ここから本文です
走れ 伝書ヘビ!!
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

驚いたーっ!!

あちこちから桜の便りが届く季節になりましたねー 皆さま こんにちは

イメージ 1

4月2日 桜の開花はいつですかw
北海道だもんなー、やっぱり4月はスタッドレス脱げないんだよなーっw

ラジエターからクーラントが漏れて、コルセットばりのコーキングをがっつりと固めてやったところまでが 4月1日でした

で、その翌日
コーキングが固まった頃合いを見計らいまして、雪が降る寒い中 工場でエンジンと格闘してたんであります!

イメージ 2

回っておりますよーっ!!!

イメージ 3

NO.1のプラグコードからパルスを拾うデジタルなタコメーターですから、下は980rpm辺りから 上は2250rpm辺りまでを非常にピーキーにカウントしてますが、水温計がおよそ70℃を指したぐらいで、バルブタイミングを調整する前ですが一応アイドリングをするようになりました〜♪

と、ここでですねw
動画を撮るというミッションを思い出したわけです(笑
スマホを弄くること約30分、いや ほんとマジですからw
今まで動画なんて撮ったことも無けりゃ、気にしたことすら無いんですからね、アナログのスペシャリストのワタシとしては幼稚園の幻灯機以来の出来事、ナハハ

で、やっと動画を撮り終えて再生してみたらば・・・
「これがワタシの声ですか!?」 なんだこれ、超へんてこりんじゃないですか!
これはもうヴォーカルの夢は潰えましたねww
がっつりとうがいをして、声の調子を整えてから再度 動画を撮っても変わりなく・・・

諦めて、スマホをまた弄ってましたら・・・あれ? もしかして簡単に動画サイトに上げられるのかも♪

なんか〜、名前を入れなさい的な〜、枠があって〜(完全にイジケテマスw
名 と 姓 ってあるんですよw
この時点ですっかり疲れてましたからね、入れましたよ えぇ、伝書 と ヘビ って!

そしたら、なんですかー、ヘビ伝書になりやがったーっ(怒
そこから、何度チャレンジしても ワタシの名前は ヘビ伝書w カーッ、やってられんっ!

もうイヤだ! もうー やってられんっ! なんで修正できんのーっ!

ふと時計を見ると、スマホと格闘して もう2時間近くなるわけです、22時近いw

この日は諦めて翌日ってのもアリですよね♪ と考えて寝たんですけどね・・・

翌日、目が覚めたら 驚いたーっ!

イメージ 4

ワタシの首が逝きましたw

ラジエターもワタシもコルセットですw

エンジン回って 首 回らん というか・・・カメラ回して 首 回せん というか・・・

皆さん、動画は 首 やられますよw 

なかなか気温が上がってきません 皆さま こんばんは

昨日の日曜日は少し時間が取れまして、片側だけがっつりw
で、一晩 乾かしてからのーっ 今日は残りの片側にがっつり(笑

え?何の話かって?

イメージ 1

ラジエターですよん♪

車載するラジエターだったら、こんなことはそうそう出来ませんけどね(笑
ベンチテスト用ですから、お金をかけないようにイっちゃいましたw

アルミのフィンをちぎる為に使ったお気に入りの̠マイナスドライバーの先端が折れちゃったりしましたけど・・・お金は後でかかりますw
工場に転がってたコーキングが乾くまで、しばしの休憩です。

て、ことで話は変わりますがw

以前、列車で札幌へ行く時に「読み終わったら捨ててもイイかな」 な〜んて軽く考えてた漫画がありました。
普段は小説や雑誌を手に取る事はあるものの、なかなか漫画には手を出さなくなったワタシですけど、コイツには完全にヤラレマシタ!

イメージ 2

久々に見せた大人買い(笑

作者は「岳」の石塚 真一 氏・・・

ワタシは浦沢 直樹 氏の描く人物のような、もう少し丸いタッチの筆遣いが好みなんですが、この漫画の「必死さ」が伝わる直線的な筆遣いはピッタリな気がします。

と、エラそうなことを喋る伝書ヘビですが、じつは画家志望だったんです! 小4まで(笑
小4のある日、放課後 教室に残るように言われたワタシに
「ほんとに画家になりたいのか?」と、担任の青山先生
「なりたいです!!」と 答えたワタシに、その親身な青山先生が放った言葉は・・・

「画家は儲からんぞ〜」って はい、消えた〜  きんきんもビックリw 

小学校4年生で早くも夢の潰えたワタシでした(笑

話はとことん脱線しましたが、ジャズが好きとか嫌いとかに関わらず、泣ける漫画です。
一度 読んでみて下さいまし〜♪

と、時間つぶしにお付き合い頂きましたが、コーキング 乾いたかなーっ♪ 

無理でしょ(笑

神様は いらっしゃる

年度末でございますよ 皆さま こんばんは

なんだかんだと気忙しくてたまりませんw

と、待望のウォーターテンプ・センダー と ファン が届いちゃったもんですから、そりゃもう大変なことになりました(笑

てんてこ舞いで作業をしましたので、少し落ち着くまでの写真がありませんw

まずはクーラントを・・・約6L 入りました♪
お次はエンジンオイル・・・この日の為に と言っても過言ではない ルブロス、お、6L♪
伝書ヘビ号は、エレメントを交換しても5Lチョイですからね、優秀ですよ♪

イメージ 1

あらっ!? ブロックのドレンプラグw 手締めでしたねww

クーラントも入りましたし、エンジンオイルもバッチリ入りましたから、ここで焦らずに各所を点検・・・異常ありませんです♪

さぁ、手締めのプラグを外して、クランキングで油圧が上がるのを確認します!

イメージ 2

イグニッション ON で スターター・スイッチ! ポチッとな、PUSH−ーーーッw

おおおおおおおおおお、3㎏チョイ 上がりましたね!!!!!!
で、この写真を見て分かりましたが、ちゃんと油圧警告灯が消えとります!!!!!!

こんなに順調でイイんでしょうか♪♪♪
不測の事態を予想していらした方、ご期待に沿えないかもしれませんね〜(笑

調子に乗って、プラグの穴からカーボンが付着していないピカピカのピストンが上下するのを見ましたけど・・・すげー♪

ならば!

イメージ 3

お神酒です(笑
ちゃんと「火の神様」にご挨拶しないとですね、ここら辺は仕事柄 神妙になります。
アルファロメオですからワインか、とも考えたんですけど、やっぱりここは日本酒ですね!

プラグを締めて、コードも接続しまして・・・旨そうなお神酒を、って ん!?

イメージ 4

なんか、下の方 赤い液体が床に溜ってませんか!?

イメージ 5

オーマイガー! ラジエター、漏れちゃってる(笑

ラジエターの中をジャバジャバ洗ってから水張り試験で時間を置いたんですけど、圧力試験はやってなかったんですよねー、やっちまいましたーっw
ウォーターポンプで若干の圧力が掛っただけで漏れたんですから、ほんのちょっとでも圧力試験は大事ですw

「火の神様」は気にしてたんですが「水の神様」を忘れてましたw
・・・笑神様は降臨しましたけど(笑
やっぱりワタシですから、すんなりとはいきませんね〜♪

あー、テス テス
かるく不測の事態ですw
水の神様のお神酒も1本用意しなきゃいけま・・・(笑
 

ここまできました!

今 気付きましたがエンジンベンチは装備じゃないですね 皆さま こんばんは

今さら書庫のすったもんだもしたくありませんから、今まで通り 装備でお願いします(笑

ありがたいことに、南国静岡にお住いの ますよんさんから配線図を頂戴いたしまして、仕事が終わってから・・・とか、昼休みに・・・とかw

まぁ、あれですね、電気の配線なんてものは、繋ぐとこまで確実に終わらせないと、翌日に持ち越しちゃったりなんかしちゃった日にゃぁ、訳が解らなくなって まーた始めっから図面とにらめっこしなきゃいけなくなりますね!

でも、こうやって図面を見ながら考えて配線してると、どうしてあっちとこっちが繋がってんだろ?的な普段の疑問が「あ!そっか♪」なーんてスカッと解決出来ちゃったりしまして おもしろいもんですね♪

って訳で(笑

イメージ 1

吸気側でございます♪

まず、最初のワタシの疑問(笑
バッテリーから最大級の太い電線がスターターに直接つながってる意味が分からなかったんですよねー、若い頃w
そんなことしたら、いつでもスターターが回っちゃうでしょ!的な浅はかな考えが ずーっと頭の中にありまして・・・w

よく考えてみれば、テレビだって いっつもコンセントに刺さってるのにスイッチを入れなきゃ映りませんもんね、当たり前です(笑

で、もっと分からなかったのがスターターとオルタネータを繋いでる2番目に太い電線w
なんで!? どうして!? 繋がってる意味は何ですか!? と、これまた若い頃w

いつまでを若い頃というのかは聞かないで(笑

これは、スターターとオルタネータを繋がなきゃならない!って考えるんじゃなくて、バッテリーから直接来てるスターターと繋いじゃえば充電出来るからイイじゃん♪的に考えると理解できました(笑

この図面は素晴らしいです!

イメージ 2

続きまして 排気側♪

オークションでポチッたオルタネータも装着! 
でもって なんと、今回のオルタネータはプーリーが小さいのか分かりませんけど、伝書ヘビ号には なんとしても取り付け出来なかった813mmのファンベルトが掛けられましたーっw

路上復帰後すぐに不安になって、確認もしないでダルマンドーさんに注文して使えなかった不良在庫のファンベルトが活躍の場を得ました(笑

が、このオルタネータがキッチリ仕事をしてくれるのかは未確認でありますw

ファンベルトが使えるんなら♪ ってんで、また 鉄板を切り出してステーを製作。
今回は軽め穴はありません(笑

イメージ 3

コクピットから望むエンジン(笑

まだインシュロックの余った分を切断してませんけど、こんな感じですw

と、ここまできましたら・・・

イメージ 4

モノタロウさん謹製のバッテリーチャージャーでフル充電のバッテリーを繋いでみちゃったりしたくなりますわネ(笑

どうせなら、工場の照明を落としましてー、イグニッション オンっ♪

イメージ 5

左から油温計、油圧計、水温計 で、チャージランプ、イグニッションスイッチ、セルスイッチ、油圧警告灯 と なりました!

手持ちのスターターがちゃんと動いてくれるか確認の為、チョンとセルスイッチを押してみたらば・・・

ピニオン、飛び出してくれましたーっ♪

もしかして、エンジン たいして波乱や事件もなく、すんなり動くかもしんないっすよーっ!

・・・それはないかw ないんですか?(笑

イメージ 6

ココの ウォーターテンプ・センダーが届くのを待ちながら、オイルテンプ・センダーをどうやって取り付けようかと思案中ですw

ワタシの業界で言うところの 1/8 というサイズなんですけど、どうもネジピッチが合わないようで、手締めで上手く入ってくれないんですよww

こんなことなら、オイルフィルターとブロックの間に挟むヤツを購入しておけば良かったかもしれませんねwww

まぁ、もっと真剣に考えれば何かイイ方法は必ず見つかるんですけどね(笑

火を入れることになったら、赤裸々な動画を!とも考えてはいるんですけど・・・

ここで問題! 動画のアップって、どうやってやるんですかw

ちょっとの時間でもw

天気はそれなりにイイんですけど寒いんです 皆さま こんばんは

現在 −4℃、夜中の1時から翌朝の午前7時までは雪の予報ですw
こんなことを繰り返しながら春を待つ北海道ですが、ワタシには待ってられない都合もありまして

昼休みに仕事車のエブリーワゴンの走行距離が5000kmを超えたこともありまして、リビルトエンジンに積み替えた経緯もあるのでお友達の工場へオイル交換がてら点検に出しました。

その時に「いよいよエンジンベンチも完成に近づいたので借りられるサイレンサーってある?」って聞いたら、「外の使わないサイレンサー 持ってってイイよ♪」

で、いろいろ物色してると・・・何だコレ、デカっ!
「あ〜、コレ! シビックのだけど使うなら持ってって〜」 OK! 助かるよ〜、ありがとー♪

夕方の18時から、フランジを段ボールで型取りして、鉄板を切り出して穴開けて、溶接したり削ったりw
ものの1時間もかからずに製作完了っ!

イメージ 1

調子に乗ってバチバチやってたら薄肉のステンレス管に穴が ボッw
まぁ、穴塞ぎは得意ですからね、ワタシ(笑
昔、務めた会社の社長に「ごまかしも技術のうち」と言われたのを実践してますw

イメージ 2

あはは、自分でも笑っちゃうくらいデカいサイレンサーです(笑
タコ足から いきなりサイレンサーって感じですから、このぐらいデカくてもイイことにw

これで排気系は終了です、あ、パッキン作るのを忘れてますw
燃料系は置いといて、吸気系も終了、冷却系も終了ですから オルタネータ と センダー が届くのを待ちながら、電気系の配線に取り掛かりますっ!

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事