ここから本文です
走れ 伝書ヘビ!!
ブログ始めました!

書庫ジュリア

すべて表示

なかなか決心がつかない時ってありますよね 皆さま こんにちは

アレ付けた、コレ付けた、あそこ直した、ココ直した、ってのは割と得意かもしれないワタシですが、その後の調整や煮詰めるのが不得意なワタシですので大変ですw

フューエルレギュレータの配管ミスも修正して、点火時期もおそらく大丈夫な筈!
その辺りを乗り回しても、特に不具合は感じられないんですから、きっと行ける!

でも・・・何故か 不安w なにやら 不安w

伝書ヘビ号の将来に対する、ただ漠然とした 不安・・・いや、これはとんでもない結末になりますので、却下w
文豪の北風としましては、あの文豪と同じ末路を辿る訳には参りません(笑

で、考えた

いったい、何が不安なのか!
なにが起こるかわからない、っていうのが不安なんですねw
じゃあ、何か起こったら どうするか!
どうにかなるでしょ!

不安 無くなりましたーっ!(笑

7月28日は翌日の28日に開催される12時間耐久レースに向けて、同じ不安を多くの先輩方も感じてらっしゃるでしょうから、ワタシも頑張りましょー! これは違うなw

てことで、行っけ―ッ! 札幌っ! 185km先のM先輩の駐車場ーっ♪

イメージ 1

もう、メーターから目が離せません(笑

スピードメーターは相変わらず税込み表示ですから、置いとくとしてw
タコメーターは修正したんですけど、アイドリング時で300rpmぐらい足りませんね(笑
ついでに水温計も指でちょろっと弄ったんですけど、バッチリかな♪
燃料系も、これまたついでに弄ったんですけど、こんなもんでしょう♪
油圧は、上がってるから 大丈夫かな♪

ったら、どれもこれもハッキリしないじゃないっすか(笑  まぁ、いいっか 純正だしw
純正の扱いがおかしいと思いますw

イメージ 2

ちゃんと数字を刻んでるとしたら後付けメーター!
油温はもう少し上がる感じですね、油圧は4Kgちょい、水温はビターッと80℃♪
順調ですねーっ!

あとは、音と振動と匂いに集中・・・
このままのスピードで50km走るミッションを課しました・・・めっちゃ緊張w 夏です(笑

・・・50km走りましたけど、、、大丈夫そうですね!

そうとなったら、ちょっと踏み込んでみます! 
イイ具合に上り勾配ですので、このまま5速でブォーンと・・・あれ!? 気持ち悪いw
モモモモモモっと、盛り上がって来てくれませんねーw どこかのPAで点火時期の調整です!

クランプボルトを緩めて、アイドリングが高くならない程度で慎重に進めますw
上がったか上がらないか、上がっ、ココッ!(笑
本線に戻りまして、同じような上り勾配で踏み込むと・・・ちょっと気持ち良くなったー♪
これは、更に煮詰める必要がありますね!

でも、ここでこれ以上は弄りませんw
皆さん ご存じないかもしれませんが、ワタシ じつはこう見えて 調子に乗って失敗するタイプですので、、、ご存知ですね(笑

イメージ 3

ちょっと気持ちに余裕が出来ましたので、こんなイイ天気♪ってシャッターを切った瞬間に虫が ビチッとw
こやつらは学校で、クルマは避けなさい って習わないんですかねw あ、休んでたのかw
ラジエターやらライトのリングとか、ややこしいとこにばっかりくっ付きますねw
もうちょっと旧車に対する当たり方を勉強してから羽化して頂きたいと存じます(笑

イメージ 4

無事に到着〜♪
何事も起きなかったです、極めて順調、めっちゃ気持ち良くて・・・暑かった(笑

やたら緊張してまして朝飯どころか、道中の飲み物さえも飲まずにココまで来ましたからね!やっと一息つきましたので、冷たい飲み物とサンドイッチをコンビニで調達しましてぼんやり

あれだけ七転八倒した日々は何だったんでしょうねw もぐもぐ
思い起こせば、イタジョブ行きの東名でチャージランプ点滅w ゴクゴク
イタジョブ帰りの東名で燃料漏れw ゲップ
イタジョブ翌日の静岡でデスビのステージ4発覚w もぐもぐ

で、まずはオルタ交換、内蔵のレギュレータも逝ってたw ゴクゴク
デスビにイグナイター装着で、フルトラ撤去とコイル交換にプラグコード交換♪ ゲップ
燃料ライン引き直したら燃料フィルター破損で配管ミス発覚から修正w もぐもぐ
点火時期調整にキャブレターの油面調整! ゴクゴク ゲップ

悩みつづけた日々が、まるで嘘のように  忘れられる時が、クルマでここ・・・ゲップ

クルマでここまで来られたんですって!  分かってるな、アリス(笑

ますよん先生(患者さんの場合もあり)に言われましたけどw
何でもかんでもいっぺんにやっちゃいけませんね! おっしゃる通りですw
どれもこれもクルマに乗る際に必要なことでしたので、必要に駆られてやっちゃいましたけど、何が何やら分からん状態になってしまいますね、ワタシの様なド素人は(笑

何を弄ってどんな症状になったのか?ってことを一つずつクリアしていくべきです!
なんたってほら、オッサンには時間だけはありますからね(笑
ワタシの場合、歳だけは立派にオッサンなんですが、気持ちが全くもって比例してませんので、どうしようもありませんでしたねw

これからはー、弄る時は 一つずつー  スミマセン、喋り方が大泉 洋になりました(笑

で、X1/9 乗りのM先輩が来てくれまして、翌日のツーリングに備えて燃料補給♪
その後、M先輩のガレージにお邪魔しました!

写真無し!(笑  今度 撮らせて頂きますw

まぁまぁまぁまぁ、おもしろい♪ 
1台のX1/9を、これまた ずーっと弄ってらっしゃる先輩ですから、その時その時にチャレンジした歴史的遺物がいろいろある訳です(笑
中でも、ワタシ的におもしろかったのが、デスビの中にある遠心ガバナ用にチャレンジしたスプリング!
ワタシのデスビもこの辺が怪しいので興味津々なんですけど、解体屋さんでいろんなクルマのデスビからスプリングを調達してみたと♪
そういうパーツが残ってるんですよね、M先輩のガレージ!
ベンチュリなんてもう、どのくらい 遠くで汽笛を聴きながら だったのかアリスです(笑

あんまりアリスばかり持ち上げますと、アルフィーに怒られますので
メリ ジェーン On my m・・・あれ? つんつんツノダのテーユーゴーになっちゃった(笑

んなこたーどーでもイイんですけど、X1/9って走りながらデスビの進角を弄れるってのがスゴかったですねー♪ 
その他にも、書ききれないぐらいおもしろい話を伺いまして、ホテルへ送って頂きました。

ホテルで汗を落しまして、M先輩と待ち合わせの We Spot! へ
すすきの の街を歩いて、今夜の食事は cuore di issui さん♪ イタリアンなお店です

イメージ 6

いやぁー、美味かったです! ワインも美味いし、ポテトサラダも絶品でしたね♪

イメージ 5

でも、一番 感動したのが コレ! いちじくバター♪ これには参りました!
コレって売ってるの!? って店長さんに聞いたら、シェフが作りました、って!
この日は厨房の前のカウンター席でしたので、作った本人が調理してまして見える訳です!
コレ、スゴイっすねー! とか言いましたら、ちょっと照れくさそうなシェフです♪
今度、ペットボトルを持って来ますので、いちじくバターを詰めてもらいます!
このシェフは、いちじく店長 と命名しました(笑

決して、一日店長ではないことを祈念しまして

イメージ 7

段付きオタフクのマスターの 雨ふり さんへ

2014のイタリアンジョブから帰って、たくさんの方のブログなどを拝見する機会が増えまして、見つけたブログ主がやってらっしゃるんです♪
札幌にオタフクが居るんだーっ♪って会いに行きまして、それから札幌に泊まる時は毎度(笑

店の雰囲気も好きですし、ここで流れてる音楽もまた心地いいんです♪
この日の雰囲気っていうか、血液の脈動は コンファンクシャンのカリフォルニア・ワンでしたので、リクエストをしたんですけど、ありません、とのことで・・・酔っ払いましたw
これからの季節、このヴォーカルと相対するエレキギターの音がとっても心地いいですので、用意しておいてください(笑

明日はツーリングで現地に07:00 集合ですからね! 早く寝ないとダメですよ!
って、バーのマスターにしっかり言って帰りましょ(笑

M先輩、明日は駐車場に06:30 までに行きますねー、おやすみなさい!
ホテルまでテクテク歩いて帰って、シャワーを浴びて速攻で就寝、目覚ましは05:30
おやすみなさいっ!
zz
おはようございますw マジかっ!?  眠れたんだろうか(笑
いろいろあっての札幌185kmでしたからね、めっちゃ疲れてたんだと思いますよw
シャワー浴びて、顔を洗って、06:00 にチェックアウトw
M先輩の駐車場にタクシーで向かいます。

イメージ 8

さぁ、今日はおよそ2年ぶりのツーリングだぞ〜、伝書ヘビ号っ!

ほどなくして、M先輩がX1/9でいらっしゃいまして、待ち合わせの場所へ向かいます。
めちゃくちゃ イイ天気♪
この日は29℃を予想してますから、助手席の窓も全開ですよね!
ドライブし始めたら、運転席からは絶対に助手席の窓を開け閉めなんてできませんから、最初っから全開ですw

X1/9と一緒に待ち合わせ場所に到着しましたら、写真撮ってイイですか?ってR32のオーナーさんに言われて、どうぞどうぞ♪
って言いましたけど、この日のお仲間じゃなかったんですねw

ぴっかぴかのチンクの695がいらっしゃいまして、この方はお仲間さんでした♪
よろしくお願いしますね〜♪
で、ちょっと用意しますので・・・って、言ってたら 段付きオタフクのマスター登場♪
昨日は何時まで店を開けてたのかなw 眠れたんだろうかw 頑張りましょーねー!

で、回転計をセットして、タイミングライトを用意して・・・
チンクの695さん、ちょっと回転を4600rpmで保持して! 
って、初対面の方に猫の手くんですから、ワタシ(笑  点火時期 イイとこですねw

さぁ、時間もイイとこですから 行きましょー♪

イメージ 9

支笏湖
なんか、前のドライバーさんがウインドウォッシャーを使ったの?ってな感じの霧雨がw
M先輩なんて、ハードトップを外してきてるし そんな予報はないので大丈夫でしょ!
もしも、この先 雨が降って来てもM先輩はオープンですからね、リスペクトしておりますのでワタシも助手席 全開のまま 行っちゃいますよ、えぇ!

ところが、上るごとに霧雨は小雨になりw 道路も濡れて来て、とうとうワイパー始動!
ワイパーなんて久しぶりに使うもんですから、間違ってブロアーのファン回しちゃったぐらいにして、スイッチ何処だか忘れちゃってます(笑

しまいには、完全に雨になりました! M先輩 大丈夫でしょうか? 窓 閉めてイイですか(笑

けっこうな量の雨が入ってきますけど、これも耐久レースですw 行っちゃいましょー!
手 届かないから(笑

イメージ 10

で、山を下りると 雨が降ってないんですよね、これまた!
このコースは、秋の枯れ葉が落ちる前にもう一度 走りたいですねー!
そのぐらい 気持ちのいい コースでしたねー♪

イメージ 11

おもしろい感じで右に左に上って下ってしたあとに、止まって♪

水温や油温はそれなりに変化してましたが、油圧は1.4㎏ぐらいですかね
20w-50 から 10w-40 に変えたら、ホント油圧だけは下がりました! 約1㎏ w
この分、エンジンの負荷になってたと考えると、エンジンオイルの選び方ってのも奥が深いものなんですね〜♪
ルブロス G spec 10w-40 しばらくこのオイルでいきます、決定ーッ!

イメージ 12

ジュリアの窓越しにジュリア、その先のX1/9 が低いですねーっ♪

イメージ 13

マリーニミラー(リプロw)の中に段付きオタフク♪
イイですね〜、今度 一緒にサーキットで走りましょーよ! お店 休んで(笑

山の中や湖沿いをこの日は300km M先輩に先導して頂きまして、伝書ヘビ号の???なミッションのギアにも考えさせられた1日でした!
4速から3速に入れるのが難しいんですよ、クラッチの踏み方が悪いのかギャッって鳴りますw
3000rpm以上で出るんですよねー、今度はミッションかもしれませんですw

イメージ 14

ツーリングの最後は一緒に食事をして
そういえば、自己紹介してませんでしたね! なんて言って、PC上では 影プロ で通ってます、って、お名前は存じておりましたー!
あらー、あなたが影プロさんでしたか(笑
で、そんな 影プロ さんの 695・・・何でしたか!? We spot! でしたっけ(笑

聞くところによると、これが マジですか!?って チンク で!
なんでも 100台 しか作られなくて? それらは全てフェラーリのお店に納車されるモノで?
市販はされなくて? 190ps あって? ラヂオ無くて? 扇風機 付いてる(笑
 
思い出しました、ビポストです! 695ビポスト はぁー良かった♪
でも、ワタシはこれからも We spot! と呼びます、きっと(笑

なんともまぁ、ツッコミどころ満載で 要所要所にツボがあって、そのツボには必ず穴が開いているような気がする、極めて楽しいクルマとオーナーさんなのでした(笑

わいわいがやがや いろんな話をしながら めちゃ熱いカツカレーを掻き込んで、本日 ワタシの口の中はガチャガチャでございますw
上あごの、、、この、、、この部分が We spot!(笑






右手の人差し指が唾液まみれになりましたので、ちょっと手を洗ってきましたw

楽しかったツーリングもこれで、お開き 現地解散です、お疲れ様でした!
また、誘ってくださいねー!

燃料を補給しまして、帰りますよー、伝書ヘビ号!

帰りの高速道路、段付きオタフク号(めっちゃ速かったー♪)とバトルした時に感じたエンジンの振動を検証してみますw
追い抜きの車線に出て、ブォーンと・・・なるほどね、わかりましたよ♪
やっぱり、キッチリと最大進角で合わせないと、このデスビは許してくれないみたいですw

5000rpmぐらいでサージングってw
まさかりかついできんたろう・・・まちがったw まさか 理解 出来んだろう! コレだ(笑

イメージ 15

無事に帯広へ帰って来まして、ガレージには入れずに そのまま工場へ

まずは点火時期の調整をしっかりやって、走り回ってみることにします♪
その後は、ちょっと音が気になり始めたような感じがしますので、ハブベアリングのガタを確認してみましょ!
それが終わる頃には、キャブの部品が届きますので弄ってみることにします♪
キャブはベンチュリを見たことがないので、そこからですw

これからはー、弄る時は一つずつーっ やってみます(笑

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事