
さらに おもしろくなってきました(笑
なるほど、ココは4速ベタ踏みで回れちゃうのねー♪ 
さて次のコーナーは・・・って、イエロー出た! 習ったぞ、これは!
あら、こっち向いて止まってますね、損害が無さそうで良かったです♪
ここは3速、え 2速かも!? んん〜、ここは最高に難しそうですよーっ!

5周目 だったっけ?
よしよし、ベタ踏みのコーナーね♪ さぁ・・・どこだっけ(笑
曲がり方を考えたのに、そのコーナーがどこか分からんっ! 楽しいなぁーっ♪
右後ろは絶えず気にしてるんだけど・・・誰も来ないなぁ〜w
あんまり来てくれないのもちょっと心配になるんだよなぁ〜

6周目 でしたか? おもしろ過ぎて何週目かわからんっ(笑
(この頃から絶えず何か喋ってますねー、心配だw)
業務連絡
tetsuya先輩、大洗行は後ろ 見づらっ(笑

7周目 かどうか分かりません(笑
箱ジュリア先輩のお尻を追いかける、って めっちゃイイぞーっ♪ カッコイイーっ!
地元ではこういうシチュエーションが無いもんですからね、嬉しすぎる〜っ♪

でも、こういう時に限って、いきなり真横にクルマが現れたりするんですよね!
注意を怠っては イカんのですよ!
譲ってくれました、ありがとうございます〜♪


ありゃぁー、終わりですかーっ!
何周 走ったんですか(笑
でも、袖ヶ浦! 最高ですよ! めっちゃ楽しいーっ♪

イメージ 15

伝書ヘビ 燃え尽きました(笑

リザルトは、1’35.800 予選18位でしたw いやぁ〜、楽しかった、すっげーっ♪

回を追うごとに、だんだんとTBCCっぽくなってきたでしょ(笑

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事